とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ドラフト2位

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    阪神ドラフト2位鈴木勇斗投手(22=創価大)が、逆襲へ向けて新任の江草2軍投手コーチと二人三脚で基礎を見直している。3月上旬の2軍鳴尾浜球場。同コーチとバント処理、二塁送球の練習に励んでいる姿があった。ミスするたびにアドバイスをもらい、丁寧に動きの1つ1つを確認していた。

    鈴木は「不安要素を取り除く練習」だと説明してくれた。「自分はフィールディングが得意ではないので、1軍に上がれた時に不安なことがないようにやっています」。キャンプは1軍、沖縄・宜野座で1カ月過ごしたが、シート打撃で制球に苦しみベンチで涙を見せる場面もあった。プロ野球選手でなくても、新たな環境では余計な力が入ってしまうもの。「キャンプは正直、気持ちも焦っていました。先輩たちを見て、自分には足りないものが多いなと…。今は落ち着いて周りを見られるようになりました」。目まぐるしい日々が過ぎ、ようやく本来の自分を取り戻しつつある。

    何より、同じ左腕の江草コーチの指南を受けられる環境が大きい。同コーチは「バント処理とか、投げるところ以外での自分を助ける技術をもう1回、しっかりやろうと。せっかくこっちに来たので、基礎からやっていこうと」とルーキーと向き合う。フィールディングの練習に取り組むことで「体の使い方が上手になって、それがピッチングにもつながってくるんです」と制球力アップにも期待。「練習をしたら自信はつく。これだけやったら大丈夫だと思えるくらいやろうって言ってますよ」。昨年まで大阪電気通信大硬式野球部のコーチとして、学生に明るく向き合ってきた経験も若い左腕を育成する上で生きてくるはずだ。

    12日の教育リーグ中日戦(鳴尾浜)では中継ぎで登板し、1イニングを3者凡退に仕留めた。1軍デビューの日を目指し、1歩ずつステップを踏んでいく。【阪神担当=中野椋】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ドラフト2位・鈴木(創価大)が24日、沖縄・宜野座キャンプでの紅白戦に7回に4番手で登板した。先頭の近本を力勝負で二ゴロに抑えると、糸原四球のあと、ロハス・ジュニアも遊ゴロ併殺に抑え、予定の1回を無安打無失点と結果を出した。

     テーマとして掲げたのはストライク先行だった。「どんどんストライクを取っていって、打たれても抑えてもバッターと勝負していきたい」という狙いは近本にボール先行、糸原にも四球と課題をクリアすることはできなかったが、何よりほしい結果に安堵の表情だった。

     前回登板の20日中日戦では、4回から3番手として登板。四球で走者1人を許しながらも無失点に抑えた。球威は実証しているだけに、あとは制球力がポイントだ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 阪神―中日(2022年2月20日 沖縄・宜野座)

     阪神ドラフト2位の鈴木(創価大)が上々の実戦デビューを果たした。

     中日との対外試合で初登板。3番手として4回からマウンドに上がり1回無安打無失点に抑えた。

     先頭打者の石川昂に四球を献上。しかし続く平田を高めの速球でニゴロ、木下も高めの速球で左飛に仕留めた。なおも2死三塁からは阿部を低めのツーシームで中飛。打者4人に対して球数は19球だった。

     この日の最速は148キロ。15日にはシート打撃に初登板した。打者5人を相手に3者連続四球などホロ苦デビュー。前回は制球に苦しんだ新人左腕が初実戦で課題克服へ大きく前進した。




    しっかり修正しましたね。勝負はこれからです🧐 阪神ドラ2・鈴木 対外試合デビュー戦は1回無安打無失点 苦戦した15日のシート打撃から前進― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/02/20/kiji/20220220s00001173359000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     “脱カーショー”で逆襲だ。阪神ドラフト2位の鈴木勇斗投手(21=創価大)が沖縄・宜野座キャンプ休日の18日、投球フォームの変更に着手していることを明かした。実戦で露呈した制球難の改善へ、手を打った。

     「(15日の)シート打撃が終わってからブルペンでやって、良い感覚だったので続けてみようかなと思って」

     17日のブルペン投球で、本来のノーワインドアップではなくセットポジションから腕を振った。大学時代に動画を見て取り入れたカーショー(ドジャースFA)をほうふつさせる二段モーションを封印。頭上に上げていたグラブの位置も顔の前までに下げ、動きを減らした。きっかけは15日に登板したシート打撃。先頭から3者連続で四球を献上するなど、無安打投球の同期・桐敷とは対照的にホロ苦デビューとなった。

     その直後にブルペンへ直行し、セットで試投。感触が良かったため、翌日以降も継続した形だ。「金村コーチとも話をして今は(ノー)ワインドアップよりクイックからの方がボール的にも安定するので、今はちょっとずつ変えてというか。感覚が良いので続けています」。矢野監督からの「今の課題を明確に出して取り組んでいくように」との助言にも背中を押された。

     「創カーショー」の異名を取るほどストロングポイントだったフォームとの“決別”にも「二段モーションは大学の時はこだわってやっていたんですが、ちょっと変えた方がすごく良いので、変にこだわりを持つことはしないようにしている」と前を向く。17日も投球の最後は従来の二段モーションで動きを確かめるなど、試行錯誤しながらベストのフォームを探っていく。

     次回は20日の中日戦(宜野座)で対外試合デビューの予定。「打者に対して投げてみないと分からないこともあるので、いろいろ試しながら」。フォームも気持ちも切り替え、再発進する。(遠藤 礼)

     《決定!!本拠で“アゲアゲ”登場曲》“アゲアゲソング”で、背中を押してもらう。鈴木が本拠地での登場曲を人気ヒップホップミュージシャン・AK―69(エーケーシックスティナイン)の「One More Time」に決めたことを明かした。「自分が好きな曲で、聞いてテンションが上がる曲なので、決めました」。普段はジャズを好む左腕も「ジャズは落ち着く時に聞いているけど試合の時、テンションを上げたい時は激しい感じの曲で気持ちを上げていく」と選曲理由を語った。AK―69はヤクルト・山田らのプロ野球選手やリングインする前の格闘家も多く登場曲に選んでおり、ルーキーにとって、心強いBGMとなる。1年目から甲子園に響かせ、ファンを沸かせる。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神西勇輝投手が悩める新人左腕に手を差し伸べた。沖縄・宜野座の春季キャンプの15日にプロ初のシート打撃に登板したドラフト2位鈴木勇斗投手(21=創価大)は3者連続四球を与えるなど大苦戦し、悔しさからベンチで涙を流した。一夜明け、この日サブグラウンドで歩み寄ってきた左腕に「先輩に気を使って投げなくていいよ。気にしなくていい」と励ましたという。

    苦しい時の投球の意識付けについても助言を送った。「手先じゃなくて、体と足を使ってしっかり相手に投げるという意識でどんどんやればいい」。鈴木は「西さんは特にフィールディングがすごくうまくて、コントロールもすごくいい。どういう感覚でやっているのかすごく気になったので、聞きました」。左腕の質問攻めにも真剣に応じた。

    開幕投手候補の右腕は、キャンプ直前に新型コロナウイルスに感染。出遅れが懸念されたが、ここまで初日を含め8度ブルペン入りするなど、順調に調整を続ける。今季に向け「結果しか見られていないので、結果を出すしかない。そうじゃないと監督に貢献できない」と気合。ガンケルとともに、19日に今季初の実戦形式となるシート打撃に登板する予定だ。【古財稜明】





    #阪神タイガース #西勇輝 #鈴木勇斗 西勇輝が、ルーキー鈴木の不調を 案じて、助言をした❗️ 「手先でやろうとすると、うまくいかない❗️体全体で❗️」 確かに西勇輝の投球は、体をうまく 使っている❗️ 鈴木に届いたか❓ 鈴木、頑張れ❗️ https://t.co/gvXOuI5tFv


    続きを読む

    このページのトップヘ