1


 ◇ウエスタン・リーグ オリックス3―7阪神(2021年4月1日 鳴尾浜)

 阪神2軍は、ドラフト7位・高寺望夢内野手(18)がプロ初マルチ安打と躍動。7―3で勝利し、連敗をストップした。

 3点劣勢の3回1死一塁で迎えた第1打席。山崎颯の147キロ直球を左翼へはじき返すと、2―3の5回先頭では左翼手の頭上を越える二塁打。さらに、7回は1死から強烈な打球で三塁手の失策を招き、一挙5得点の猛攻の口火を切った。

 投げては、安芸キャンプ中の2月中旬に左ふくらはぎを負傷した中田が、1点劣勢の6回から2番手で登板。元、後藤から2者連続三振を奪い1回無失点と好投した。7回はプロ初登板の村上が1回無失点など、救援陣が零封リレーを繋ぎ、投打がかみ合った。




今日えぐいと思った高寺の打席 https://t.co/pa3OJyavsH



@shin72826 なーんだ二軍にもいいのがおるじゃねーか 高山とか中谷とかよりこっちをもっと取り上げて欲しい



@shin72826 ほぉー、あそこまで伸びますか。 パンチ力がありますね。


続きを読む