とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    スクイズ失敗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト6-3阪神」(25日、神宮球場)

     阪神は六回の攻防が勝負を分けた。無死二、三塁から坂本がスクイズ失敗。結局、無得点に終わった阪神に対し、ヤクルトはその裏に1点を奪って勝ち越した。

     坂本も次打者の小幡も前の打席で長打を放っている。育てるという意味でも、六回は2人のバットを信頼して託してもよかった。相手バッテリーは無警戒だったが、たまたまスクイズしづらい低めのボールゾーンに外れてしまった。梅野の制球が不安定だったことを考えると、成功確率は決して高くなかった。

     スクイズは1点を奪って「もう1点」という場合に使われることが多い。四回に小幡が適時三塁打を放った直後にスクイズ-という流れなら面白かったかもしれない。

     三走の大山が挟殺される間に、二走のボーアが三塁まで進めなかったのも痛い。1死三塁からの仕切り直しであれば、坂本は「外野フライでもいい」と楽な気持ちになれた。相手が2度目のスクイズを警戒して制球が甘くなることもある。たった1球で勝負の流れが変わってしまった。




    同意。なんのために若手を抜擢しているか分からない。起用と作戦がチグハグな事が多すぎませんか? 【藤田平氏の眼】阪神のスクイズ失敗…坂本、小幡に託してもよかった/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/26/0013730315.shtml  @Daily_Onlineより



    @Daily_Online いやあれはスクイズをやるような局面ではなかった  https://twitter.com/puremalt2010/status/1309446413672050689  相手が外してもいないのに失敗。つまり自滅。清水ヘッドの立案によると思われる一連の奇襲策は全く機能してない。作戦の立て方を変えないと選手のやる気がなくなる。 #hanshin #阪神 選手の能力とやる気を引き出すのが指揮官


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇25日 ヤクルト6―3阪神(神宮)

     スタッフ2人を含めた計7人が新型コロナウイルスに感染した阪神はヤクルトに惜敗した。1-1の2回にボーアの15号ソロで勝ち越すと、4回に1点を追加して2点リードとしたが、先発の西勇がその裏に追いつかれ、同点の6回2死一、二塁から西浦に左前適時打を許して勝ち越された。その直前の6回の攻撃で、無死二、三塁のチャンスをつくったが、打者・坂本がスクイズのサインで空振りし、三塁走者が挟殺されると、2死二塁となって空振り三振、続く小幡も空振り三振に倒れ、得点できなかったことが大きく響いた。

     試合前に阪神は糸原健斗(27)、陽川尚将(29)の両内野手、岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)の両投手と、1軍スタッフ2人の計6人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表。2軍の浜地真澄投手(22)の感染が確認されたことを受けて、1軍の監督、選手ら全員を対象に行ったPCR検査で判明し、陽性者は計7人となった。

     試合は予定通りに開催され、感染した4選手に加え、濃厚接触者などとされた選手を含めた10人を抹消。9人を昇格させて、選手を大幅に入れ替えて挑んでいた。この日、昇格したばかりの能見が1点ビハインドの7回から2番手で登板したが、荒木に2ランを許した。

     前回登板17日の巨人戦(東京ドーム)で2試合連続完封勝利を飾った先発・西勇は1点リードの1回1死から青木に同点ソロを浴びて3試合ぶりに失点すると、結局6イニング6安打4失点で降板。今季4敗目(7勝)を喫し、自身の連勝は5でストップした。




    ヤクルト 6 - 3 阪神 [負] 西勇7勝4敗0S [ホームラン] ボーア ソロ15号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200925.html  pic.twitter.com/QDCWmp8xIj



    @TigersDreamlink あんま言いたかないけど、ファンがオーダーもチャンスピンチの采配もした方が勝率高い気がする 実力負けよりイライラする



    @TigersDreamlink 矢野で負けた‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神がスクイズ失敗で勝ち越し機を逃した。勝ちパターンを任されていたリリーフ3人のコロナ禍による離脱で、先発・西勇を替えたくない矢野監督の心理面が、作戦に大きく影響を及ぼしたと考えられる。

     同点で迎えた六回、阪神は大山の先頭四球、ボーアの左中間を破る二塁打で、無死二、三塁の好機を作った。打席に坂本。ここで矢野監督は2ボール1ストライクから4球目、スクイズを仕掛けた。だが、外角低めのボール球。坂本も身を乗り出して当てにいったが、バットは空を斬った。

     同点の試合展開。強攻策で打順が下がれば、西勇に打順が回る展開。同点のまま進めば、西勇に代打策が執られる。

     阪神はチーム内に新型コロナウイルスの感染者が出た影響で1、2軍の計19人の大量入れ替えを行った。リリーフは馬場、岩貞の感染に加え、球団判断で濃厚接触者と同様の扱いで小林、小川、岩崎も特例措置で抹消。能見、谷川、斎藤とともに、藤浪も中継ぎで登録された。

     継投策となれば、手薄なリリーフが酷使される窮状。コロナショックが、作戦面にも影響を及ぼした。




    スクイズ失敗で無得点だった攻撃の後にこれだもんな。野球は流れのスポーツだな



    ノーアウト二、三塁でスクイズ敢行して失敗、無得点でその裏に勝ち越されるとか吉本新喜劇ですか?


    続きを読む

    このページのトップヘ