とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    センター守備

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇みやざきフェニックスリーグ 阪神6―3巨人(2020年11月21日 清武第二)

     阪神の井上広大外野手が送球で魅せた。「4番・中堅」で出場。5回無死二塁から松井の中飛をつかむと、タッチアップした二塁走者の増田陸をワンバウンド送球で三塁刺殺。「タッチアップに入っているのが見えたので、捕る前にこの距離なら、と決めていた。強いボールというよりかはちゃんとコースに投げようと思った」と振り返った。

     打撃でも第5打席に中前打を放ち、この日は5打数1安打ながら4戦連続安打を記録。凡打でも左飛、中直など捉えた当たりが多く「感覚としては悪くない。いい形で打てている。残り試合も継続してやっていけるように」と2年目の飛躍への足がかりにする。




    井上広大の守備、上手いとは思わんがセンスあるよな。 センターも様になっとる。ナイス補殺


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ■阪神 3-3 広島(22日・甲子園)
     
     阪神は22日、甲子園での広島戦に3-3で引き分けた。8回にサンズの5号ソロで勝ち越したものの、9回に大山のエラーなどで2点を奪われ、逆転を許す苦しい展開。しかし、その裏に近本が同点打を放ち、引き分けに持ち込んだ。

     5連勝中の阪神だったが、この日は惜しくも白星がつかず。だが、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「いい時に反省材料を潰していくことは大事」とあえて指摘した。その上で、前日から採用されている「中堅・福留」の布陣について触れ、「今だから近本は外してほしくない」と言及。打撃不振でスタメンを外れながら、途中出場で同点打を放った2年目外野手を使うべきだと話す。その理由とは……。

     連勝ストップまであと1死と追い込まれながら、近本の一打で追いつき、負けなかった阪神。いい流れが途切れることはなかったが、こういうときこそ「しっかり見直してやっていくべきことがあります」と野口氏は語る。大ベテランを中堅でスタメン出場させる起用法については「福留が悪いということではなく……」と前置きした上で、こう話した。

    「自分が阪神の捕手をやっていたら、センターはやはり動ける選手にやってもらいたいというのが本音です。もちろん、福留は守備が上手い選手ですし、実際にセンターでも素晴らしい。ただ、40歳を超えてさすがに動きは良くなくなってきています。他の選手だったら捕れていたけど……という打球が今後出てくるかもしれません。負担も大きい」

     もちろん、近本が極度の打撃不振にあえいでいるのは分かっている。ただ、今のチーム状態であればスタメンで起用するほうがプラスだというのだ。

    「福留は野球をよく知っている選手なので、とんでもないミスはしない」が…
    「みんなのバッティングの状態が上がってきた今だからこそ、近本を外してほしくない。チームとしても、守備優先でもいいと思います。この日は貴重なタイムリーが出ましたが、スタメンから外していると近本の打撃も向上しないのではないでしょうか。福留は野球をよく知っている選手なので、とんでもないミスはしないでしょう。でも、いいところで『代打・福留』が出てきたほうが相手も嫌だと思います。トータルで考えると、あれだけの選手であっても、40歳を過ぎた大ベテランがセンターを守っているのはチームとしてどうなのかなと思います」

     さらに、この日は7回1失点と好投しながら初勝利に恵まれなかったガルシアについても「結果的にはしっかりと抑えましたが、とにかくテンポが悪すぎますね」と指摘。「1点に抑えたことは素晴らしいですが、味方打線に点が入らなかった理由は自分にもあると考えて、改善すべきでしょう。実際に、途中からはテンポが良くなりましたから」とあえて言及する。

     すべては、阪神が好調を維持して、今後さらに上昇していくための“提言”。勝っている今だからこそ、見直すべきことがあるというのだ。

    「阪神が上がっていくためには、こういったところでもスキを見せないことが大事です。これから先、混戦になっていく中ででしびれる試合が出てくると思います。だからこそ、勝っている今のうちにしっかり見直してやっていくべきです。いい時に反省材料を潰していくことは大事になると思います」

     負けなかったことは評価できるとはいえ、阪神にはまだまだ改善点があると野口氏は話す。この引き分けを“反省材料”にできれば、さらに上が見えてくるはずだ。

    Full-Count編集部




    中谷か江越か近本かセンターで出てくれへんかなあ。福留は代打だと凄い怖いと思うよ。



    糸原健斗、骨折。折角好調だったのに何たる不運。 右 糸井嘉男 遊 北條史也 左 サンズ 三 大山悠輔 一 ボーア 捕 梅野隆太郎 中 近本光司 二 木浪聖也 投 ボーアが戻ったらこの並びでどうか。福留センターは何度も続けてするものでは無い。  https://news.yahoo.co.jp/articles/199ced482be33363014c5c4b8e58a59b56583638 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    11


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/20(月) 21:38:31.93 ID:ZYjc4wXu0
    例外は新庄とアレックスくらい

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/20(月) 21:39:36.85 ID:kzHMst6y0
    足の速さでカバー

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595248711/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-4ヤクルト>◇16日◇甲子園

    阪神福留孝介外野手が14年以来6年ぶりに中堅の守備に就いた。

    福留は43歳だが、43歳以上のシーズンに中堅を守ったのは、岩本義行(東映)が44歳シーズンの56年に4試合守って以来2人目。




    岩本さん以来ってまじかよ 阪神福留が43歳で中堅守備、64年ぶり2人目快挙  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007160001039.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより



    阪神福留が43歳で中堅守備 43歳以上のシーズンに中堅を守ったのは岩本義行が44歳シーズンの1956年に守って以来64年ぶり2人目。 (日刊スポーツ) 1956年って、太平洋戦争が終わって11年の昔むかしの事。😅  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200716-27161039-nksports-base 



    @teru_hanshin 生きてる間に見ること無さそうですね(笑)


    続きを読む

    このページのトップヘ