とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ピアース・ジョンソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    元阪神でパドレスのジョンソンにインタビュー「阪神タイガース、頑張って」

     元阪神でパドレスのピアース・ジョンソン投手がFull-Count編集部のインタビューに応じ、古巣・タイガースへの思いを語った。阪神では2019年に58試合登板してリーグ2位の40ホールド、防御率1.38。中継ぎの柱として鮮烈な輝きを放った右腕は、インタビュー前編で日本野球から学んだことや思い出などの“タイガース愛”を大いに語った。


    ◇ ◇ ◇ ◇

     阪神を退団して2年。「PJ」ことジョンソンは異国の地で学んだことについて「また野球を好きになったんだ」と熱い口調で切り出した。一投一打に対して黙々とひたむきに努力する。甲子園で汗を流したことが今のメジャー生活を支えているという。

    「懸命に努力し、楽しみ、そして自分の能力を信じた。そのおかげで良いピッチングをすることができて、それがまた自分に自信を与えてくれた。こっちに戻ってきてからも、また自信を持って投げることができているよ」

     昨季限りで引退した藤川球児氏や、中日へ移籍した福留孝介外野手。阪神にいた両ベテランとは元カブス選手という縁があった。阪神移籍直後に大いに助けてもらったという。「日本に来た時、コウスケさんとキュウジさんが僕の生活をすごく楽にしてくれた。とても親切にしてくれたから。あらゆることで助けてくれた。本当に素晴らしい人たちだ」。特に同じリリーバーだった藤川への思いは深いようだ。

    阪神退団から2年も深い愛「チームメートと一緒にいるのが大好きだった」
    「キュウジさんとは今も連絡を取っているよ。夕食に連れていってくれたり、毎日とても優しくしてくれて、たくさん話をしたんだ。ロッカールームが近かったからね。単純に彼が投げているところを見るのが大好きだった。キャリアを通してとても成功していたし、何よりファンが彼を愛していた。レジェンド。阪神タイガースのレジェンドだ。素晴らしいキャリアを送ったキュウジさんのことをとても嬉しく思うよ」

     現役の阪神選手とも交流している。「ウメノさん、ニシさん、シマモトさん……。あと他に数人と連絡を取っている。インスタグラムでフォローしている人もたくさんいる。それから通訳のマサタカ・クリヤマさん。彼とはいつも話している。選手のこととか、彼らがどうしているかとか、通訳を介してコミュニケーションを取っているよ」。仮にタイガース復帰となっても、今すぐチームに溶け込むことができそうだ。

    「チームメートと一緒にいることが大好きだった。毎日練習して、走って、キャッチボールして、競争して。思い出を残せる写真をたくさん持っているんだ。素晴らしい時間だったよ。彼らと一緒にいることが本当に楽しかった」

     もちろん阪神ファンへの思いもある。ファンへのメッセージを求めると、熱く切り出した。「阪神タイガース、頑張ります。頑張って! 全力を尽くして。いつも応援しているよ。僕は猛虎魂を持っている。グッドラックみんな! いつもチェックしているよ」。パドレスはポストシーズン進出争いの真っ只中。リーグ優勝争いをする阪神に負けじと右腕を振っていく。




    PJ元気で何よりだ🐯🏟⚾ 【MLB】日本の経験で「また野球を好きになった」 元阪神ジョンソンが語る猛虎愛と感謝(Full-Count)  https://news.yahoo.co.jp/articles/1a1cef0e0ff46e9dbe32ec481cb7654792b046e9 



    いつでも帰ってきてくれてええんやで 【MLB】日本の経験で「また野球を好きになった」 元阪神ジョンソンが語る猛虎愛と感謝(Full-Count) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1a1cef0e0ff46e9dbe32ec481cb7654792b046e9 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     侍ジャパンの一員として東京五輪を戦っている阪神の梅野隆太郎捕手(30)が29日、自身のインスタグラムで“あの助っ人”との交友を明かした。19年まで在籍し、現在はパドレスに所属しているピアース・ジョンソンが梅野のオリジナルTシャツを着用している写真をアップ。「team umenoTシャツ送ってあげたらウメノサーン、メッチャアリガトウって動画くれた」と報告した。「PJ」の愛称で、阪神ではセットアッパーとして無双していた右腕の梅野への信頼は厚く「あれだけワンバウンドを止めてくれたら、腕を振って投げられる」と再三、虎の正捕手のブロッキングを絶賛。今でも変わらぬバッテリー愛をうかがわせる投稿だった。




    梅野がPJにTシャツ贈ってたのか PJはしゃいでるしイイネ・



    PJ今年だけでも帰ってこん? 侍ジャパンの梅野が19年まで在籍あの助っ人と久々バッテリー“結成” - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/29/kiji/20210729s00001004396000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2019年にセットアッパーとして阪神のブルペン陣を支えたピアース・ジョンソン投手。58試合に登板し、リーグ2位の40ホールド、防御率1・38の好成績を残した。

     同年オフ、育児や家族との時間を優先するためパドレスと2年契約を結んでメジャーに復帰。コロナ禍で短縮シーズンとなった1年目は24試合の登板で3勝1敗、防御率2・70と結果を残した。今シーズンはダルビッシュと同僚となり、3月16日のホワイトソックスとのオープン戦で内転筋を痛めて負傷者リスト入り。開幕メンバーからは外れたが、4月14日に戦列復帰を果たした。

     直後は故障の影響からか本来のパフォーマンスを発揮できていなかったが、5月に入ると12試合の登板で1勝、防御率0・84と圧倒的な成績を残し、ナ・リーグ西地区で首位に立つチームに大きく貢献している。

     阪神時代は150キロ超のストレートに加え、大きくタテ割れするパワーカーブが魅力だった右腕。スタットキャストによると、現在はカーブ(74・1パーセント)とシンカー(25・5パーセント)の2球種のみを駆使し、16イニングで24奪三振と日本でプレーした時と同様に高い奪三振率を誇っている。阪神の渉外担当者が「あのカーブは大きな武器になるよ」と獲得直後に語っていた通り、右腕にとって無くてはならない武器となっている。

     2020年3月にデイリースポーツのインタビューに応じた際には「息子が未熟児で生まれ、合併症で新生児用集中治療室に入らなければならなかった。とてもつらい思いをしました。僕にとって一番大切なのは家族。みんなで一緒にいることは重要」と米球界復帰の真相を明かしていた。その上で「バックが本当にいいプレーをした。ウメノ、チカモト、キナミ、ホウジョウ、オオヤマ…みんなが僕を助けてくれた。キュウジ(藤川)とコウスケ(福留)が僕の知らないことを英語で教えてくれた。新しい環境にうまく順応できたのは、2人の存在が大きい」とチームメートに感謝していた。

     そしてファンにも「ファンの皆さんは僕を日本人選手と同じように歓迎してくれた。感謝の気持ちしかない。ガンバリマス!」と奮闘を誓っていたジョンソン。奇しくもパドレスと同様に阪神も現在、セ・リーグ首位に立っている。在籍はわずか1年だったが、虎に大きなインパクトを残した右腕。今は海の向こうで懸命に腕を振っている。




    もはや懐かしい。 そりゃ絶対に活躍するよな。 頑張って下さいね👍✨ 元阪神のピアース・ジョンソンは今?ダルと同僚で欠かせないブルペン陣の一員に  https://www.daily.co.jp/mlb/2021/05/31/0014375263.shtml 



    いつでも戻ってきてくれてエエんやで🙆 元阪神のピアース・ジョンソンは今?ダルと同僚で欠かせないブルペン陣の一員に(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b143da94ebea59002c3c5f6baa739c5091c858b5 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    元阪神のMLBパドレス所属PJことピアース・ジョンソンさんが
    5/10に30歳の誕生日を迎えました。おめでとうございます。





    PJおめでとう! また阪神に来てくれてもええんやで(笑)  https://twitter.com/padres/status/1391829032757456896 



    誕生日おめでとうございます m(_ _)m  https://twitter.com/Padres/status/1391829032757456896 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ここ数年、日本に来る助っ人の契約形態に明らかな変化が生じているという。プロ野球球団で長く渉外担当を務めてきた関係者は「最近は向こうから来る選手側の要望で単年契約にすることが多い。やっぱり阪神のジョンソンやドリスの成功例があるからかな」と明かす。

     ほんの10年前まで、日本に来る助っ人は複数年契約を要求するケースが多かったという。だが日本の球団からすれば、異国の野球に適応できるか、日本の配球パターンや生活面に対応できるかを判断する必要がある。

     メジャーで実績のない選手は基本的に単年契約となり、2年目は球団側が選択権を持つバイアウト契約という形が主流だった。しかし今では「こちらからバイアウトを打診しても断られるケースが多い。それだったら日本に行かない」と同関係者。“逆輸入”で成功した実例が選手の意識を変えたという。

     2019年に阪神に加入したピアース・ジョンソンは不動のセットアッパーとして58試合に登板。2勝3敗40ホールド、防御率1・38と圧倒的な成績を残した。同年オフ、2年総額500万ドルでパドレスと契約。1年間、日本で活躍したことで報酬はほぼ2倍になった。

     また阪神で通算96セーブをマークしたドリスは2016年の入団まで、2年間、メジャーの舞台から遠ざかっていた。当初は阪神でも“第5の外国人”扱いだったが、頭角を現して守護神に定着。19年限りで退団すると、昨年2月にブルージェイズと年俸100万ドルでメジャー契約を締結。13年以来のメジャー復帰を果たすと、60試合制のシーズンでは24試合に登板し2勝2敗5セーブ、防御率1・50という成績でブルペン陣を支えた。

     メジャーでは泣かず飛ばずでも、日本で活躍することにより、より良い契約を結ぶことができる。巨人で実績を残したマイコラスや、中日に在籍した19年に41ホールドをマークしたジョエリー・ロドリゲスも2年でメジャー復帰し、昨季はレンジャーズで活躍。“逆輸入方式”は今、日本に来る助っ人の主流になりつつある。

     阪神の新外国人・ロハスとアルカンタラは、2年目に選手側が選択権を持つ契約になっていると米メディアで報じられた。日本で活躍し、メジャーで大型契約を結ぶ-。そんな野望を持った助っ人たちが、どれだけ活躍できるか注目だ。




    阪神タイガースファンの方々は複雑な心境だろうな?(笑) dメニューニュース:新助っ人たちが狙う「逆輸入方式」元虎戦士らの成功例(デイリースポーツ)  https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210116108?fm=twitter 


    続きを読む

    このページのトップヘ