とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ジョー・ガンケル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ガンケル



    お、ガンケル降板?



    ガンケルどうした?! 馬場ちゃん頼むよ!!



    ガンケルどうしたの?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2021年5月9日 横浜)

     阪神は今季ここまで開幕からデーゲーム13連勝中(1分け挟む)。得意の時間帯でカード勝ち越しを狙う。先発のガンケルは開幕から無傷の5連勝中で、球団では17年高橋聡文以来の開幕6連勝を狙う。

     ガンケルの先発に伴い、前日1軍デビューで4打数無安打だったメル・ロハス・ジュニア外野手(30)は矢野監督が前日の試合後に示唆していたとおりベンチ外。「6番・右翼」には2試合ぶりに糸井が入り、4番には3試合連続で佐藤輝が座った。

     14時プレーボール予定。以下スタメン。

      【阪神】

     1(中)近本

     2(二)糸原

     3(一)マルテ

     4(三)佐藤輝

     5(左)サンズ

     6(右)糸井

     7(捕)梅野

     8(遊)中野

     9(投)ガンケル

     【DeNA】

     1(中)桑原

     2(遊)倉本

     3(右)オースティン

     4(左)佐野

     5(二)牧

     6(一)ソト

     7(三)宮崎

     8(捕)嶺井

     9(投)ピープルズ




    【5月9日 DB-T 公式戦】 本日のスタメン発表!先発投手はガンケル投手です!  https://hanshintigers.jp/game/score/  #阪神タイガース #挑超頂



    @TigersDreamlink ガンケル頼むで〜



    @TigersDreamlink 糸井ならヤレルーヤ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ジョー・ガンケル投手(29)は9日DeNA戦(横浜)に先発し、開幕から無傷の6勝目を目指す。

    今季3度目の対戦に向けて「相手の打撃陣は僕のピッチングをよく知っている。積極的に攻めて相手打線を抑えていきたい」と気を引き締めた。当日は母の日。「小さい頃から僕の一番のファンとして応援してくれ、今でもサポートしてくれている。いつか日本に来て僕の登板を見てくれる日を、すごく楽しみにしているよ」。感謝の思いを込めた好投を海の向こうにも届ける。




    5月9日14:00より横浜スタジアムにて横浜DeNAベイスターズ戦!予告先発はタイガースがJ.ガンケル投手!ベイスターズはM.ピープルズ投手です。リズム良くコーナーを突くピッチングが冴え、ここまでリーグトップタイの5勝!ガンケル投手の右腕にカード勝ち越しを託します! #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/pebyhrRUBc



    @TigersDreamlink 2連勝お願いします。頑張れガンケル投手。



    @TigersDreamlink カード勝ち越し決めてね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神のジョー・ガンケル投手(29)は先発スタッフの勝ち頭としてチームの信頼度を高めている。目下4勝0敗、防御率1・78はいずれもチームトップ。「昨年より安定感が増し、勝ちを計算できる存在になってきた」と首脳陣は目を細める。

     身長196センチ、体重102キロ。パワーピッチャーの印象だが、正体は違う。制球力と多彩な変化球で勝負する技巧派。「日本の投手から打者のタイミングを外す大事さを教わった。同じ1球でも常に変化をつけることを学んだ」。首脳陣や投手仲間への貪欲なまでの質問攻めは有名である。

     米フロリダ州生まれ。ウェストチェスター大を経てメジャー入りを目指したものの、果たせず7年間マイナーリーグを転々とした苦労人。鳴かず飛ばずの右腕に目をつけたのは、救援投手として2003、05年の優勝に貢献したジェフ・ウィリアムス駐米スカウト。「日本の打者はミートがうまい。抑えるには細かい制球力がカギ。ガンケルなら成功する」と推薦した経緯がある。

     昨年は日本球界への不慣れもあって28試合登板、2勝4敗、11ホールドに終わったが、残留の決め手になったのは、やはり制球力。そういえばマイナー時代には9イニング平均の四球がわずか1・49個という記録を持つ。4勝目を挙げた4月18日のヤクルト戦(甲子園)では初回の先頭打者から15人目まで初球にボール球を投げなかった。

     テンポがいいとバックの守りや打線の援護がよくなるのは当然かもしれない。「常に梅野捕手と意思の疎通は取れている。サインに首を振ることはほとんどない」と信頼を寄せる。梅野もサイン通りにきっちり投げ分けてくるのだから、リードのしがいがあるだろう。

     チーム最多の勝ち星にもおごりはない。チェンが日本球界10年ぶりの白星で追走すれば、入団間もないアルカンタラもデビューに虎視眈々。生存競争の激しさをいつも認識しながらマウンドに立っている。(スポーツライター・西本忠成)




    右打者の外角へのカットボールが生命線やな。 #阪神タイガース #阪神 #ジョーガンケル #ガンケル #虎バン #虎エール



    今の阪神の外国人投手みんなイケメンやな。 ガンケル、スアレス、チェン (今どうでもいい)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神7ー3広島(2021年5月2日 甲子園)

     阪神の先発・ガンケルは、5回7安打3失点で降板も佐藤輝の逆転グランドスラムもあって5勝目をマークした。

     今季ワーストと言える内容でも、粘りの投球で大量失点は回避。試合中、球団広報に託したコメントには、人柄がにじんだ。

     「調子も良くなかったし、相手を抑えることに苦労したところも多かったけれど、チームメートがよく守ってくれたし、逆転もしてくれたから本当に感謝している。感謝してもしきれないし、このままチームが勝ちきれるように一生懸命応援するよ」

     4月25日のDeNA戦では接触した相手チームの阪口を気遣うシーンが話題となり、Yahoo!リアルタイム検索では「ガンケル」がトレンド入り。「感謝してもしきれない」のコメントからはチーム屈指の“優男”の仲間への思いが溢れた。




    ガンケル、今日は調子良くなかったんやろうけど、ギリギリ試合を壊さずに5回まで踏ん張ったのは評価したい。そして、佐藤が逆転弾を打ってガンケルに勝ち星をつけられたことは素晴らしい。先発投手が好投しても、打者が敵を打ち崩せないで無援護という日もあるから、たまにはこういう勝ち方もね。



    近本が猛打賞と2盗塁したのも嬉しいし、ガンケルが調子悪かったけど勝ちついたのもデカいな


    続きを読む

    このページのトップヘ