1


 阪神・糸原健斗内野手(28)が18日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万減の5500万円でサインした。(金額は推定)

 今季は右手有鈎骨の骨折で連続試合出場記録がストップ。新型コロナウイルス感染もあり、1軍出場は63試合にとどまったものの、打率・294と持ち前のしぶといバッティングで貢献した。

 「自分にとっても、チームにとっても巨人に結構ゲーム差を離されて悔しいシーズンだった」と振り返り、「来年は死にものぐるいで、泥んこになってユニホームを汚して。そういうプレースタイルなんで。チーム一丸となって優勝を狙います」と力強く宣言。

 来季からはキャプテンを大山に譲り、「名誉キャプテン」として支えていく。球団から「キャプテンのつもりで引っ張っていってくれ」と言われたことを明かし、「ソフトバンクの中村晃選手のように、より一層、相手に嫌がられるバッターになりたい」と誓った。




阪神 糸原は500万減の5500万円「来年は死にものぐるいで」目標は中村晃  https://news.yahoo.co.jp/articles/24c417f43a9e9077376e6877e6f13f4fd42dbdc5  守備範囲が狭いのが難だけど、怪我が無ければいい数字残せると思うんだよなあ。 何より2勝10敗の最悪のスタートから、よくチームを引っ張ってくれた。 来年はフル出場頼むで!



阪神糸原で減俸。 やはり保留もいたがオリックスは、緩めやなー コロナの中 契約更改


続きを読む