とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    チーム能見

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(16日、甲子園球場)

     師匠の意志を継ぐ。阪神・岩貞祐太投手(29)が16日、甲子園での秋季練習に参加。今季限りでチームを退団した能見から学んだ投球術、練習に取り組む姿勢など全て引き継ぎ、来季こそ優勝をつかむことを強く誓った。

     「一緒のチームで優勝するという夢はかなわなかったですけど、能見さんの意志というか、そういう姿勢。全てを引き継いでいかないといけないなという気持ちはあります」

     同じ左腕として、大学時から憧れ、入団後も能見の背中を追った。オフには自主トレを共に行うなど、多くを学んだ。これからは、得たモノを最高の形で返す。

     今季は、8月に先発から中継ぎに転向。リリーフとして30試合に登板し、5勝1敗7ホールドと安定感抜群の投球を披露した。ただ、求めるのは個人の記録よりもチームの勝利だ。「優勝しないと個人の成績が良くても、何もうれしくない。個人というよりは、チームのことを考える年齢にもなってきている」と中堅としての責任感が芽生えている。

     「チームを鼓舞してというか。そういったことができるようにリスタートを切っていきたい」。思い描くのは長くエースとしてチームを支えた師匠の姿。岩貞も全力で左腕を振り下ろし、チームを05年以来の頂点へと導く。




    阪神・岩貞 能見魂継承や!投球術、姿勢…悲願Vへ師匠の教え見せる!(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 能見さんが社会人時代から携えてきた『フォア・ザ・チーム』の精神…🌳🌲確実に甲子園に根を下ろしてる☺️  https://news.yahoo.co.jp/articles/d9fa9bedc2996d7dad3f6811257eb8c5769bdaa2 



    能見先輩から学んだことを発揮できるように! 阪神・岩貞 能見魂継承や!投球術、姿勢…悲願Vへ師匠の教え見せる!/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/17/0013870377.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りで阪神を退団した能見篤史投手(41)が14日、16年間のタテジマ生活を振り返りながら、現在の心境、残る後輩たちに向けた思いなどを独白した。「チーム能見」として自主トレを共にし、最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らに向けた“ラストメッセージ”。「かなわぬ夢」の続きを、愛するチームメートに託した。

     まだ別れの悲しさが胸を締める。劇的なシーズン最終戦から3日。目を閉じれば浮かぶ光景を、能見は現実として受け入れる最中だった。「今はさみしい思いが強いな」。阪神一筋16年。現役続行の意志を固め、退団の道を選んだ。ただ、愛着が消えることはない。

     「16年、着続けたユニホーム。もう着ることがないと思うとね。最後は球場の雰囲気に後押ししてもらった」

     阪神で過ごした16年間を振り返れば、優勝は初年度の2005年が最後。この間、長くエースとしてチームを支えた能見が心残りを明かす。「中心選手として優勝したかった。それでどれだけの人が幸せになれたか…」。届けたかった、届かなかった悲願。「かなわぬ夢」の続きは、残るチームメートに託す。

     最終戦では梅野、岩貞、大山が涙を流した。特に3人は「チーム能見」として、自主トレを共にしてきた仲間だ。「リュウには一度、厳しいことを言ったことがある」。構え方やボールを受ける姿勢、投手との接し方。物足りない姿が歯がゆかった。誰よりも素質を認めるからこそ、あえて厳しく接してきた。

     「今年は少し出番も減った。それをどう捉えるかは本人次第。日本一の捕手になってほしいし、その素質は十分にある。でも、まだまだ。もっとやれる」

     また、岩貞はシーズン途中、リリーフに配置転換された。先発と中継ぎ、両方できるメリットがある一方、便利屋になる危険性もある。「どっちの役割をしたいか。その気持ちを大切にしてほしい。元々、視野が広い子。うまく乗せてあげると、いい働きは絶対にする」。最終戦の記念球はプレゼントした。「僕の意志とともに」。

     岩貞の号泣は予想通りだったが、「一番ビックリした」のは大山の涙だ。「悠輔一人にチームを背負わせたらダメ。岡本くんだって、前後を打つ打者がしっかりしている。みんなで4番を支えてほしい」。巨人の主砲にも負けず劣らぬ存在だ。だからこそ打線として相乗効果を期待する。

     「この世代は必ず中心になっていく選手たち。それは間違いない」。来季16年ぶりの優勝に投打、攻守で成長が欠かせない。涙に暮れる3人に向けた“ラストメッセージ”だった。「後輩たちがやってくれると信じている」。夢の続きを託し、別れを告げる。猛虎の系譜はつながれていく。




    阪神退団の能見ラストメッセージ 最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らへ悲願V託した(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8928b58e437717e21d8e949478e1ae779a066928  ノウミサンのメッセージめっちゃグッとくるわ。いい関係を築いてきたんやろな。次の場所でもまた輝いて欲しい。



    チーム能見😢 阪神退団の能見ラストメッセージ 最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らへ悲願V託した  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/15/0013865676.shtml 


    続きを読む

    このページのトップヘ