とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ナイスピッチング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島1-5阪神>◇9日◇マツダスタジアム

    阪神秋山拓巳投手(29)が6回1安打1失点の好投で、チームトップタイの4勝目を挙げた。「とにかくストレートで押すというピッチングを心がけていた。今日はしっかりパフォーマンスが出せたのでよかったです」。今季初勝利を挙げた7月14日ヤクルト戦(甲子園)から無傷の4連勝。直球を主体に広島打線を押し込み、終わってみればピンチは2回だけ。6イニング中、4イニングを3者凡退で終わらせた。

    中11日で満を持して迎えたマウンド。前回7月28日ヤクルト戦(神宮)は、5失点しながらも大量20点の援護を受けて完投勝利。翌日に疲労を考慮され、出場選手登録を抹消された。「もちろん悔しい思いはあった。今までとの違いが、いい結果につながったかなとは思っています」。抹消期間は走り込みを中心としたトレーニングで直球のキレを出し、序盤のリードを守った。

    復活の鍵にしていたのは「17年の真っすぐ」。自己最多の12勝を挙げた17年の球速は140キロ台後半で、直球での三振も多かった。ここ2年はかわすようなピッチングが続き、投げ方が小さくなっていたことも自覚していた。「今は17年以上になれればいいですけど、やっぱり17年みたいなストレートを投げられるように」。開幕延期となった期間は、肩甲骨を中心に動かすことを意識。腕を大きく振ることを心がけ、ブルペンでも直球の質を磨くことに多くの時間を割いていた。

    矢野監督は「抹消になってからも、さらにキレが出てくるような調整をしてくれてたし、それがしっかり結果に結びついた」と評価。さらにキレを増した直球がこの日は光った。17年も7、8月だけで無傷の6勝を挙げるなど、暑さに強い「夏男」。熱のこもった投球でまだまだ白星を量産する。【磯綾乃】




    阪神秋山が4勝目「とにかくストレートで押す」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008090000986.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  良いピッチングでしたね😄🐯 鯉打線相手に1失点は立派☺️🐯 チ-ムトップタイの4勝目。 まだまだ白星を積み重ねるぜ!😲🐯



    何とか広島に一矢報いた。 6回1失点で秋山4勝目。被安打1て凄いな。 今日の大山は本塁打含む3安打2打点と久し振りに活躍してた。でもサイクルヒットにあと1安打届かなかった、というのが大山の現在地なんだなとも思ってしまった。 #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「ナイスピッチング!」。登板を終えて帰ろうとした藤浪に、三塁側カメラマン席で見守っていた福留が声を掛けた。「なんか言うてるカメラマンがおるなと思いました」。目の前を通ったが、素通りしかけて照れ笑い。明るい表情が手応えを物語っていた。

    今季初の実戦登板で、剛速球がうなった。初回先頭の松本に四球を与えたが、この1球がこの日の球場表示で最速の154キロ。石井を二ゴロに斬ると、3番王柏融は内角低めにズバッと真っすぐを決め、見逃し三振に斬った。力強い直球にカットボールを効果的に配し、カウントを稼いだ。

    「ほとんど自分のやりたいフォームだったり、体の使い方ができていると思う。まだまだ完璧ではないですけど、いい感じじゃないかなと思います」。2四球を出したが2回無安打0封。日本ハム打線は右打者を5人並べ、4人と対戦したが課題の抜け球はなかった。斎藤との夏の甲子園V腕対決で互角の0封合戦を展開した。

    ▼記事全文はこちら



    好投した藤浪投手に「ナイスピッチング」と声を掛ける福留選手です‼️🐯 #阪神タイガース #沖縄キャンプ #藤浪晋太郎 #福留孝介 pic.twitter.com/PPCWYgNQ4I



    @NikkanNaruohama ほんとにナイスピッチングだった!


    続きを読む

    このページのトップヘ