とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    スリルティー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ入り初の途中交代となった。

     23日、阪神ドラフト1位の佐藤輝明(21=近大)がDeNAとの練習試合に「3番・左翼」でスタメン出場。2打数凡退に終わると、六回限りでベンチに退いた。22日まで実戦8試合で打率.452、2本塁打、8打点と大器の片鱗を見せていたが、あくまで新人。22日には約200球を打ち続けるティー打撃の練習でヘロヘロに。その後のフリー打撃では持ち前の遠くへ飛ばす打球が鳴りを潜め、柵越えはゼロに終わった。

     井上ヘッドコーチは報道陣に「パワーはあるけど、持久力がない」とコメントするなど体力面を課題に挙げている。この日の試合では1打席目に11球粘って四球を選ぶも、その後の2打席は力なく一ゴロと空振り三振に倒れた。キャンプも終盤を迎え、ジワジワと疲労が蓄積しているようだ。

     阪神では主砲の大山が紅白戦の守備中に腰を痛め、捕手の梅野も練習試合の守備時にファウルチップを右足に受けた。ともに軽傷というが、この日は、開幕投手候補の西勇がぜんそくの疑いで緊急離脱。試合後の「デスノック」と命名された特守では、高卒2年目の井上が打球に飛び込んだ際に左膝を地面に打ちつけ、リタイアした。

     ケガ人が目立ち始める中、阪神周辺からは「練習量は他球団よりも少ない。ザル守備を改善するためにも、選手をガンガン追い込むべき」との声も聞かれるが、阪神OBはこう指摘する。

    「井上に関しては、履正社高2年時の秋に右膝蓋腱炎で手術を経験している。負傷箇所は反対側の左膝だが、両膝は連動しているだけに、今後が心配です。井上は外野手だし、いくら選手を鍛えるといっても、ケガをしたら本末転倒。指導者はその前にストップをかけないといけない。中日監督時代の落合博満さんも二遊間のアライバコンビや三塁手の森野を長時間ノックで鍛えましたが、決してケガをさせなかった」

     ちなみに佐藤はこれまで一度も「デスノック」を受けていないという。期待のルーキーだけに無理は禁物だ。




    ルーキー佐藤輝明もプロ初の途中交代…阪神選手バテバテで心配な故障ラッシュ #SmartNews スリルティーなんかするからだ。 直後から佐藤のバッティングがおかしくなった。 故障したら井上ヘッドは責任とるのか?  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/285581 



    オフの期間にちゃんと体動かして準備しよって選手全体がなるならケガの功名では?ケガしない術を模索したり体のケアのコツ掴むのも必要なことでしょ。 ルーキー佐藤輝明もプロ初の途中交代…阪神選手バテバテで心配な故障ラッシュ(日刊ゲンダイDIGITAL)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210224-00000005-nkgendai-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オープン戦をセ・リーグチームではトップの3位で終えた阪神で野手陣が震える“鬼練習”がよみがえる可能性が出てきた。復活が検討されているのはキャンプ中の打撃練習メニューの一つで「キツイ練習も、よりメリハリをつけて」と井上一樹打撃コーチ(48)が発案した「音楽」を用いた練習法だ。

     キャンプ中はどの球団でも様々なジャンルの曲がBGMとして流されるが、今年の阪神では布袋寅泰の「スリル」が流れると、ティー打撃を行うペースを一気に速くするというのが決まり。選手はボールケースを空にするか、約4分30秒の楽曲が終わるまで、超高速テンポで打ち続けなければならず、最後は腕も足腰もパンパンに…。終了時は多くの選手がその場に倒れる過酷さで、奇抜なイントロやサビのインパクトも手伝い、選手間では「恐怖の曲」として恐れられた。

     この通称「スリルティー」は当初、鍛錬がメインのキャンプ限定で行う予定だったが、開幕延期で練習日が増えたことで“再演奏”の可能性が高まっている。「公式戦に入ったら、もちろん明日の試合が一番大事だけど(開幕まで)あと3週間とか1か月あるなら、もう1回体をイジめてやるのも手だと思っている」(井上コーチ)

     実際に神宮球場で行われた11日のヤクルト戦では、試合前に大山や陽川など先発を外れた面々を中心にこのメニューで追い込んだ。このときは、敵地で球場内の曲をセレクトできなかったが、17~19日に本拠地・甲子園で行うチーム練習では選曲が自在となる。

     その意図はキャンプ同様に「振る体力」を養うこと。条件は整っているだけに、あとは「夏から秋にかけてのバットを振る体力、貯金をつくってほしい」と話す井上コーチがいつゴーサインを出すかどうかだ。




    阪神・井上打撃コーチが発案 恐怖の「布袋スリル式ティー」が復活も(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000028-tospoweb-base  練習に使われるんや



    阪神めっちゃ打つけど新しく打撃コーチになった人が良いんじゃないのか? ちなみにその打撃コーチは井上一樹って言う人なんだけど #CBCラジオ


    続きを読む

    このページのトップヘ