1


 もうスロースターターとは呼ばせない――。阪神・近本広司外野手(26)が15日の広島戦(京セラドーム大阪)で、先制の先頭打者弾を含む4打数2安打1打点1得点をマーク。チームを3―0の勝利へ導いた。

 初回の第1打席では、相手先発・大道の投じた直球を力強くはじき返し、右翼席へ打球を鋭く突きさす7号ソロ。「確信は持てなかったのですが、角度はついていたので『越えてくれ、越えるかな…』という感じでした。(後半戦最初のカードで)いいスタートが切れて良かったです」と充実感を漂わせた。

 シーズン開幕月に打撃不振に陥ることが多いスロースターター・近本。エキシビションマッチで結果を残せていなかったこともあり状態を不安視する声があったのも事実だが、後半戦開幕カードとなったこの3連戦では11打数5安打2打点。矢野監督も「エキシビションでも、何かが悪かったわけじゃないからね。不安があるのはみんな一緒。(近本にとっても)一本出て〝これでいいんだな〟となるような当たりだったと思う」と背番号5の〝好スタート〟に目を細めた。




続きを読む