とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    セ・リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4 (2)






    @yakigraph @H5_toratoroton9 阪神の選手のみ全員2000年代



    @yakigraph 阪神だけ全員21世紀やん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


    https://npb.jp/award/2022/voting_rok.html





    もっと拮抗してるのかと思ったけどそうでもなかった 湯浅くんもっと票入ってもよくない?  https://twitter.com/fukudasun/status/1596071931358646275 



    西くんに入ってるのがなんだか微笑ましいw 基準はわからんがwww  https://twitter.com/fukudasun/status/1596071931358646275 



    阪神新人王活躍しない謎のジンクスあるからある意味ホッとしてる  https://twitter.com/fukudasun/status/1596071931358646275 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1668718378/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/11/18(金) 05:52:58.16 ID:8iBilULyM
     今年のセ・リーグ新人王は、大勢(巨人)と湯浅京己(阪神)のいずれかが受賞すると見られている。

     昨年のドラフト1位で入団した大勢は、開幕からクローザーに抜擢されてリーグ3位、新人タイ記録の37セーブと立派に大役をこなした。対する湯浅は4年目で一軍に初めて定着すると、セットアップマンとしてリーグ最多の43ホールドを稼いだ。

     もう一人、中日の髙橋宏斗もリーグ3位の134三振を奪っており、防御率2.47も100イニング以上の投手では5位。本来なら有力候補に挙げられて然るべきだと思えるが、規定投球回も満たしておらず、勝利数も「6」のみという点が物足りないと思われているようだ。

     一昔前なら、受賞は大勢で決まりだったろう。抑え投手の地位が中継ぎよりも上、すなわち「37セーブ>>>43ホールド」という感覚が一般的だったからであり、今でもそう見ている人は少なからずいる。しかし、セットアップ役も抑えと同じくらい重要な仕事だとの認識は、以前よりも広まっている。

     例えば、抑えが9回に下位打線と対するのと、セットアップマンが8回に中軸と対戦するのを比べた場合、重要度はセットアップのほうが高いはずだ。けれど、中継ぎは同点・逆転を許しても、まだ味方に反撃の機会が残っている。しかし抑えは9回以降に登板した場合、裏の攻撃でリードを許した瞬間に負けが決まる。プレッシャーはクローザーのほうがより大きいのは確かだろう。

     単純にセーブとホールドの数を比べれば湯浅のほうが多いが、抑えのプレッシャーという点を考慮すればほぼ互角と言える。そして、大勢は中継ぎとしても8ホールドを記録している。セーブ+ホールドだと大勢は45、0セーブの湯浅は43のまま。この部門では大勢がリードしているのは間違いない。

     それでは防御率での比較はどうか。大勢は57試合、57回で自責点13、防御率2.05。湯浅は59試合、58回で自責点7、防御率1.09。イニング数はほぼ同じでも、湯浅の自責点は大勢の約半分で、防御率自体も1点近く低い。

     セイバーメトリクスには、ピッチング・ラン(PR)という指標がある。リーグ平均防御率との差でどれだけ優劣があるかを示したもので、計算方式は(投球回数÷9)/(リーグ防御率-個人防御率)である。この数値だと大勢は8.3、湯浅は14.7で、これは先発投手を含めてもリーグ7位にランクされる。防御率/PRでは湯浅の勝ちだ。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/11/18(金) 05:53:45.99 ID:8iBilULyM
    K/BBで比較するとどちらが上か?

     しかしながら、防御率はバックを守る守備力の良し悪しによって左右される側面がある。そうした要素を排除した、投手個人の能力が最も現れるのは奪三振と与四球の比、K/BBと呼ばれる指標だ。大勢は60奪三振/13与四球でK/BBは4.62。かなり優秀な数字である。ところが湯浅は67奪三振/12与四球でK/BB5.58と、さらに上を行く。今季のセ・リーグで湯浅以上のK/BBを記録したのは、チームメイトの浜地真澄(7.60)一人だけだ(40投球回以上)。

     また、被本塁打数も投手の実力を測る重要な要素であるが、これも大勢の7本に対して湯浅は1本だけ。本塁打の出やすい東京ドームと、そうではない甲子園という本拠地球場の差があるからだろうか?

     大勢が献上した7本のうち、3本は東京ドーム以外の球場だった。湯浅はセ・リーグの本拠地球場では狭いほうに属する東京ドーム、神宮、横浜では合計11試合に投げて0本塁打。それどころか、11イニングでヒットすら3本しか打たれておらず、1点も許していない。湯浅の被本塁打数が少ないのは、球場とは無関係なのだ。

     このように、防御率だけでなく投球内容も湯浅が上だと判断できる。実際の投票では、プロ1年目で“真のルーキー”である点も加味されて大勢が受賞するかもしれないが、筆者に投票権があるなら湯浅に1票を入れたい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e559fe7cb4214976b50f358372cb6d45f064b7d6?page=2

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/11/18(金) 05:54:27.08 ID:8iBilULyM
    湯浅で決まりの模様

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4 (2)



    セリーグ 球団成績の偏差値(2022) pic.twitter.com/TkdTEiF7ud






    @yakigraph 阪神すごいな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1665123303/



    セ・リーグ


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/07(金) 15:15:03.16 ID:0rsVkHdk0
    ヤクルト
    今野→清水昇→マクガフ
    全員中日が苦手という謎。
    横浜
    エスコバー→伊勢→山崎
    今シーズンの横浜の象徴。
    阪神
    浜地→湯浅(最優秀)→岩崎
    抑えの不調に苦しむ。
    巨人
    高梨→大勢
    7回以前が定まらなく、リリーフ防御率が悲惨に。
    広島
    森浦(矢崎)→栗林
    様々なパターンを検証。中継ぎの薄さに苦しむ。
    中日
    清水→ジャリエル(最優秀)→ライデル(最多S)
    開幕から安定した勝ちパターンを成立。

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/07(金) 15:18:32.36 ID:2v8dAp/B0
    岩崎って防御率1.96で本当は最高のセットアッパーなんだけどな
    矢野の使い方がアホ

    続きを読む

    このページのトップヘ