とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ホームラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤



    佐藤輝明!エキシビションマッチ5本目の一発は驚愕のバックスクリーン弾! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/6F13VVqWyl



    @TigersDreamlink は?また??笑 どんだけ打つねん笑 化け物って知ってたけど再確認できたわ笑



    @TigersDreamlink オープン戦含め、高橋光成から打った4安打は全てホームランの模様


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <エキシビションマッチ:阪神3-2西武>◇30日◇甲子園

    阪神佐藤輝明内野手(22)がエキシビションマッチ4戦4発となるソロを放った。バチン! ボールがつぶれるような破壊音とともに、強烈な打球が甲子園の右翼席へ。同点の8回1死、「もう、打った瞬間だったんで。すごいいいホームランだった」と、勝利を決める1発を確信し、打球を堂々と見送った。

    西武十亀の2球目、苦手な内角143キロを捉えた。ビジョンに表示された飛距離は137メートル、打球角度28度。そして打球速度178キロは甲子園で打った12本(公式戦8本、エキシビション4本)の中で最速だった。「いい打球だったんで。速ければ速いほど本塁打になる確率も高いと思うので」。本人も手応え十分の打球はこの日も右翼から左翼へ強めに吹いていた浜風すら関係なかった。本塁打の平均打球速度は140~150キロ。日本球界では180キロがトップクラスといわれ、佐藤輝のバットからいつ飛び出してもおかしくない数字だ。

    矢野監督は「一発で仕留められている。調子が悪くなったらあれがファウルや凡打になる。いかにそういう(甘い)ところに引き込んでいくかが後半のアイツの課題」と話し、佐藤輝に求めるレベルは高い。本人もストライク、ボールを見極め、何でも振らないように取り組んでいる。

    ほぼ同時刻に東京五輪ではフェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得。日本史上最多17個目の金メダルを祝福するような1発となった。五輪後、後半戦スタートと同時に今度は佐藤輝が日本中を沸かせる。【石橋隆雄】




    佐藤輝明!エキシビション4試合で4発目のHR!!!😆👍✨打った瞬間!!豪快すぎる!!ライトスタンドへぶち込んだゼーットZ!!!d( ̄  ̄) #サトテル #佐藤輝明 #阪神タイガース https://t.co/3ylOxMuEuK



    @nonta3939 佐藤のホームランで一番好きなあたりかも笑



    @nonta3939 バケモン、かっこよすぎです🎉


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤



    打った瞬間に確信できる佐藤輝の豪快勝ち越しホームラン! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/zIGOCgzSpG



    @TigersDreamlink すげー4戦4発



    @TigersDreamlink ほんまにスター選手やな、、


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤


     ◇プロ野球エキシビションマッチ 阪神―ロッテ(甲子園)

     阪神のドラフト1位・佐藤輝の豪快な一撃に甲子園が沸いた。4―3の5回2死一塁から佐々木千の変化球を捉え、右中間席に2ランを放った。

     28日の同戦でも2本塁打を放つなど、中断期間のエキシビションマッチでも勢いは止まることを知らない。前半戦からのさらなる進化を目指し、グリップの握り方を変えるなど、試行錯誤しているが、早くも成果が表れている。




    佐藤輝明選手には浜風などもはや関係なし!豪快ツーランが炸裂! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/CiCqJ7yVlZ



    @TigersDreamlink 佐藤輝明の辞書に浜風という言葉はない



    @TigersDreamlink スイングが助っ人のそれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kouta


    <ウエスタン・リーグ:ソフトバンク15-6阪神>◇28日◇タマホームスタジアム筑後

    阪神井上広大外野手(19)がウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦に「4番右翼」で先発し、7号3ランを放った。

    7点ビハインドの7回、泉の148キロをバックスクリーンへ運んだ。縦の変化球を豪快に空振りした直後、甘く入ってきた直球を逃さなかった。9回には中前打を放ちマルチ安打。2軍公式戦では8試合連続安打で、2年目の大砲候補がアピールを続けている。




    井上広大を1軍に上げてくれませんか??



    明日は井上広大を帯同させようそうしよう


    続きを読む

    このページのトップヘ