saito


 「DeNA-阪神」(10日、横浜スタジアム)

 阪神が三回、プロ初先発・斎藤の初安打から先制点を奪った。

 この回、先頭で打席に立った斎藤は、投手左にたたき付ける打球を放った。大きくバウンドする間に、懸命の走塁で内野安打を奪う。プロ初打席初安打でチャンスメークすると、近本が左翼線二塁打で続いた。

 ここで打席に糸原。一、二塁間に力ないゴロとなったが、一塁・ソトが捕球するもベースカバーが不在。ラッキーな内野安打の間に、斎藤が先制のホームを踏んだ。

 チームは現在、引き分けを挟んで3連敗中。阪神がDeNAに敗れ、巨人が中日に勝利すれば、自力優勝の可能性が消滅する一戦。プロ初先発の若虎が、初勝利の前に、初安打でまずはチームに貢献した。

 1死後、4番・サンズの中犠飛で2点目。大きな援護点になった。




先発投手の 齋藤友貴哉のプロ初安打から 三連打で先制点は幸先良いな ハマスタは何点あっても 邪魔にならんから しかし糸井はシンドイわ #阪神タイガース #サンテレビボックス席



ナイス齋藤~ プロ初安打初得点( ´ ▽ ` )ノ それにしてもことごとくチャンス潰すベテラン🥶 #阪神タイガース


続きを読む