1


 日本野球機構(NPB)は29日、「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」で、今年から新設されたプロスピ賞に阪神タイガースジュニアが選ばれたと発表した。

 チーム賞にあたるプロスピ賞は大会1日目のシートノック前に左右計4周のボール回しを2度実施し、そのベストタイムを競ったもの。阪神ジュニアは12チームトップの最速24・82秒を記録した。選手全員にメダルと、KONAMIのゲームソフト3本が贈られる。

 同大会初優勝を目指した本戦では28日の初戦に巨人ジュニア戦(神宮)に惜敗。この日のオリックスジュニア戦(横浜)には勝利したが、30日の準決勝に進出はならなかった。




NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021で、今年から新設された「プロスピ賞」を阪神タイガースJr.が受賞しました。この賞は初日のシートノック前に左右計4周のボール回しを2度実施しベストタイムを競うもので、阪神Jr.は24.82秒を記録。  https://npb.jp/news/detail/20211229_01.html  #NPB #ジュニアトーナメント pic.twitter.com/hHt1Cy6pBs



練習では25秒切れなかったのに、本番では24秒台を出すなんて、すごすぎる👏🏻 なんて頼もしいちびっこ虎戦士たち🐯💕 2位のホークスジュニアは24.92で、なんと0.1秒の僅差での金メダル🥇 みんなは副賞がお目当て😂 #阪神タイガース #タイガースジュニア2021 #NPB12球団ジュニアトーナメント  https://twitter.com/npb/status/1476063413176762370 


続きを読む