とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ジョン・エドワーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は18日、今季来日2年目を迎えるジェリー・サンズ外野手(33)、ジョン・エドワーズ投手(33)、ジョー・ガンケル投手(29)、来日3年目を迎えるジェフリー・マルテ選手(29)が前日17日夜に入国したことを発表した。

    球団によると、4選手は日本へ出発前、日本到着後に検査を受け、新型コロナウイルス陰性を確認。18日から14日間は自宅待機となり、今後の動きは決定次第発表される。順調にいけばキャンプ序盤のチーム合流が可能となりそうだ。

    4人は球団を通してコメントを発表した。

    ・サンズ ここに帰ってくることができてすごくうれしいし、1日でも早くタイガースファンの皆さんの前で野球がしたいです。今年もしっかり自分の役割を果たして、チームに貢献できるように頑張ります。

    ・エドワーズ 日本での2シーズン目を迎えることができて、とてもうれしい気持ちです。昨年以上にチームに貢献できるように、しっかりと自分にできる準備をして、今年こそは皆さんと一緒に優勝したいと思っています。

    ・ガンケル コロナ禍で世界中が大変な状況ですが、コロナに負けずに、力を合わせて頑張っていきましょう! タイガースファンの皆さんの前でプレーできることを楽しみにしています。

    ・マルテ またタイガースの一員として戦うことができてうれしいです。今年も自分のできることをしっかりとして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。

    阪神外国人選手では、ロッテから移籍したチェン・ウェイン投手(35)がすでに1月14日に来日。一方で守護神のロベルト・スアレス投手(29)はまだ来日できていない。

    政府は新型コロナウイルスの変異種が流行している状況を踏まえ、1月末までの外国人の新規入国を停止しており、今季が来日1年目となるメル・ロハス・ジュニア外野手(30=韓国リーグ・KT)、ラウル・アルカンタラ投手(28=韓国リーグ・斗山)の来日予定にはめどが立っていない。




    17日(日)夜、ジェリー・サンズ選手、ジョン・エドワーズ選手、ジョー・ガンケル選手、ジェフリー・マルテ選手が入国しましたのでお知らせします。 ▼各選手のコメントはこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7242.html 



    @TigersDreamlink 阪神優勝



    @TigersDreamlink 間に合ったぁ!優勝やぁ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のジョン・エドワーズ投手(32)が3日、球団を通じて取材に応じ、米国の農場で自主トレを行っていることを明かした。昨季はチーム2位の12ホールドを記録したが、開幕直後に右肩コンディション不良を発症。長期離脱を余儀なくされ、23試合の登板に終わった。今季は外国人競争を勝ち抜き、セットアッパーとしてシーズンフル回転を目指す。

     「ヒヒーン!」「モ~!」。のどかな農場に、エドワーズの飼い馬、そして今年の干支(えと)・牛の大きな鳴き声が響き渡る。雄大な自然の中、ビッグジョンは“農牧トレ”で汗を流していた。

     「自宅にジムと農場があるから、そこでトレーニングと練習ができているよ。農牧をしていて山の中で時間を過ごすことが多いね」

     家族5人でつかの間のオフを過ごし、決意を新たにした右腕。昨季はチーム2位の12ホールドをマークしたが、23試合の登板にとどまった。自主トレでは故障防止を徹底し「マシンを使って負荷を変えながらトレーニングをやっているんだ。正しい動作で行うことでケガの予防にも役立てている」と手応えは上々だ。

     チームは今年も助っ人8人態勢を継続。1軍枠はロハス、サンズに加えて、スアレスが当確。もう1枠はアルカンタラかチェンの先発枠と見られ、エドワーズは残り1枠をガンケル、マルテら4人で争うことになる。

     「一番はシーズンを通していい状態で投げ続けること、チームに信頼される投手になることだね。持続性が課題だから、毎日トレーニングや練習に励んでいるよ」。巻き返しに燃えるシーズンは完走が大目標。競争を勝ち抜き、セットアッパーの座をつかみ取る。







    「助っ人×農場」には悪い思い出しかないオールド虎ファン。 阪神・エドワーズ“農牧トレ” ノーモア長期離脱!故障防止徹底で外国人競争勝ち抜く/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/01/04/0013982024.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は21日、ジェリー・サンズ外野手(33)、ジェフリー・マルテ内野手(29)、ジョン・エドワーズ投手(32)、ジョー・ガンケル投手(29)と来季の契約を締結したと発表した。サンズは今季、開幕こそ2軍で迎えたものの、8月20日の巨人戦(東京ドーム)から4番を任されるなど打率・257、19本塁打、64打点と打線の中心として活躍。来季も大山悠輔内野手(26)らとの強力クリーンアップ形成が期待される。

     来季は今季と同様、外国人8人態勢となることが濃厚。残留が決定的な今季セーブ王のロベルト・スアレス投手(29)に加え、メル・ロハスJr.外野手(30=韓国・KT)、チェン・ウェイン投手(35=ロッテ)と基本合意に達し、ラウル・アルカンタラ投手(28=韓国・斗山)との交渉も合意に向けて最終局面に入っている。

     残留する外国人4人の球団を通じたコメントは以下の通り。

     ◆サンズ 「またタイガースに戻ることができてすごくうれしいし、ワクワクしているよ。今年は楽しい時間を過ごすことができたし、来年こそはタイガースが優勝するために、もっとチームに貢献できるように頑張りたいね」

     ◆マルテ 「またタイガースに戻ることができて、このチームでみんなと一緒に戦えることをとてもうれしく思っているよ。オフはしっかりとトレーニングをして、来年は1年間ケガをせず、チームの勝利に貢献したいね」

     ◆エドワーズ 「すごくワクワクしているよ。タイガースのみんなは僕にも家族にも親切で、神様が僕たちをこのチームに運んでくれたことに何か意味や目的があると信じている。また来シーズンもタイガースの優勝のためにプレーすることを楽しみにしているよ」

     ◆ガンケル 「もう一度タイガースでプレーする機会を得ることができてとても興奮しているよ。素晴らしいチームメートやファンの皆さんに恵まれて、再び一緒にプレーをすることが今からとても楽しみだね」




    ジェリー・サンズ選手、ジョン・エドワーズ選手、ジョー・ガンケル選手、ジェフリー・マルテ選手と来季の選手契約を締結しましたのでお知らせします。 ▼4選手のコメントはこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7212.html 



    @TigersDreamlink スアレスも無事契約締結する事を祈ってます。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・谷本修球団本部長(56)が30日、西宮市内の球団事務所で取材に応じ、最多セーブのタイトルを獲得したロベルト・スアレス投手(29)を保留選手名簿から外したことを明かした。「メジャーも(オファーは)外れてからの話になってくる。時間はそんなにかけたくないが、やむを得ない部分はある」と説明。一方でサンズ、マルテ、エドワーズらとはこの日までに来季契約で大筋合意に達した。

     また、新型コロナウイルスの影響で入国の際に隔離期間が設けられるため、外国人選手は来年1月中旬までに来日することとし、日本人選手の海外自主トレの禁止も通達。球団関係者は2月の沖縄・宜野座キャンプに備えて1日に現地関係者と打ち合わせを行う予定で、同本部長は「地元に迷惑をかけないように、というのが大前提。検査態勢、隔離体制とかを確認しに行きます」と明かした。




    エドワーズ、マルテ、サンズは残留へ。

    阪神・スアレス、保留者名簿外れる エドワーズ、マルテ、サンズは残留決定的/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/12/01/0013904753.shtml  @Daily_Onlineより



    阪神・スアレス保留者名簿外れる エドワーズ、マルテ、サンズ残留が決定的

    全員クビにして投打で各々大物を取って来い

     http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailysports/sports/20201201020?fm=twitter 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    2


     阪神は12日、ジョン・エドワーズ投手(32)、ロベルト・スアレス投手(29)、ジョー・ガンケル投手(28)、ジェリー・サンズ外野手(33)、ジェフリー・マルテ内野手(29)が同日帰国したことを発表した。

     新外国人のエドワーズは右肩痛で2軍生活が長かったが、23試合で0勝1敗12ホールド、防御率2・38。ガンケルは先発、中継ぎを両方こなし、28試合で2勝4敗11ホールド、防御率3・18。サンズは開幕2軍スタートだったが、8月下旬からは4番を任されるなど110試合で打率2割5分7厘、19本塁打、64打点の活躍を見せた。

     来日2年目のマルテは左ふくらはぎ痛に苦しみ、29試合で打率2割5分2厘、4本塁打、14打点。ソフトバンクから加入したスアレスはチーム最多の51試合に登板し、3勝1敗25セーブ、防御率2・24。最多セーブのタイトルを初めて獲得した。球団は来季からの複数年契約を提示しているが、メジャー球団が獲得調査を進めており、去就が注目される。

     各選手のコメントは以下の通り。

     エドワーズ「初めての日本でいろんな経験、文化であったりとか1つ1つのことが刺激的でいい時間を過ごせました。素晴らしい球場でファンの方に声援をもらって投げるのは楽しかった。是非甲子園に帰ってきたい」

     スアレス「いい1年でした。タイトルも取ることができた。全ての人に感謝しています。(来年のことは)まだ考えられていない。もちろん、タイガースに残りたい気持ちはすごくある。自分だけの問題ではなくなるので、しっかり(答えを)見つけ出したい」

     ガンケル「いろんなことを経験した1年だったなと思います。最終的に日本の野球に慣れることができ、最後はいい形で終わることができた。もし来年もチャンスをいただけるのであれば、(阪神で)プレーしたいと思っています」

     サンズ「個人的には最初の方はすごい良かったんですが、途中から少し成績が落ちてしまった。来年のことは分からないですけど、もし帰ってくることができたら今年経験したことを元に準備して、いい成績を残せたらいいなと思います」

     マルテ「自分自身は早い段階でけがをしてしまって情けない。チームに貢献できなかったことが悔しい。しっかり健康でいれば、貢献できる自信はある。もし来年もチャンスをいただけたら、チームに貢献したい思いは強い」




    ジョン・エドワーズ選手、ロベルト・スアレス選手、ジョー・ガンケル選手、ジェリー・サンズ選手、ジェフリー・マルテ選手が、本日帰国いたしましたのでお知らせいたしま す。 pic.twitter.com/VrboFgvTiv



    @TigersDreamlink みんなー来年もよろしくだぞ〜🐯



    @TigersDreamlink 一年間お疲れ様でした。 また来季もよろしくお願いします🙇‍♂️


    続きを読む

    このページのトップヘ