1


 阪神の青柳が矢野監督直伝の“マサシンカー”の完全習得を誓った。初日からブルペン入りした右腕は変化球も交えて32球。指揮官が今オフに対面した山本昌氏から授かったシンカーの「コツ」を伝え聞き、試投した。

 「“もっとこうした方がボールが抜けるよ”というのをマサさんが監督に伝えたみたいで。そんな投げ方があるんだ!と思いましたけど。(ブルペンで)できたかといえば全然できなかった」

 元々、19年の秋季キャンプで臨時投手コーチを務めた同氏から握りを教わった。配球に加えられるまで精度を上げ、昨季は投手2冠の原動力にもなった球種。ただ「僕は130キロぐらい出ちゃっている。肘をうまく抜くことによって、もっと遅いシンカーになるからタイミングがズレると(監督は)言っていた」と伸びしろはまだあるという認識だ。

 シンカーを磨き上げることが恩返しになる。2軍監督時代から数々の助言をもらい、1軍監督に就任した19年から先発陣の一角を任された。

 「自分がダメだった時から見てもらった。(自分は)矢野監督が1軍監督になってから出てきた選手。感謝、恩義がある。何とか監督に良い成績、少しでも恩返しができたら」

 坂本とともに一日キャプテンを担い、蛍光色のTシャツに記したのは「やればできる日々成長」という言葉。これこそ、指揮官の教えを受け、自身が体現したきたことに他ならない。「15勝というのが目標。僕が15勝していたら(昨年は)優勝できていたと思うので、そういう気持ちで15勝てるように」。エースとなり、花道をつくる。 (遠藤 礼)

続きを読む