とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    スアレス退団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     絶対的守護神だったスアレスが抜け、“勝利の方程式”の再編を図る今季の阪神。勝ちパターンの候補として、プロ5年目の馬場皐輔投手(26)の成長にも期待がかかる。

     今年初実戦となった5日の紅白戦では紅組の2番手で三回から登板。2回1安打無失点に抑えた。四回は先頭の糸井から連続四球で無死一、二塁のピンチを招いたが、そこから3者連続三振に切って取った。

     キャンプでは課題に掲げる直球の精度向上を重点的に取り組んでおり「ストレートの仕上がりはすごくいい」と手応えをにじませた。不安要素に見えた連続四球についても「変化球のコントロールがまだ仕切れていなかったところでフォアボールになっているので。そこはマイナスになっていないです。ストレートを課題としてやっている段階なので」と想定通りだったようだ。

     阪神には2017年のドラフト1位で入団。早実・清宮、履正社・安田の“外れ外れ1位”だった。即戦力として期待される中、1、2年目ともに登板2試合に終わる。だが、3年目の2020年に32試合で2勝1敗、9ホールド、防御率2・08をマーク。昨季は44試合で3勝0敗、10ホールド、防御率3・80と着実に成長曲線を描き始めた。

     モーションの小さい、バレーボールのスパイクのような独特な投げ方はバレーボール選手だった父の影響だ。17年ぶりの優勝を目指す今季。矢野監督はスアレスに代わるクローザーを含めた中継ぎ候補として「サプライズ的に出てきてくれるのが俺としてはありがたい。湯浅とか石井大智とか馬場とかも含めて」と期待。背番号18を背負う右腕が、勝利の方程式入りでさらなる飛躍のシーズンとする。(デイリースポーツ・山本航己)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神守護神のロベルト・スアレス投手(30)が今季限りで退団し、メジャー移籍することが11月30日、分かった。阪神は残留交渉を続けてきたが、嶌村聡球団本部長(54)がスアレス側から「夢を追わせてもらいます」と断りの連絡が入ったことを明かした。2年連続セーブ王の流出は痛すぎる戦力ダウン。球団は新守護神候補としてパイレーツの最速157キロ右腕カイル・ケラー投手(28)をリストアップするなど、ポスト・スアレス獲得に全力を尽くす。

       ◇   ◇   ◇

    阪神にショッキングなニュースが飛び込んできた。絶対的守護神だったスアレスが、チームを去る。11月30日が提出期限の保留者名簿から名前が外れるのは昨年と同じだが、今回はメジャー挑戦の結論が出た上で外れた。嶌村球団本部長は「スアレス選手は来年、うちのユニホームは着ない。MLB(米大リーグ)に挑戦する」と明かした。

    昨年12月末に2年契約を結んだが、2年目の選択権はスアレス側にあった。最速163キロの剛球を武器に2年連続セーブ王に輝き、メジャー球団の評価は昨年以上に高まった。嶌村本部長は「残留交渉は当然した。11月下旬に『タイガースさんからいいオファーをいただいたが、夢を追わせていただきます』と連絡があった。非常に残念」と、交渉終了を明かした。スアレスは元々メジャー志向が強く来季は31歳。「メジャーで頑張ってほしい。年齢的にも向こうでやるラストチャンスだから」。2年間奮闘してくれたことに感謝しながら、夢を後押しした。

    だが、不動の守護神の流出は、大きな戦力ダウン。背水の4年目を迎える矢野阪神には非常事態だ。球団は水面下で進めてきたポスト・スアレスの獲得調査を本格化。今季パイレーツで32試合に登板した28歳右腕のカイル・ケラーも候補のひとりだ。身長193センチから最速157キロを投げ込む剛球型で、大きなパワーカーブも魅力。今季33回1/3で36奪三振と三振も奪える。

    また、球団は来季も助っ人8人体制を継続する方針。嶌村球団本部長は「8人の枠は保ちながらいきたい」と話す。保留者名簿からはエドワーズ、サンズも外れ、退団となる。新外国人候補として、先発タイプで今季ドジャース3Aで8勝を挙げた188センチ右腕、アーロン・ウィルカーソン投手(32)の獲得調査を進めている。サンズに代わる野手助っ人も補強予定だ。

    8人制の今季、調子がいい時期が重なると1軍外国人枠のために昇格できず不満を漏らす選手もいた。嶌村本部長は「何事もメリット、デメリットは出る。モチベーションは矢野監督、国際部も含めミーティングしながらやっている」と説明。まずはスアレスロスを一刻も早く解消すべく、新守護神獲得に全力を尽くす。

    ◆ロベルト・スアレス 1991年3月1日生まれ、ベネズエラ・ボリバル州出身。メキシカンリーグを経て、16年ソフトバンク入団。17年WBCにベネズエラ代表として出場した際に右肘を故障し、トミー・ジョン手術を受けた。19年限りで戦力外となり、阪神へ移籍。20、21年とセ・リーグ最多セーブ。21年6月8日の日本ハム戦では、阪神最速の163キロを記録。阪神在籍中の67セーブは球団6位。188センチ、95キロ。右投げ右打ち。

    ◆カイル・ケラー 1993年4月28日生まれ、米国ルイジアナ州出身。サウスイースタンルイジアナ大から15年ドラフト18巡目でマーリンズと契約。19年メジャーに昇格。メジャー通算44試合で1勝1敗、防御率5・83。193センチ、92キロ。右投げ右打ち。




    痛手ではあるが予想はついてたから、ショックはないな。 年齢的にも今しかないし、是非頑張ってほしい。 阪神スアレスがメジャー移籍「夢追わせて」新守護神候補ケラーら調査本格化  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111300000835.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    【阪神】スアレス、今季限りで退団 球団全力慰留もメジャー挑戦を決断 代役守護神候補を獲得調査(スポーツ報知)  https://news.yahoo.co.jp/articles/bee0a092315ac71027d5b96a44ef6a4b7efa6b88  球団本部長のコメントが出たなら、確定か。どちらにせよ、あれだけ貢献してくれた選手だし、メジャーでも大活躍できますことを・・・!


    続きを読む

    このページのトップヘ