1


◆ 打球がフェンスに挟まる“珍打”で命拾い

 阪神のロベルト・スアレスが23日、2点をリードして迎えた9回のマウンドに上がるも、そのリードを守りきれずに同点に追いつかれてしまった。

 スアレスは9回、先頭の京田陽太に二塁打を打たれると、代打の堂上直倫にもヒットで繋がれ、大島洋平にライトへの適時打を許してまった。

 その後、ビシエドの遊ゴロを挟んで一死一、三塁となり、代打で起用された福留孝介の打球は左翼フェンスを直撃。しかし打球がフェンスの溝に挟まり、これが公認野球規則によって二塁打となって、サヨナラのランナーだった一塁走者(三ツ俣大樹)は三塁で足止め。同点には追いつかれたが、一死二、三塁という状況で試合は再開されることになった。

 すると阪神ベンチは高橋周平を故意四球で歩かせ、一死満塁という状況を作って木下拓哉と勝負。木下の打球は三ゴロとなり、併殺でゲームセットとなった。

 この試合結果に、23日に放送したCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた高木豊さんは「スアレスが鉄板だと思っていただけに、打たれ方が心配」と一言。しかし、同日の試合で解説を務めていた斎藤雅樹さんは「こういうところを締めないといけないけど、きょうのケースでは負けなくて良かった」との見解を示した。

 この主張に高木さんは「フェンスにボールが挟まってツイていた。クッションボール次第では一塁走者も還ってきている」とコメント。斎藤雅樹も「そしたら負けだった。そう考えれば、まだツイているのかな」と続け、同じく解説の齊藤明雄さんも「負けないことが大事」と同調し、今季初の救援失敗となった右腕を思いやった。

 この結果、白星は逃したものの、首位・ヤクルトとは0ゲーム差、3位・巨人とは2ゲーム差の2位をキープ。引き続き、優勝争いから目が離せない試合が続いていきそうだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』




たまたま東海テレビの中日対阪神戦に合わせたらこの場面でフェンスの隙間にボールすっぽり挟まっていた。あるんですねえ。まだ阪神にはツキは残っているwww #バンテリンドーム #hanshin 阪神の“絶対的守護神”が痛恨のセーブ失敗もツイていた!?(ベースボールキング)  https://news.yahoo.co.jp/articles/50a865feada565b4bc5db63088c1e89b510dcde3 



耐えた、こらえた、挟まった。追い詰められた阪神が中日と引き分けた。3-1の9回に1点差に迫られ、なお1死一、三塁。守護神スアレスが代打福留に浴びた鋭い打球が、左翼フェンスの隙間に直接スッポリ。はね返っていれば、あわやサヨナラ負けだったが…  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202109240000048.html  pic.twitter.com/uloO7Wncd2


続きを読む