1


<ヤクルト4-7阪神>◇25日◇甲子園

 阪神加治屋蓮投手(31)が、ボークで同点に追いつかれた場面を猛省した。1点リードを奪った直後の8回2死一、三塁。ピンチでマウンドに上がった。

 カウント2-2、打者塩見の場面。ここで一塁へけん制するそぶりを見せる「偽投」を試みるも、これがボークととられた。

 「捕手からのサインでけん制が出たので、投げるか投げないか、中途半端な感じになってしまったので、自分の反省、単純に自分のミスでした」

 三塁走者はホームへ生還、一塁走者は二塁へ進塁。岡田監督は戦況を見つめていたが、抗議には出なかった。

 今季最多113球の熱投を見せていた先発伊藤将司投手(27)の勝ち星がするりと消えた。ベンチに帰り「ごめん…」と頭を下げると、伊藤将からは「大丈夫ですよ」。加治屋は「次、あいつが投げる時に助けるというか、そういう場面があればそうしたい」と前を向いた。

 ◆公認野球規則6・02 投手の反則行為 (a)ボーク (2)投手板に触れている投手が、一塁または三塁に送球するまねだけして、実際に送球しなかった場合。【注】投手が投手板に触れているとき(中略)一塁または三塁への偽投は許されない。投手が軸足を投手板の後方へ外せば、走者のいるどの塁へもステップしないで偽投してもよい。(抜粋)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d40b74de2dae622b3bd14cdfb227742da9fb6b67


加治屋のボークは悔やまれる でも伊藤将司オトナやな #阪神タイガース  https://twitter.com/NikkanNaruohama/status/1661736878717140995 



投手陣の絆を感じた🥹🫶 動揺せずにしっかり塩見抑えたの流石だったし、1回あると加治屋くんだけでなく全員気をつけるようになるだろうからそれが序盤で起きてよかったということで!  https://twitter.com/nikkannaruohama/status/1661736878717140995 


続きを読む