1


 ◇セ・リーグ 阪神1ー6DeNA(2022年4月6日 甲子園)

 阪神は延長12回に投手陣が崩れ、敗戦。今季10敗目を喫し、開幕11戦での記録はセ・リーグ史上最速となった。

 自らの適時打1点を8回まで守り抜いた先発・伊藤将が、9回2死二塁でフルカウントから牧に適時打を浴びて同点に。今季初の延長戦に突入すると、12回に登板した4番手・斎藤が無死一、三塁を背負い、大和に勝ち越しを許す左前適時打を浴びた。悪い流れを止められず、5番手のドラフト3位・桐敷も1死満塁から大田に左翼への走者一掃の適時二塁打を浴びるなどこの回一挙5失点を喫した。







取れる時に取れないと、という典型のような試合でしたな。#阪神タイガース #hanshin  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1511700334254891010 



まけほーーー。(>_<)やっぱ1点じゃ勝てないわ。 #阪神タイガース  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1511700334254891010 


続きを読む