とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ジョー・ガンケル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    https://twitter.com/Sponichi_Tfoto/status/1384339777680384002 

    ジョー・ガンケル 196cm
    藤浪晋太郎 197cm



    外野フェンス沿いを #ジョー・ガンケル 投手と走る #藤浪晋太郎 投手です。#阪神 pic.twitter.com/oV0KVHf9LW



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ここまで4試合に先発して全勝、防御率1.09のガンケル

     阪神が好調だ。18日に本拠地・甲子園球場で行われたヤクルト戦に勝利し、5年ぶりの7連勝。今季19試合を終えた段階で15勝4敗の貯金11とし、巨人に3ゲーム差をつけて首位に立っている。

     スタートダッシュに成功した阪神は現在チーム打率.262、チーム防御率2.21がいずれも12球団で1位。投打の歯車がしっかりと噛み合っている。課題だった打線が活発なのはもちろん、チームの武器であった投手陣が変わらず奮闘。特に西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、藤浪晋太郎、ジョー・ガンケルと規定投球回に到達している5人が全員、防御率1点台と先発陣が素晴らしい働きを見せている。

     この先発陣でも一際、光っているのが2年目を迎えた助っ人のガンケルだ。ここまで4試合に先発して4戦全勝。先発した全ての試合で6回以上自責点3以下のクオリティスタート(QS)を達成しており、防御率は1.09。安定感はチームでも随一となっている。

    昨季は28試合に登板して防御率3.18と際立つ成績ではなかったが…
     昨季は28試合に登板し、先発は6試合だけ。主に中継ぎで起用され、2勝4敗11ホールド、防御率3.18と際立つ存在ではなかったガンケル。今季はチェン・ウェイン投手、ラウル・アルカンタラ投手が新たに加入し、シーズン前の展望では開幕1軍入りの当落線上になるのでは、とも予想されていた。

     新型コロナウイルスの感染拡大により、アルカンタラの来日が大幅に遅れ、チェンもキャンプ、オープン戦で結果を残せずにローテ争いから脱落。開幕ローテ入りを掴んだガンケルは負け知らずのまま、連勝街道を突き進んでいる。

     好投を続けているガンケルだが、昨季との違いはどこにあるのか。もちろん2年目ということで環境への適応、日本の野球に適応してきているところもあるだろう。それとは別に、データの面からも右腕の変化を紐解いてみたい。

     セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTAのデータを基に、昨季と今季のガンケルのデータを見ると、ある変化が見て取れる。

    昨季から大幅に向上している「F-Strike%」と「Zone%」
     球種の配分や球速帯にはさほど変化は見られないが、大きな変化が見て取れるのは初球のストライク率を示す「F-Strike%」。昨季は「45.7%」と50%を切っていたが、今季は「54.7%」に上昇。セ・リーグでは5位の高さになっている。

     また、ストライクゾーン内に投球された割合を示す「Zone%」は昨季の「44.0%」から「49.2%」に上昇。この「49.2%」はセ・リーグでは広島のエース・大瀬良大地投手に次ぐ2位の数字となる。今季は昨季と比べてストライク先行の有利なカウントで投球を進め、ゾーン内で勝負ができていることが伺える。

     また、打球の比率を見ると、昨季は「26.7%」だったフライ割合「FB%」が「37.7%」に上昇。一方でライナー割合「LD%」が「13.1%」から「5.8%」に、ゴロ割合も「60.2%」から「56.5%」に減少している。

     2年目を迎えて投球に変化が見えるガンケル。好調な阪神を支える右腕は、この先も快進撃を続けることはできるだろうか。

    データ提供:DELTA
     2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02  Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。

    Full-Count編集部 データ提供:DELTA




    ここまで驚異の4戦4勝 阪神の快進撃支えるガンケル、昨季との“変化”は?  https://news.yahoo.co.jp/articles/5a415cd671bfb282b41d28f32d79d507022b67c8  球速UP、コースへのボールの出し入れ。梅ちゃんの配球に応えるコントロール。どれも精度が上がったけど、個人的にはやっぱり球の力が強くなったと思う。インパクトされても打者が振り負けてる。



    阪神ガンケル、4戦4勝 15チーム渡り歩いた苦労人  https://www.asahi.com/articles/ASP4L6R6MP4LPTQP00R.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (セ・リーグ、阪神10-7ヤクルト、5回戦、5勝0敗、18日、甲子園)雨にも負けず、淡々とアウトを積み重ねた。阪神・ガンケルが6回5安打1失点で、両リーグ単独トップの4勝目。虎のナイスガイはお立ち台からチームメートに感謝した。

     「守備のみんなのおかげかな。僕の後ろで守ってくれる選手がしっかりプレーしてくれることで思い切って投げることができるし、打たせることができていた結果です」

     球団では優勝した2003年にムーアが成し遂げて以来の開幕4戦4勝だ。一回からストライク先行の投球を続けた。三回2死一塁。3球投げたところで降雨により18分間中断されたが、リズムは変わらず。「しっかり自分の球種を投げ切れている」と胸を張った。

    ■六回に適時打浴びチーム34イニングぶり失点も

     8-0の六回2死一、三塁で青木に右前適時打を浴び、チーム34イニングぶりの失点。球団初の4試合連続完封勝利はならなかったが、堂々の投球で、防御率1・09はセ・リーグ4位だ。

     バットでも魅せた。三回先頭で小川の外角143キロを中前へ弾き返し、一挙5得点のビッグイニングを演出。「高校ではクリーンアップを打ってました。大学ではピッチャーと野手としてやっていたので」。強打も売りだったムーアのように、“二刀流”で勝利に貢献していく。

    ■矢野監督「日本で成功したいという思いがすごくある」

     矢野監督も「本当に安定感抜群。ベース上での(球の)強さというのを感じる」とうなずき、7年間で1度も米大リーグのマウンドに上がれなかった苦労人の“強さ”を証言した。「何とか日本で成功したいという思いがすごくあって。本当に頭が下がるような姿勢で去年もそういう姿をずっと見ていた。ハングリー精神はすごい」。

     昨季2勝止まりだったが、来日2年目でブレーク。ガンケルは「自分がしっかり投げられているというのもある。今後も好調を続けていきたい」と力を込めた。白星も“タイガースドリーム”もつかみとる。(新里公章)




    開幕から4戦4勝は03年のムーア以来か… ムーアみたいに3割打たんかなw



    ガンケル(神)2003年ムーアw以来の4戦4勝w


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神10ー7ヤクルト(2021年4月18日 甲子園)

     6回1失点の好投で開幕から4戦4勝を飾った阪神・ガンケルが試合後、感謝を口にした人物がいた。

     「阪神園芸さんがしっかりとグラウンド状態をキープしてくれたので、良かった。幸運だったなと思います。こういうのはコントロールできないことなので、しっかり準備して、できることをやるというのは、やっていかないといけない」

     3回2死一塁で山崎に3球投げたところで雨が強くなり中断し、18分後に再開した。“神整備”で知られる阪神園芸スタッフの尽力で整えられたマウンドで、山崎をきっちり左飛に仕留めた。開幕から抜群の安定感を誇示する助っ人右腕は「カウントを有利に進められている。ただ、野球はチームスポーツなので、守備、攻撃とみんなの要因が重なって4連勝ということができていたので。守ってくれるみんな、攻撃してくれるみんなに感謝したい」と周囲のサポートを勝因に挙げていた。




    ガンケルええやっちゃ😭 #阪神タイガース 感謝、感謝の開幕4連勝 阪神・ガンケルが援護を受けた打線とともに、謝意を示した人物とは - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/18/kiji/20210418s00001173595000c.html 



    ガンケルええやっちゃ😭 #ベースボールコレクション2021 トレード #阪神タイガース 感謝、感謝の開幕4連勝 阪神・ガンケルが安定してるのと 糸原と中野が2点タイムリー!ガンケルが横浜の優勝を阻むつもりやな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ガンケル1



    ガンケル休めるかしら‥っていう心配ちょっとしてしまったんですよね、ガンケルがヒット打ったとき。 いらない心配でした、今の阪神に



    ガンケルって去年もきれいなヒット打ってたよね



    ガンケルがヒットキタ━(゚∀゚)━! 今日勝てばムーア以来の開幕4勝か


    続きを読む

    このページのトップヘ