とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    フリー打撃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1675317308/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/02/02(木) 14:55:08.58 ID:IfCtbxr2M0202
    阪神春季キャンプ(2日、沖縄・宜野座)4番起用が濃厚な阪神・大山悠輔内野手(28)がフリー打撃で柵越えを連発した。最初の打撃ケージに入ると、高々と舞い上がる放物線を描いた。32スイングで、スタンドインは約半数の14本。豪快なフォロースルーで6連発も放った。

    大山はマシン打撃でもアーチを量産し、72スイングでなんと柵越えは20本。岡田監督が4番候補の最有力にあげる主砲は順調にキャンプを過ごしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5f63bf2b19805b794a237d117cef2ebcff26469

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/02/02(木) 14:55:48.95 ID:HyN40qwV00202
    春の大山

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神春季キャンプ(2日、沖縄・宜野座)阪神・佐藤輝明内野手(23)がフリー打撃を行い、81スイングで柵越え14本を放った。1日の全体練習で行ったフリー打撃では、まさかの柵越え0本。岡田監督から「ポイントを前に」と指摘されていた。

    この日は指揮官の教えの通り、ポイントを前にした打球が目立つ。センターから右翼方向への柵越えは8本。最後は、右中間スタンド後方に生えていた木に当てる、推定130メートル弾で締めた。持ち味のパワーを発揮し、アーチを連発した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6893476f93e1bd6a1c394889483cc11e22b78d4


    阪神・佐藤輝が135m弾を含む14発 初日のフリー打撃はノーアーチも持ち味発揮/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2023/02/02/0016015827.shtml  pic.twitter.com/WiwxSeacVU



    @_SATO_teru_8 フルシーズン戦える体力があれば40発は可能です👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・佐藤輝明の打撃練習を見守る岡田監督と今岡コーチ(撮影・松永渉平)

    阪神の春季キャンプが1日、沖縄・宜野座村野球場でスタートした。佐藤輝明内野手(23)は、全体練習でフリー打撃を行うも、アレレ!? の柵越え0本。昨秋から変身を求めてきた岡田彰布監督(65)は兆しを評価しながらも「もっとポイントを前に」と注文をつけた。1月に弟子入りしたソフトバンク・柳田悠岐外野手(34)から授かったエキスと、岡田流の極意も融合させる2月となる。

    青空に飛び出した打球は、思いのほか失速し、フェンス手前で弾む。宜野座に詰めかけた1000人の虎党は「アレレ」と首をかしげた。絶好の野球日和で迎えたキャンプイン。進化したはずの〝2023年お披露目〟を、佐藤輝はまさかのノーアーチで終えた。

    「1カ月頑張ろうかな、と。(フリー打撃は)いつも通りやりました。(調子が)いいとき、悪いときとあると思うので考えながら」

    全体練習中のフリー打撃。主役の登場にファンも色めきだつ。待っていたのは球場を飛び越えるほどの豪快アーチだったが、68スイングで放たれた柵越えは0本…。スタンドから拍手がわき起こることはなかった。

    その〝変化〟に、すかさず気づいたのが岡田監督だ。ティー打撃の段階で見極めたのは、ボールをコンタクトするポイント。指揮官は「前にするだけよ。あのポイントではやっぱり打てないよな。柳田は引きつけて打つほうやから。オレらが言うてることと逆行する」と説明した。

    佐藤輝は1月にソフトバンク・柳田と合同自主トレを敢行した。球界屈指のスラッガーとの共闘は願ってもいないこと。技術はバンバン吸収してほしい。ただ、何から何までまねをすることが、必ずしも成長につながるわけではない。〝岡田の教え〟では、今の佐藤輝に必要なのは「ポイントを前にする」だった。

    選手は直接指導しないのが岡田監督のモットー。指揮官は今キャンプから参加する今岡1軍打撃コーチのもとに足を運び、耳打ちした。全体練習後の個別練習。バットを持って、再びグラウンドへと現れた佐藤輝は、今岡コーチから声をかけられた。

    「軽いアドバイスというか。『ポイントを前にしてやってみよう』と」

    ロングティーのトスを出してもらいながら「前で打つ」を意識する。〝間接メス〟の甲斐あって、直後のフリー打撃では96スイングで柵越え5本。心配いらないと、白球をかっ飛ばす大砲の姿があった。

    もちろん、柳田との合同自主トレを含め、今オフに取り組んできたことは無駄ではない。岡田監督は「バットの出はよくなってるよな」と、もう一つの〝変化〟を評価している。柳田から授かったエキス、そして岡田の極意の融合-。その課題を成し遂げ、すべてを自分のモノとして消化する。

    「それはもちろん。引退するまで、考えながらやっていきたいと思います」

    成長の歩みは終わるときまで止まらない。宜野座での1カ月。試行錯誤を繰り返し、佐藤輝は、また新たなステージへと上る。(原田遼太郎)

    ★阪神復帰の今岡コーチが指導

    今キャンプから首脳陣に加わった今岡1軍打撃コーチが、佐藤輝へ行った〝間接的アドバイス〟の経緯を説明した。「打撃練習のとき、監督と見ていると『置きティーの段階からポイントが近い。一回前に置いたらどうだ。もっと楽に打てるんじゃないか』といっていたので、(佐藤輝に)伝えた」。今岡コーチにとって阪神キャンプは2017年以来、6年ぶり。「すごい充実しました。この充実感が、終わったときにもっと充実するように選手と頑張っていきたい」と振り返った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/45f187389437cef5e5ac2a9c9b8d3987f8fc66f7


    阪神・佐藤輝 今岡コーチ通して“岡田の教え” 柵越えゼロ→5発&破裂音 ストレートマシンにバットへし折られるは草🤣  https://www.daily.co.jp/tigers/2023/02/02/0016014564.shtml 



    前の日は10発くらい放り込んどったけど何やろうね? 今岡コーチがナイスフォローはしていたみたいやけど 柵越え0発 阪神・佐藤輝に岡田監督困惑「教えた内容と正反対やなあ」 課題は「ポイントの近さ」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/02/02/kiji/20230202s00001173095000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    みえ

     阪神の新外国人、ヨハン・ミエセス外野手(前レッドソックス3A)とシェルドン・ノイジー外野手(前アスレチックス)が1日、沖縄・宜野座で始まった春季キャンプでランチ特打に臨んだ。

     主に右翼を争うミエセスは左方向へ引っ張る打球を中心に力強く打ち返した。計52スイングで安打性の当たりが26本。柵越えはすべて中堅から左方向で10本を放り込んだ。バックスクリーン左への大きな一発など、見守ったファンから拍手とともに「おー」と歓声も。30日から先乗り自主トレに合流しており、仕上がりの良さとともに好アピールした。

     岡田監督が「3番・左翼」構想を抱くノイジーは中堅中心に左へ、右へと打球を打ち分けた。計61スイングで、安打性の当たりは27本。柵越えは左翼芝生席への1本のみだったが、ミート重視の意図が透けて見えた。


    ミエセスの方が打てる説あるで



    ミエセスの風貌からはメジャー通算450HRのくらいの風格は漂ってる



    ミエセスが打ちそな体している #阪神タイガース pic.twitter.com/pXyPSWgrlO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の沖縄先乗り合同自主トレに助っ人としては異例参戦したヨハン・ミエセス外野手(27=レッドソックス3A)が30日、フリー打撃に臨んだ。

     午前11時15分頃、井上とともに打撃ケージへ。7スイング目の左翼への柵越えは推定130メートルの特大弾だった。47スイングで3発。三塁でミエセスの打球を受けながらフリー打撃を見守った佐藤輝も「ワーオ!」と驚きの声をあげていた。

     安打性の当たりは25本。無理に飛距離を出そうとせず、鋭いライナーを連発した。

     ミエセスは2021年の東京五輪にドミニカ共和国代表で出場。3位決定戦の韓国戦(横浜)では元阪神の呉昇桓投手から左翼に特大2ランを放ち勝利に貢献した。岡田監督もマイナー通算140発の長距離砲に大きな期待を抱いている。怪力の片りんを早速、沖縄で見せつけた。

     120キロの巨漢はこの日の午前9時32分に宜野座のキャンプ地に到着。若手主体の先乗り自主トレに新助っ人が参戦することは異例だ。

     26日に虎助っ人5人の中で一番乗りとなる来日。翌27日に入団会見を行い「優勝に導けるようにやりたい」と意気込んでいた。メジャー経験はないが、ジャパニーズドリームをつかむため、気合十分。2月1日のキャンプインへ向け準備OKだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9bdd27ffb32414a7352e247cbafe83ba66268f1


    三塁を守った #佐藤輝明「ワーオ!」と感嘆 #大山悠輔 もティー打撃を行いながら #ミエセス の打撃を横目で目にした 計47スイングで柵越え2連発を含む3本 安打性の当たりは25本 シートノックでは #井上広大 #高山俊 と共に右翼に就き 打球を処理 #阪神タイガース #プロ野球 #野球 #阪神 #JohanMieses pic.twitter.com/AbcVF5AL6I



    ミエセス 活躍してほしいわね



    ミエセス外スラ届けそうな気もするけど


    続きを読む

    このページのトップヘ