とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    フルスイング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球は25日にセ、パ両リーグで計6試合が行われ開幕する。阪神・佐藤輝明内野手(23)は24日、ヤクルトとの開幕戦(京セラ)でドラフト制後、球団史上最年少で開幕4番に座る覚悟を口にした。この日、決戦の地で行われた前日練習では6本の柵越えを放ち「非常にいい感じできている」と手応えを明かした背番号8。コロナ禍の制限が撤廃され、大観衆の中でプレーボールがかかる瞬間を心待ちにした。

     球団史上最年少で開幕4番の重責を背負う-。それでも佐藤輝から気負いは全く感じられなかった。むしろ、漂わせていたのは高揚感だ。「すごい楽しみです!!」と言い切った背番号8は、真剣な表情で心境を語る。

     「本塁打だったり、点を取るところで活躍したい。(4番で)しっかりランナーがいるときに打つっていうのはいいバッターだと思うので、頑張ります」

     主軸として、求められている役割は十分に理解している。今季限りで退任する矢野監督から託された大役の意味も「すごい期待をしてくれていると思う」と受け止めている。

     「しっかり結果を残したいと思いますけどね。より早い順番で回ってくる。重要な部分だと思うので良い結果が出るように」と佐藤輝。4番の覚悟と責任は備わっている。だからこそ「結果を残すことしか僕にはできないので」という言葉におのずと力がこもる。

     この日のフリー打撃ではセンターから逆方向へ感触を確かめるように打ち返した。徐々にボルテージを上げ、38スイング目に柵越えをマークすると、ラストは渾身(こんしん)のフルスイングで京セラドームの右翼席中段へ放り込んだ。

     勝負の2年目へ向け、構え方からすべてを変えてきた男が見せた圧巻の“開幕デモ”。「非常にいい感じできていると思います」。昨季は故障した大山の代役として11試合で4番を務めたが、開幕からとなると意味合いは異なる。今季のチームの象徴だ。不安はあるかの問いに「いや、今は特にないですかね」と自らの躍進を疑う要素は何もない。

     開幕戦からファンの入場制限は撤廃され、大観衆の中で「4番・佐藤輝明」のコールを受ける。入団前から、超満員の球場でプレーすることを夢見ていただけに「すごい盛り上がると思います!!」と気持ちを高ぶらせた。

     昨年の日本一チームを迎え撃つ開幕戦。「勝ちにこだわって優勝したい」。17年ぶりのリーグ優勝、そして37年ぶりの日本一へ-。4番・佐藤輝の物語がきょう、幕を開ける。




    さぁ~2022開幕!! 今年こそは優勝を。 阪神は佐藤輝が球団史上最年少4番 中日は福留がNPB最年長スタメン セ見所(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6379344f29148d9b0d9eb1a2ae1f30ccaed6c528 



    頼もしい4番ですな♫ 開幕でセリーグ1号ホームランが見たい! 佐藤輝 さあ開幕4番出陣だ フルスイングで“快幕デモ”「すごい楽しみ」 (阪神Vデイリー)  https://u.lin.ee/RQ7JQwe?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日2-1阪神」(27日、バンテリンドーム)

     投手戦の末、1点差で敗れた阪神。これで大野雄が先発したバンテリンドームでの中日戦は15試合で1勝9敗となった。15年4月15日から11試合白星なしの7連敗と左腕に苦戦が続く。

     井上ヘッドコーチは「ロースコアということは予想できた。1-0で勝とう、逃げ切ろうというのは虫が良すぎるのかな。打線の調子がよかっただけに、きょうはある意味しょぼくれた打線になってしまった」と3安打に終わり、追加点を奪えなかったことを敗因とした。

     唯一の得点はドラフト1位・佐藤輝(近大)が放った本塁打のみ。存在感を示すアーチに「森下を打ったとか、大野を打ったとか、そういうような星を持っている。セ・リーグで1番広い球場というのも問題にせずという打撃というか。素晴らしい一発だった。持ち味であるフルスイングは続けさせるし、続けてほしいと思っている」とヘッド。さらなる進化を求めた。




    【きょうのホームラン】 8 佐藤輝7号(D 大野雄) 先制ソロ バンテリンドーム初見参でデカい一発! しかも沢村賞男の左腕から。そのあとの打席もいい感じ。 https://t.co/AAtplsBEmB



    #阪神タイガース 佐藤くんの中日戦での一発が7本目とデタラメすぎるパワーといい三振の多さ まるでドカベンで言えば岩鬼のようにロマンを感じる。コツコツ当てるより自分らしさをとフルスイングを貫くあたりも重なる、このままマジで縦縞の岩鬼になってほしい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     9日に行われた日本ハムとの練習試合(沖縄・宜野座)でプロ初アーチを放った阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)の恩師、近大・田中秀昌監督(63)が、感想を語った、

     教え子の対外試合初戦でのホームランは、奈良県生駒市内にある大学グラウンドでの練習後、スタッフミーティングの時に、映像を見せてもらって知った。

     「アンダーハンドの変化球。うまく打ってましたね。確か、ほっともっと(神戸)での記録もそうでしたね」

     昨年10月18日の関大戦で放った、関西学生リーグ新記録の通算14号が右下手の投手から。この日の日本ハム・鈴木健もアンダーに近い、右のサイドハンドだった。「たまたまあれだけなので、得意かどうかはわかりませんが」と言いながら、記憶に残るシーンと重ね合わせていた。

     この1発を含め、いきなり3安打3打点。「ユニホームが違う相手との試合で結果を残してくれたと思います。1試合だけで評価する訳じゃないですが、フルスイングをしていればいいんじゃないですか」。これから3月へ向かって実戦、オープン戦が続くが「いろんないい投手とやって、どうかですね。プロは結果なので」と期待を寄せた。




    井上と佐藤だけはフルスイングを貫いて欲しい 大山塾から抜けるな



    とらほー🐯 佐藤くん何がヤバイって あのフルスイングでもぶれないし崩れない体幹と下半身の強さやなぁ この時期は投手より野手の方が仕上がり早いから仕方ないけども 投手陣は課題が多い試合でしたね まだまだこれから上がってくれるはず(*´∀`)


    続きを読む

    このページのトップヘ