サンズ


 「ヤクルト-阪神」(7日、神宮球場)

 阪神・藤浪が六回に2番手として登板。四球と死球でピンチを迎えたが、川端のレフト線に落ちようかという打球を、サンズがダイビングキャッチし、チームを救った。

 3試合連続無失点で来ていたが、この3試合はリードを許した局面。同点では、敗戦投手になった6月23日の中日戦以来となった。

 中村、サンタナを連続三振に斬ったが、吉田大成には1球もストライクが入らずに四球。投手の打順で代打の宮本の右足に初球で死球を当ててしまった。

 続く代打・川端の打球はレフト線へ。落ちれば2点は必至の場面でサンズが横っ飛びしてグラブを伸ばしてボールをつかみとった。




サンズ、スーパープレーやば #サンズ



サンズのスーパープレーはホンマに凄い!超熱盛!!!



谷繁さんもplay of the day確信のサンズのプレー


続きを読む