1


優勝も、タイトルも狙う!

阪神西勇輝投手(30)が19日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材に応じた。3年連続の2ケタ勝利を達成した右腕も、まだ投手部門のタイトルはない。「タイトルには無縁で生きてきた」と話すが、16年ぶりチームの優勝のためにも、自らも初の栄冠を目指す。

  ◇  ◇  ◇

3年連続2ケタ勝利を達成した西勇にも、まだ見ぬものがある。

「タイトルには無縁で生きてきた。派手さを求めるより、堅実で確実にゲームメーキングできる投手を目指しているので」

重視するのは自分の白星よりイニング数。チームの勝利に貢献することを一番に考えてきた。

「その中でタイトルが狙えるとしたら、防御率とかだと思う。取れるものは全部取りたいですし、チームとの兼ね合いもある。自分のスタイルを見失わないように、頑張っていければと思います」

19年にゴールデングラブ賞を受賞したが、投手部門のタイトルはまだない。阪神に移籍して3年目。投手の柱として、優勝するために自身初の栄冠も目指す。

お手本となる存在がいる。昨年に最多勝と最高勝率に輝いた巨人菅野智之投手とは、18年オフまで4年連続で自主トレをともにした仲。国内残留が決まり、今季も対戦する可能性がある。「師匠でもあり、尊敬できる先輩。残留というのはすごくうれしいことなんですけど、希望としては行ってほしかったなというのはあります」。エースの考え方を学びながら、結果につなげてきた。「自分の成績をしっかり出し続けられれば、菅野さんと近い成績にいられると思う。自分の成績を維持しながら、ついていけるように頑張っていけたらいいなと思います」。

これまで菅野とは2度対決。どちらも粘りの投球を見せたが勝ち星はつかず、チームも敗れている。巡ってきた再戦の機会。「僕たちがどう勝っていくかは大事だと思います」。昨季の西勇は巨人戦で3勝1敗。今年はエースにも投げ勝ち、チームを勢いづける。

例年はハワイで自主トレを行ってきたが、今年は国内で調整。3勤1休だった例年とは異なり、1週間に休日は1日だけ。「今年は戦力も整ってきて、みんながまた優勝するぞという気持ちになっているので、その中の1つのピースとして全力で頑張っていければ」。通算100勝にあと5勝に迫る。チームも、自らも、充実の1年にする。【磯綾乃】




狙えるタイトルは全て獲る! 阪神西勇輝「全部取る」菅野参考にVと初タイトルだ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101190000850.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 





続きを読む