とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    フェニックス・リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:阪神1-1ロッテ>◇23日◇宮崎市清武SOKKENスタジアム

    高卒2年目の阪神小幡竜平内野手が左腕キラーになっている。ロッテ戦は「3番一塁」で先発。第1打席で育成左腕の本前の内角球を左翼線に運んだ。

    ここ3試合で6安打で、うち5安打が左腕から。「左が嫌だというイメージは特に持っていない。左投手からヒットが出るというのは、しっかり自分のポイントで呼び寄せて打てている」と分析した。




    小幡大化けしそう



    髙山はモデルチェンジしながら率を残したし北條は一塁に取り組んでいる 小幡井上ら若手は言うことない 島田熊谷植田はとにかく打ってくれないと話にならないので頑張れ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇みやざきフェニックスリーグ ロッテ1―1阪神(2020年11月23日 SOKKEN)

     21日から宮崎組に合流した阪神・坂本は、明確なテーマを持って課題に取り組んでいる。「5番・指名打者」で出場したこの日も、7回に均衡を破る中越え適時二塁打を放って3試合連続安打をマーク。若手主体のメンバーで貫禄を見せつける快音に聞こえるが、本人は試合後、強く首を振った。「感覚的には全然良くないですね…」。掘り下げれば、宮崎ではタイミングを若干早めたボールの待ち方に挑戦していることを明かした。

     「1発でまっすぐを仕留めたり、速いボールはチームとしても課題。打席でできるできないで違うので」。1軍が主戦場だった今季は、出塁に重きを置き、逆方向やボールの見極めに有効な待ち方で投手に対峙してきたという。それでも、投球の主体となる直球を打ち返さないことには、他球団のエース攻略もままならない。巡ってきた南国での実戦機会を課題克服に充てているが、簡単ではない。

     3試合で記録した4本の安打は左翼に3本、中堅に1本。タイミングを早めているため、ある意味、当然の結果と言える。ただ、本人が目を向けるのは過程の部分。「シーズン中よりポイントを前に出して仕留めにいってるんですけど、カウントが進むと打席の中で不利な状況が増える。(前に)飛んでる分には良いんですけど、仕留めてると思ってて、ファウルになってる。この打ち方してると、レフトにしか飛ばないし、シーズン中にボール見たりとかができない。打席の中でここは速い球打ちに行く待ち方とか、次は遅い球とか、方向変えて敏感にできたら良いんですけど。器用じゃないんで」と悩ましげだ。

     「この待ち方でシーズン中みたいなボールの待ち方ができれば良いし、できなければ来年のシーズンもそこからスタートしないといけないし」。元々、インサイドワークに定評があり、投手陣からの信頼も厚い。打撃で進化を見せれば、正捕手の梅野を一気に脅かす存在になり得る。

     宮崎で“答え”は出るか。残り5試合、背番号12にとって1球も無駄にできない打席が続く。 (遠藤 礼)




    今日は坂本選手を取材しました!わずか3分の取材時間でしたが、丁寧に現在の取り組みを教えてくれました。 阪神 快音にも首かしげ…坂本の南国での密かな“挑戦”― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/23/kiji/20201123s00001173390000c.html 



    流石に一軍選手やな坂本誠志郎


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、ロッテ1-1阪神」(23日、SOKKENスタジアム)

     試合を終え、阪神の平田2軍監督が取材に応じた。先発し、5回3安打無失点と好投した川原陸投手について序盤から全力投球で挑んだ姿勢を含めて評価。その上で、上積みを期待してユニークな激励をしていると明かした。以下、一問一答の要旨。

     -久々に先発の川原は安定していた。

     「やっぱり気持ちが入ってたな。去年も今年も2年間(怪我で)残念だった。西と及川と川原を2軍のローテーションでなんとかって思ってたけど、今年1年投げれなかった。そういう悔しさがかなり出てたマウンド」

     -内角攻めが多かった印象がある。

     「配球うんぬんより、とりあえず80球いけるところまでっていうことにしていた。初回から全力でいけって言って、3回からちょっとスピード落ちたけどそれでええねん。どれだけめいいっぱい初回のトップバッターからいくかっていうところ。そういう気持ちが出てた。まだまだインコースのボールがどうこうとかいうレベルじゃない。ただ気持ちで押しこんでんねん。ロッテのバッターは詰まったりしてた。まだまだそこからよ。そういった意味ではフェニックスで3回目の登板で、今年の反省とか気持ちが出てるよ」

     -テンポの速さは持ち味。

     「まぁまぁテンポだけ。及川もこの前からテンポを良くしろって課題を出した。スライダーでストライクが取れるようになってる。公式戦に投げさせていた頃はただ投げてただけだけど、故障中にインターバルピッチングを安藤コーチがさせた。走らせて、投げさせて、また走らせて。下柳がやってたようなこととかいろんなことをやったんで、こういうゲームに投げることに飢えていたと思うよ。だめだったら長崎に帰ってちゃんぽん屋やれって言ってんねん。金出したるよ。もうけはこっちや。まだまだ緩めないこっちは。お子ちゃまよ」

     -及川、西が入ってきて一層成長しないと。

     「そう、だから俺は陸にすごく期待してたところだから。それを裏切ったのは、少々じゃ合格点を出さない」




    いいね川原くん! 阪神 川原が好投&坂本が貫禄の一打も9回に追いつかれ引き分け(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201123-00000182-spnannex-base 



    阪神 2年目左腕の川原が5回零封でアピール Pリーグ・ロッテ戦― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/23/kiji/20201123s00001173263000c.html  来たよ!😁🐯 そうや! 阪神の左腕にはこの投手がおる! 一軍での左腕不足を救って下さいよ!😄🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、ロッテ-阪神」(23日、SOKKENスタジアム)

     フェニックス・リーグ第4クール3戦目。阪神の先発マウンドには川原が上がる。また、打線では前日の試合で3安打を放った小幡を「3番・一塁」で起用。井上は「4番・左翼」で出場している。

     試合開始は12時30分を予定。両チームのスタメンは以下の通り。

     【阪神】

     1番・三塁 熊谷

     2番・右翼 島田

     3番・一塁 小幡

     4番・左翼 井上

     5番・DH 坂本

     6番・中堅 小野寺

     7番・捕手 片山

     8番・遊撃 遠藤

     9番・二塁 植田

        投手 川原

     【ロッテ】

     1番・左翼 宗接

     2番・中堅 高部

     3番・一塁 山口

     4番・捕手 佐藤

     5番・遊撃 茶谷

     6番・三塁 松田

     7番・右翼 高浜

     8番・DH 江村

     9番・二塁 西巻

        投手 本前




    3番小幡ええやん 大きく育て



    3番ファースト小幡か


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/23(月) 08:16:59.08 ID:FVn+mNUk0
     阪神・井上広大外野手(19)が22日、バックスクリーン右へ推定125メートル弾を放った。今リーグ3発目で5試合連続安打、出塁率も4割近くの数字を残すなど、南国で進化を遂げる未来の大砲。西純矢投手(19)はプロ入り後最長となる7回を投げ2失点。小幡竜平内野手(20)も3安打と、若虎たちが成長の足跡を残している。

     軽く振り抜いたように見えたが、中堅方向へ大きな放物線を描いた。推定125メートル弾。本塁打を確信した井上がバットを投げてダイヤモンドを一周する。「追い込まれていたので、なんとかコンタクトをしようと思って振り抜けた」。本人も手応え十分の一撃が、決勝アーチとなった。

     同点の四回。第1打席は見逃し三振に倒れていただけに「なんとしてもやり返す」と決意を秘めて打席に向かった井上。カウント2-2から左腕・王彦程が投じた外角カーブにうまく合わせた。バックスクリーン右に飛び込む勝ち越しソロ。リベンジを達成し、思わず笑みがこぼれた。

     「あの打席はどんどん初球から振ってタイミングを合わせられた。それが良かったかなと思います」

     フェニックス・リーグに入ってから井上が意識していることがある。それはボールの目付けだ。「追い込まれる前と追い込まれてからで目付けの位置を変えたりしている」。具体的なポイントについては「内緒です」と笑って明言を避けたが、結果に結びついてきている。

     打率は・244だが、出塁率で見ると・392。チームトップの9四球を選ぶなど、選球眼の良さも際立つ。1年目のウエスタン・リーグでマークした出塁率は・307。宮崎入りしてからは1割近く数字を上げている。

     目付けを意識するようになったことで「だいぶ(打席で)余裕を持てるようになった。目付けの位置を変えることで、良い方向に進んでいるのかなと思います。前だったら振ってたなというのがあったので…」。打席数を重ねるたびに、自信を深めている。

     この日は本塁打以外は安打が出ず、4打数1本塁打。試合後はフェニックス・リーグの公式インスタライブに西純と出演。今季28本塁打を放った大山の名を挙げ「聞いたことに対して何でも応えてくれる本当にいい先輩。これからもついていきたい」と虎の4番に“弟子入り”を志願だ。

     南国の地では残り6試合。「ここで結果を残して(宜野座キャンプに)呼ばれるように。開幕1軍で1年間戦力になれるように頑張ります」と来季の抱負を語った井上。飛躍につなげるために、確かなきっかけをつかむ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67f26643d8581a08a9c397a04ad6f45d3f00fdcf

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/23(月) 08:17:40.96 ID:FVn+mNUk0
    大山先輩からいろいろ吸収している模様

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606087019/

    続きを読む

    このページのトップヘ