1


阪神青柳晃洋投手(26)の好投が7回の逆転劇を呼び込んだ。1点を追う、その回の攻撃。1死一塁で打席を迎える際、代打福留を送られた。ベンチで懸命に声援を送った。視線の先で、北條が逆転打を放った。6回2安打2失点でリーグトップタイの4勝目。「逆転してくれた野手の方々に感謝です」。打線に感謝の言葉を述べたが、青柳の奮投が試合をひっくり返す流れをつくったといっても過言ではなかった。

序盤は苦しんだ。2回2死一塁から8番木下拓に四球。さらに投手の大野雄にも四球。2死満塁から1番井領に中前2点打を打たれた。立ち上がりは制球を乱す場面が目立ち、2回まで39球も費やした。1週間前の同じ中日戦では2回まで26球で無失点と抜群の立ち上がりで流れを呼んでいただけに、対照的に映った。

だが、3~5回の3イニングで39球。3~6回の4イニングは打者12人連続アウトと完璧に封じた。4回には石川昂の打球を受けるシーンもあったが動じず、しっかりと試合をつくった。振り返れば、6回まで18アウトのうち、犠打をのぞいて三振とゴロで15アウトを稼いだ。

「立ち上がりからボールが先行してしまい、無駄な四球を出してしましたが、そこから何とか修正することができました」。昨年は9勝9敗。貯金をつくれず、2ケタに1勝届かなかった。今季、常に登板する試合について「全部勝つつもり」と公言する。登板5試合はいずれもカード初戦で4勝1敗。防御率も1・80。虎党の柱の1人として背番号50が腕を振り続ける。【松井周治】




青柳さん4勝目マジで嬉しい、このまま突き進め



青柳さん4勝目 これはもう勝ち頭


続きを読む