とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ファンに感謝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト0-6阪神」(22日、神宮球場)

     阪神が連敗を4で止め、ビジターの今季初勝利を挙げた。エースの青柳が自身3年ぶりとなるプロ2度目の完封勝利。打線も初回に4番・大山が先制の3号2ランを放ち、七回にはロハス・ジュニアの3号3ランなどで4点を追加した。試合後の矢野監督はスタンドからの大きな声援に、「この1勝だけでもこんだけ喜んでくれるんやな」と感謝の思いを口にした。以下一問一答。

     -青柳が快投。

     「振り返ってみれば初回が大きいなと。先制した中でピンチを迎えて粘ってくれたというのが、その後にもつながったし。その後はヤギらしくテンポ良く、特に後半になればなるほどゴロを打たすというね。もちろん大事なところで三振というのもあったけど。初回が大きかったんじゃないかな」

     -七、八、九回の三者凡退も簡単ではない。

     「流れのまま、疲れも出る中でより丁寧にというような感じでいけた。また、ちょっと緩いボールも使ったりとか、そういうところの青柳のバリエーションというか幅というか、そういうものは身についてきているからかなと思っています」

     -この2試合はエースと呼べるような投球では。

     「まあ2試合でね、エースとは言われないんで。やっぱりシーズンが終わった時に『去年最多勝を獲って、今年もヤギやったな』となれば。もちろんシーズン終わった時にエースと言ってもらえる、2試合ではエースになれないんで。でもそれに値するようなね。まあアイツも開幕に出遅れたっていうのは悔しい思いでやってくれてるし」

     -初回に大山が先制弾。

     「あそこから結局、点が入らないっていうのが嫌な流れではあったけど。一気に流れを持ってくるというところでは2本のホームランっていうのは大きかったし。テルも内容がいい感じで、きょうのバッティング練習から良かったんでね」

     ービジターで苦しい試合が続いたが、きっかけになる勝利。

     「まあね、カードの頭でしっかりいい流れをヤギが作って、バッター陣もちょっと乗っていけそうな部分も出つつあるような試合を作ってくれたし、今もね、神宮だけかな、こう球場の中を通ってね。もちろん負けたときは野次られることもあるけど、この1勝だけでもこんだけ喜んでくれるんやなと俺もそこは感じたし、またそういうところから、もちろん、俺らも諦めてるわけないし、ファンの人も諦めていないっていうのを俺も感じられたので。あそこを通るのはもちろん、負けたときは嫌なときもあるんだけど、こうやって勝つことですごく喜んでくれるというのを俺自身、改めて実感できたので。そういうところで元気もらえたんで。全員で勝つっていう、そういうところを見せていきたいなって改めて感じています」




    試合後、ほとんどの阪神ファンが矢野監督に拍手を送っていた。少しウルっと来た🥲 #青柳晃洋 #阪神タイガース



    やっと、やっと、やっと、やっと、やっと4勝目! やっと、やっと、やっとビジター11連敗ストップ! 青柳くんナイス完封やけど、プロ入り2度目の完封? ( ̄▽ ̄;) いかに矢野監督が完封・完投させずに降ろしてたか実感できるなぁ~…。 連敗ストップ!ありがとう! #阪神タイガース #青柳完投  https://twitter.com/nikkan_yakyuude/status/1517475916955656192 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神7-5DeNA>◇25日◇甲子園

    阪神が12球団最遅となるシーズン25試合目で初の逆転勝ちを収めた。1点ビハインドの7回。陽川尚将内野手(29)の絶妙な犠打から好機を作り、ジェリー・サンズ外野手(33)のバックスクリーンに飛び込む決勝2ランが飛び出した。

    チームは7度目のカード勝ち越しを決めて貯金11。2位ヤクルトと3ゲーム差で首位をがっちりキープした。

       ◇   ◇   ◇

    矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

    -大変な試合だった

    バタバタしたところもありましたけど、全員で粘ってやりました。

    -佐藤輝の豪快な1発があった

    追い込まれてのカーブだったかなと思いますけど、ああいうところでね、ホームランっていうのは佐藤の、テルの魅力。彼らしい、いいホームランでした。

    -ガンケルは中盤から揺らいでしまった

    まあそれでもナイスピッチングじゃないですかね。あの展開で投げていって、ずっといいピッチングをしてくれている。バッティングもいいバッティングをしてくれました。しっかり仕事をしてくれたと思っています。

    -5回は代打も考えられる場面

    打ってくれと思ってガンケルを立たせているわけではないですけど、ガンケルがしっかり打ってくれたっていうのはプラスアルファのラッキーなところ。ガンケルはもともとバッティングがいいんでね。そういうところはよくやってくれました。

    -勝ち越しにつなげたのがサンズの1発

    ほんとにね。タイムリーとは思いましたけどね。最高の形でホームランにしてくれた。次にいくピッチャーが多少の余裕をもっていけるような。また、相手にダメージを与えるホームランになったと思います。

    -この後は甲子園無観客。最後にいい勝ち方

    少ない中でも入ってもらえるっていうのはやっぱりすごく盛り上がるし、パワーになるんで。ただこんな状況でもやらせてもらえるというか、続けさせてもらえるんでね。苦しいときにある意味楽しみっていう野球をやることでメッセージみたいなものが、また送れたらいいなと。早く明けてそういう日が来るまでまず我慢してもらって、自分たちの野球から元気づけていきたいと思います。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74b53b4bda42125bab95f3bd0d15448ad30f8d8a


    🐯とらほー♪ 今日はシーソーゲームのようでしたね😃 接戦モノにできて良かった良かった。 しばらく甲子園では無観客だから、お客様の前での(取り敢えず)最後の試合、勝ち星取れて良かったですね😀😊✨



    ベイスターズに勝ち越し!甲子園無観客試合の前に勝ててよかった!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神ファン感謝デー>◇5日◇オンライン

    今季限りで現役引退した阪神の藤川球児氏(40)が5日、オンラインで行われたファン感謝デーでラストメッセージを送った。

    イベントの最後に映像で登場。11月10日に甲子園で行われた自身の引退試合について振り返った。「グラウンドを1周している途中から、だんだん終わりから次の人生の始まりを感じていて」。グラウンドでお辞儀をした際に、こみ上げるものがあったといい、「これは抑えるべきなのか、出すほうが美しいのか考えたんですけど、出しちゃだめだなと思って」と涙をこらえたことを明かした。

    22年間の現役生活に終止符を打ち、今後について以前から語っていた「陶芸家」への道の近況を報告。「焼き物を焼いたりとかはしようと思っています。今(アトリエを)建設中ですから。2年後に完成します」。穏やかな表情で、最後はファンへ感謝のメッセージを温かな言葉で送った。

    「長い間本当にお世話になりました。コロナのこともあって、今年はファンの皆さんも本当に大変なシーズンだったと思います。私生活でも非常に苦しかったと思います。来年どうなるか分かりませんけれど、コロナが抜けてればいいし、そういう制限のある生活の中で阪神タイガースもまたさらに頑張ってくれると思います。そして僕自身も皆さんに、希望、夢、そういうものを感じてもらえるような2021年度を迎えたいと思いますので、もしよろしければ僕のほうにも興味を持ってもらえるとありがたいと思います。長い間応援、本当にありがとうございました」




    陶芸?子供の頃にやたら砥部焼を見に行ったことを思い出した。同世代的にはやっぱり砥部焼と砥部動物園なのだろうか? 藤川球児氏ファンへ感謝の言葉…今後は陶芸家の道へ(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8e5428745f7b2300b35ff839f8279f4a3589a11a 



    藤川球児氏ファンへ感謝の言葉…今後は陶芸家の道へ #SmartNews へ〜😳そういや、千代の富士も陶芸やってたっけ🤔アスリートの集中力が陶芸にも活かされるんかな😌第二の人生、楽しんでください☺️  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012050000358.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ