とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    フェニックス・リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇みやざきフェニックス・リーグ 阪神―DeNA(2021年10月31日 アイビー)

     この日合流して先発した阪神・ガンケルは3回2安打無失点。CSに向けて順調な調整ぶりを示した。

     持ち味の丁寧にコースを突く投球で、ゴロアウトを積み重ねた。初回2死では伊藤裕にバットを折りながら左前打を浴びたが、続く小深田を再びバットを折っての二ゴロに仕留めるなど球威も十分だった。

     最後まで二塁を踏ませることなく、危なげない投球で調整登板を完了。今季10勝を挙げた助っ人右腕は、ポストシーズンでも頼りになりそうだ。




    万全な状態をアピールです。 阪神・ガンケル フェニックスで先発し3回無失点 CSに向けて調整順調― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/31/kiji/20211031s00001173345000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「フェニックス・リーグ、阪神-DeNA」(31日、アイビースタジアム)

     阪神の佐藤輝明内野手が、フェニックス・リーグ初安打となる左前適時打を放ち先制した。

     2試合連続で「4番・右翼」でスタメン出場。初回2死二塁。有吉が投じた初球、142キロの直球に反応した。打球は左方向へ高々と上がり、風にも流されて右前にポトリ。その間に二走・小幡が生還して1点を先制した。

     前日30日の試合後には「いい調整をしてクライマックスに臨みたい」と話していた。




    サトテル先制打キター♪───O(≧∇≦)O────♪ #フェニックスリーグ #阪神タイガース #佐藤輝明


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇みやざきフェニックス・リーグ 阪神6-1ヤクルト(2021年10月30日 西都)

     この日から宮崎に合流した阪神・佐藤輝は4打数無安打だった。初回無死三塁で木澤の前に空振り三振を喫し、8回1死二塁では左腕・久保のスライダーにタイミングが合わず2つ目の三振を記録。3回2死では木澤の初球カットボールを捉えたが、あらかじめ一、二塁間を狭めるシフトを敷いていた二塁手の好守に阻まれた。

     「いいところも悪いところもあるし、そこはしっかり考えながら。(内容は)企業秘密です。結果が出るに越したことはないですけど、その中でもいい部分はあったので、そういうところはしっかりプラスに捉えてやっていきたいと思います」

     前向きに捉えた佐藤輝について、平田2軍監督も「いい当たりもしてたし、今日練習もよかったやん。そりゃ結果は欲しいだろうけど、今は結果がどうのってために来ているわけじゃなく、調子を上げたりそういうゲーム勘を上げるために来てるんでね。ヒット出なかったからどうのじゃない、その辺は全く問題視してない」と高い評価を与えていた。




    貴重な実戦機会の場。まだCSまでは調整の時間が残されています。 阪神・佐藤輝 宮崎での初戦は4打数無安打2三振も「いい部分はあった。しっかりプラスに捉えて」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/30/kiji/20211030s00001173458000c.html 



    @SponichiHinata 焦らず焦らず


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇フェニックス・リーグ 阪神9-1西武(2021年10月28日 南郷スタジアム)

     4回から9回まで投げ抜いた阪神の3番手・西純は、6イニング全てで安打を許すなど8安打を浴びながらも、7三振を奪うなど要所を締めて1失点。フェニックス・リーグでの最終登板を終えた。

     「このフェニックスでの課題は三振をイニング数と同じくらいか、それ以上取るってことで、そこをクリアできたのはよかった」

     投球フォームを固めることを同リーグでの最大のテーマに掲げ、課題に取り組み続けた。「投げやすい、スムーズなフォームを意識してやっていて。まだまだ安定はしていないですけど。真っすぐに関しては『全然大丈夫』って安藤投手コーチに言われて」と3度の先発機会を経て収穫を得た。残る課題は自身の中で明白だ。

     「変化球の時にいかに真っすぐ(のフォーム)に近づけられるかってところがまだまだなんで。11月、12月としっかりやって、自分のものをつくっていければ」

     平田2軍監督も「まだまだ純矢の今年のいい時に比べると物足りない。この辺はもっともっとフォーム固めと精度を上げる課題が見つかってるやん。森木も入ってくるし来年3年目、いよいよ上でぼんぼん投げてもらわないと困るピッチャーなんでね。そういった意味では物足りん。(今は)物足りなくてええねん」とハッパを掛けた。飛躍を期す入団3年目へ。「もう(来季への戦いは)始まっているんで」と若き右腕は力を込め、チームバスに乗り込んだ。(阪井 日向)




    西純、投球後にまた帽子落とすようになってるなぁ。 気が散るしメリット無さそうだから、ちゃんとしたサイズの帽子被ったほうがいいと思うな。 「落ちてる1円玉は拾うな」の理論だ!😤 (1円玉を拾うには2円分のカロリーが必要) 違うな😅



    西純1軍でみたい〜


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:西武-阪神>◇28日◇宮崎・南郷

    阪神村上頌樹投手(23)が中継ぎで1イニングをピシャリと抑え、クライマックスシリーズのブルペン入りへアピールした。

    1点リードの3回に登板。遊ゴロと連続三振で難なく役割を果たした。「久々の打者との対戦でストライク先行でいくと決めていたのでそれができて良かった」。ウエスタン・リーグでは主に先発だったが、14日に出場選手登録された際にはブルペン待機だった。「急に肩をつくる準備や気持ちの上げ方が難しかった」。1軍での経験を生かし、フェニックスリーグで向上を図る。




    右肘痛から復帰の西勇輝投手は予定の2イニングを投げて2安打無失点で降板。 初回は2安打で一、三塁のピンチもしのぎ、2回は3者凡退。31球を投じました。 3回からは村上投手が登板。 pic.twitter.com/zadAblZamn


    続きを読む

    このページのトップヘ