とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ブルージェイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ブルージェイズ公式ツイッターが祝福の投稿「ドリスを称えるツイート!」

     昨季阪神からブルージェイズに移籍し、守護神を務めるなど鮮やかなMLB復帰を飾ったラファエル・ドリス投手。33歳の誕生日を迎えた10日(日本時間11日)、ブルージェイズの公式ツイッターが祝福メッセージを投稿。ファンもさらなる活躍を期待している。

     球団公式ツイッターは「私たちと一緒にラファエル・ドリスの誕生日を祝福してください!」と投稿。コメント欄には「誕生日おめでとう、ラファエル! 昨年のような活躍を期待しているよ。あなたはジェイズにとって素晴らしい補強だった!」「彼は昨年驚くほど素晴らしかった」「エリートなクローザー」など称賛の声が並んだ。

     続けて球団公式は「ラファエル・ドリスを称えるツイート!」とも投稿し、「31奪三振」「防御率1.50」「9月は無失点」と特筆すべき数字を列挙。ファンからも「ドリスは私をビビらせた。ジェイズ初登板のときは全然良くなかった。ありがたいことに、それがシーズンで最も悪い登板だったようだ。杞憂に終わってよかったよ。彼は素晴らしかった」「Rafael Dolisを並び替えると『Real Solid AF(マジでめっちゃ信頼できる)』になる。誕生日おめでとう、ドリス!」などとコメントが寄せられていた。

    Full-Count編集部






    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    7年ぶりメジャー復帰で今季は24試合に登板し2勝2敗5セーブ、防御率1.50の好成績

     NPBからの移籍コンビ・山口俊投手、ラファエル・ドリス投手が所属するブルージェイズは29日(日本時間30日)からのワイルドカード・シリーズでレイズと対戦する。MLB公式サイトは「セーブ機会での登板を得る最有力候補」と、ドリスがプレーオフで守護神を任される可能性が高いことを伝えている。

     今季、阪神から移籍し7年ぶりにメジャー復帰を果たしたドリスは24試合に登板し2勝2敗5セーブ、防御率1.50の好成績を残しシーズン終盤には抑えを任される場面もあった。チーム最多の7セーブを挙げたアンソニー・バス、トーマス・ハッチらブルペン陣は抱負に揃っているが、MLB公式サイトはプレーオフでの守護神を予想。

     バース、AJ・コール、ドリスの3投手の名前を挙げ「ドリスがセーブ機会での登板を得る最有力候補」と指摘。複数イニングを投げれる投手が多く、短期決戦の中では「モントーヨ監督は重要な局面だと見ればこれらの投手を5回や6回で躊躇なく投入するだろう」と、早めに“勝負の一手”を使う可能性も指摘している。

     移籍1年の山口はシーズン最終戦となった27日(同28日)オリオールズ戦で2回4安打3失点で4敗目を喫するなど防御率8.06。2戦連続の乱調でプレーオフに向け不安を残しベンチ入りも微妙なところとなっている。




    ドリスすげえな



    あんだけいらんいらん言われてたドリスがMLBで無双モードに入ってるの見るとなんとも言えない感覚になる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ○ ブルージェイズ 4 - 1 ヤンキース ●
    <現地時間9月24日 セーレン・フィールド>

     ブルージェイズはヤンキースに2連勝。4年ぶり8度目となるポストシーズン(PS)進出を決めた。山口俊投手(33)の登板はなかった。

     ブルージェイズは2回、5番・ゲレロJr.の8号ソロで先制。3回以降も1番・ビジオの適時二塁打、7番・カークの2点適時二塁打で6回までに4点を先取した。

     投げては先発の柳賢振が、7回5安打無失点の快投で5勝目(2敗)。4点リードの8回に元日本ハムの2番手・バスが1点を返されたが、なおも二死満塁のピンチで登板した元阪神のドリスが、中堅手・グリチェクの好捕にも助けられ代打・サンチェスを中飛に退けた。ドリスは9回も続投し、3つのアウトをすべて三振で奪い5セーブ目(2勝2敗)。チーム2位の24試合登板で防御率は1.50となった。

     コロナ禍の中でスタートした今季のメジャーリーグは、レギュラーシーズンが60試合に短縮された一方でポストシーズン進出枠は例年の各リーグ5枠から8枠に拡大。今季は各地区上位2球団に加え、3位以下の残りチームのうち勝率上位2球団もポストシーズンに進出することができる。

     ア・リーグ東地区に属するブルージェイズは、現在30勝27敗で同地区3位。残り3試合を待たず、同リーグ3位以下の勝率上位2球団入りが確定した。




    ブルージェイズのPS進出が決定 元阪神ドリスがセーブ締め&防御率1.50(ベースボールキング)  https://news.yahoo.co.jp/articles/57badaa91d89d6f0c652b6e4b790ef41091f79fa  >>> ドリさんよかったね 🐯⚾



    ㊗️ドリスおめでとう❗️PSもがんばれ!! ブルージェイズのPS進出が決定 元阪神ドリスがセーブ締め&防御率1.50(ベースボールキング) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/57badaa91d89d6f0c652b6e4b790ef41091f79fa 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1





    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/09/15(火) 22:51:39.32 ID:CAP_USER9
     元阪神でブルージェイズのラファエル・ドリス投手が、7年ぶりに復帰したメジャーの舞台で輝きを増している。球団の公式ツイッターも「ラファエル・ドリスへの感謝を表明するツイート!」とのメッセージを投稿。獅子奮迅の活躍ぶりに、ファンからも称賛の声が相次いでいる。

     投稿では、ドリスの奪三振ショーの動画も公開。さらに直近14試合で20奪三振、4セーブを挙げ、圧巻の防御率0.00を誇っていることも記した。開幕直後こそ失点が続くこともあったが、8月中旬以降は安定。ここまで22試合に登板し、2勝1敗4セーブ、防御率1.61の堂々たる成績でブルペン陣を引っ張っている。

     この活躍をファンが見逃すわけもなく、投稿のコメント欄では「今シーズン、はじめは荒かったけど調子を戻してきたね。なんて素晴らしい仕事」「初めの何回かの登板を見たときはダメだこりゃっと首を振ったけど、ワオ、ワオ…彼は私のお気に入りの1人になった!」「この男はゾーンに入っている!」「脱帽だな」との絶賛の嵐が巻き起こっている。

     さらに「Dolisを並べ替えるとSolid(堅牢)になる。彼はまさに堅牢だ」と上手いコメントも。フル回転ぶりに「あまりに頻繁に登板するから驚いた。毎日登板しているようにさえ思える。でも彼は堅牢だ。ジェイズの成功の大きな部分を担っている」との声もあった。かつて甲子園の最終回を担った豪腕は、マウンドを重ねるごとに信頼感を増している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b61604103f667f1bb6a07cf693ce17f3e423b655

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/09/15(火) 22:53:35.41 ID:ZjP9PYmh0
    頑張ってるなー

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1600177899/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    doris


    好投シーンに米名物セレブが注目「いやらしい三振」

     米大リーグ・ブルージェイズのラファエル・ドリス投手が8日(日本時間9日)、ヤンキース戦に登板して1回無安打無失点、2奪三振の好投で3セーブ目を挙げた。キレキレの変化球と96マイル(約154キロ)の速球を駆使した奪三振シーンを米名物セレブが公開。日米のファンから「このスプリットえぐすぎ」などと声が寄せられたほか、米メディアも注目するなど反響となっている。

     米国で成長した投球を見せている。ドリスがまず投じたのは、83マイル(約134キロ)の変化球。大きく急変化した1球に、打者のボイトは中途半端なスイングで空振りを喫した。続く2球目も同じ球。今度はホームベース付近でワンバウンドする球だったが、あまりのキレにボイトは右ひざをついてスイングしてしまった。

     最後は高めの96マイル速球で空振り三振。打者を手玉にとったシーンを「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏がツイッターで公開。文面には「ラファエル・ドリスのいやらしい奪三振」とつづっている。

     阪神の守護神として活躍し、今季からMLBでもストッパーとなっているドリス。日米のファンからは「ドリスがメジャーに戻ってきて良いピッチングをしているのを見られて嬉しいよ」「ドリスがスプリットを投げて、阪神のピンストライプを着ていないなんて、何か変だな」「やっぱすげぇな」「なんやこのスプリットエグすぎ」などとコメントが寄せられている。

     また、カブス専門メディア「ブリーチャーネーション」も動画に反応。「見る者を驚かせるシンカーとともにカブスのプロスペクトとなって以降、現在32歳のドリスにとっては長い道のりだった。選手として成功するために日本に向かい、戻ってきた。そして、今、調子は良さそうだ」と、かつて在籍していたドリスが日本で成長して戻ってきたことに注目していた。




    Rafael Dolis, Filthy K (with 2 Swords). ⚔️⚔️ https://t.co/AGMaWYwlib



    ドリスがメジャーの大舞台で1点リードから登板してセーブ挙げたの感動するな


    続きを読む

    このページのトップヘ