とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ノーヒット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆JERAセ・リーグ 中日3―0阪神(13日・ナゴヤD)

     阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=が「7番・右翼」でプロ初出場。デビュー戦は大野雄大の前に3打数無安打2三振だった。

     「(大野雄の球は)自分が振るバットのところには来ない。高めのボールは1打席目の外れたのぐらいで、それ以外は全部膝より下ぐらいのボールだったので、そこに何度も同じボールを投げられて、それを同じような空振りをしていたので、そこはもっと練習して対応できるようにしていかないといけないと思いました」

     プロ初打席は0―0の2回2死一塁。虎党の拍手を受け、堂々と歩みを進めた。初球、132キロのツーシームを見送ると、2球目、3球目は手元で沈むツーシームに空振り。4球目、140キロのツーシームにバットが空を切った。全4球が必殺球で空振り三振。それでも、3度のフルスイングを見せた。5回1死では低めの146キロ直球に詰まって一ゴロ、8回先頭では136キロのツーシームで再び空振り三振に倒れた。

     阪神の高卒新人野手の初出場初スタメンは68年の川藤幸三以来球団52年ぶり。出場だけでも97年の浜中治以来球団23年ぶりだった。同年の浜中以来となる初安打とはならなかったが、豪快なフルスイングに誰もが夢を見た。

     ◆井上 広大(いのうえ・こうた)2001年8月12日、大阪・大東市生まれ。19歳。南郷小2年から少年ソフトボールチーム「ANTブルージェイズ」でプレー。南郷中では「東大阪リトルシニア」に所属。履正社高では1年夏からベンチ入りを果たし、1年秋からレギュラー。3年夏の甲子園で4番として初優勝に導いた。19年ドラフト2位で阪神入団。187センチ、97キロ。右投右打。年俸720万円。




    「井上広大」って名前が4番よな



    祝!井上 広大くん初スタメン。 一流の洗礼に手も足も出ず https://t.co/gvUSFDISOp


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人1-0阪神」(18日、東京ドーム)

     阪神・大山は4打数無安打に終わった。1点を追う九回2死から3番サンズが四球。4番のバットに一打逆転の期待は高まったが、二飛に打ち取られた。

     阪神は巨人の2安打を上回る3安打を記録したが、巨人の4番岡本の一発に泣いた。先発・高橋の7回2安打1失点の好投を見殺しにしてしまった。




    まけほ。 4番の差で負けたな。 阪神は大山が最後のバッターやしな。 この差は大きい。 一昨日の試合の初回の無死満塁の併殺打といい、今日といい、4番としては物足りない。 やればできる子ではなく、ここという時にやるのが4番打者やで‼️ 相手のエースを打ってこその4番やねん。 ほんま頼むわ。



    そろそろ大山くんに危機感って言うものを与えなあかんと思うなぁ、4試合ノーヒット流石にダメやぞ。打率去年より悪くなってるしな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-2広島>◇16日◇京セラドーム大阪

    阪神熊谷敬宥内野手は2年ぶりのスタメン起用で失策を記録した。

    「8番二塁」で18年7月3日中日戦以来の先発出場。1回表1死一塁で3番長野のゴロを二塁に悪送球した。このピンチは先発秋山が耐えたが、打っても2打数無安打で7回に代打を送られた。




    熊谷も最初のエラーからは修正して捌いてた 植田もサッと変わっていきなり合わせるのが難しかったようだ



    木浪が一年で劇的に守備を向上させてるって例があるだけに何年もチームにいる北條植田熊谷がしょうもないエラー続けてるの見ると少なからず本人達の怠慢が招いた状況なのかなって思ってしまう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「阪神-中日」(12日、甲子園球場)

     連敗中の阪神が中日の先発・笠原の前に、3点ビハインドの五回まで無安打と攻略の糸口がつかめない。

     試合は初回、メッセンジャーの暴投と梅野の送球エラーで1点の先制を許すと、四回にはビシエドに2ランを浴び、3点のリードを許す。

     一方、打線は「1番・中堅」で5試合ぶりにドラフト1位・近本(大阪ガス)を起用。ナバーロが外れ、「6番・一塁」には中谷が入った。また、「7番・遊撃」で北條が出場。大幅に組み替えて臨んだ。三回に北條、四回に糸原、五回に再び北條が四球を選んで出塁したが、後続が倒れ、得点圏にすら走者が進められていない。

     スタンドからは凡打を繰り返す選手に向けて、「帰れ!」と痛烈なヤジが飛ぶ場面も。前夜は大山、近本にソロ本塁打が飛び出したが、タイムリーは9日・DeNA戦の八回、梅野の適時二塁打が最後。苦しい展開が続いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000127-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ