とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ツイスト打法

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <エキシビションマッチ:楽天3-0阪神>◇8日◇楽天生命パーク

    阪神大山悠輔内野手(26)が、5安打完封負けした敵地楽天戦でエキシビションマッチ初の猛打賞で気を吐いた。2打数2安打で迎えた7回1死では、追い込まれてからブセニッツの154キロ直球をはじき返した。打球は低い弾道で右中間フェンス上のネット部分へ直撃する特大二塁打。「速い球をしっかり打てた」と手応え十分だ。

    4回の中前打もカウント2-2と追い込まれてから。涌井のチェンジアップに泳ぎながら片手で中前に運んだ。「簡単に終わらず、打ち返すことができた」。長打あり、軽打ありで4試合連続マルチ安打。五輪中断期間は10試合で32打数13安打、打率4割6厘と絶好調だ。

    球宴後の練習では矢野監督から指導を受け、腰を残しながらバットを走らせるイメージの「ツイスト打法」に取り組んだ。「ツイストも打ち方の1つ。一瞬でも(体が)開くのを止められた状態で加速していくのが覚えられたら、もっとさばける」。指揮官がそう語る理想型へ近づこうと、大山は練習前にはティー打撃で反復した。地道な練習の成果が表れ「中身のしっかり伴っている打撃が多い」と指揮官もうなずいた。

    好調な主将の裏でチームは6日オリックス戦の2回に1点を挙げた後、16イニング無得点が続く。「点が入らんかったら入らんかったで、打ってほしいのが正直なところ」。大山に続けとばかりに指揮官は打線全体へ状態アップを求めた。

    13日広島戦(京セラドーム大阪)で再開するリーグ戦まで残るは2試合。大山はナインの思いを代弁するように力を込めた。「個人としてもチームとしてもやり残しなく良い形で入っていけるように」。言葉通り、一気にギアを上げていく。【中野椋】




    【佐藤への想い】大山悠輔がツイスト打法習得で矢野監督も絶賛!! ルーキーへの心遣いに涙が止まらない【阪神タイガース】  https://youtu.be/6cu2ZFrlVNo  @YouTubeより pic.twitter.com/CkmfwaMYcV



    ツイスト打法の効果が出てきたか!👀‼️  https://twitter.com/NikkanNaruohama/status/1424314572421304320 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「エキシビションマッチ、阪神6-4ロッテ」(27日、甲子園球場)

     佐藤輝に負けじと阪神の4番・大山が一発を放った。六回、横山の外角高めの146キロ直球を捉えた打球はバックスクリーン右へと飛び込む127メートル弾。「速い真っすぐを一発で仕留めることができて良かった。センター方向にいいバッティングができたと思います」と笑みがこぼれた。

     前半戦は不振に終わり、このところの練習では矢野監督が連日、直接指導。打撃時に腰を残しながらバットを走らせるイメージの“ツイスト打法”に取り組んできた。

     エキシビションマッチ初戦で、いきなり練習の成果を発揮。「本当にいい角度の付いた、しっかりした打球やった。これがいい方向にいってくれたらなという兆しの見えるような、いいホームランやったと思う」と指揮官も主砲の“一発回答”に目を細めた。




    阪神・大山 “ツイスト打法” 成果弾「いいバッティングできた」 (デイリースポーツ) 阿部慎も、やってたね。😑  https://news.yahoo.co.jp/articles/bb7eca6ae24eafbba27c26337ca413e53cb61b67 



    大山くん後半に向けて良いスタートですね😊 阪神・大山 “ツイスト打法”成果弾「いいバッティングできた」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/28/0014540068.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の大山悠輔内野手(26)が「ツイスト打法」で鋭い打球を連発した。

    甲子園の練習では矢野監督から内角の打ち方など打撃指導を受けている。この日も打撃練習後に指揮官と話し込んだ。矢野監督は「ツイストも打ち方の1つ。止まるところがあるから加速する。一瞬でもポイントで開くのが止められた状態で加速していくのが覚えられたら、もっとさばけるんちゃうかな」とレッスンの内容を説明した。




    大山は元々足を高く上げて、体を少し捻りながら遠心力を使って強い打球を打つタイプ。詰まりながらもヒットになる頃はこの動きが出来ている。矢野監督が指導している「ツイスト打法」には納得出来る。大山は手で打つより体で打つタイプ。その打法は間違っていない。 https://t.co/RMWCE78Qn5



    矢野監督じきじきレッスン 阪神大山悠輔「ツイスト打法」で鋭い打球連発(日刊スポーツ) シンプルなフォームでポイントにバットを入れる。その感覚があれば、スランプなんてそは起こらないと思いますけどね。なぜこの経歴でフォーム作りを現時点で行わなければいけないのか?  https://news.yahoo.co.jp/articles/c9ee9fffd987860a8bd0d454b25cd9a140568ff0 


    続きを読む

    このページのトップヘ