とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ミキハウス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    開幕前にビッグプレゼントだ。阪神・佐藤輝明内野手(23)が23日、京セラドームで行われた「ミキハウス・キャンプMVP」の贈呈式に出席。同時受賞の近本、江越とともに同社製の子供服を受け取った。全体練習ではフリー打撃で快音連発。シーズンを通した活躍で選出される「ミキハウス・サンスポMVP」の初受賞にも意欲を見せ、公言しているリーグV、本塁打王との〝3冠〟を目指す!

    大きく、鍛えあげた手で、勲章を受け取った。「ありがとうございます。開けていいんですかね?」。小さく、かわいい服に、佐藤輝のほおが自然と緩む。25日のヤクルトとの開幕戦(京セラ)に向けて本番の地で行われた全体練習前に、キャンプ中の奮闘をたたえられた。さらに毎年恒例の企画「ミキハウス・サンスポMVP」が今年も実施されることが決定したと知り、新たな目標を見つけた。

    「ワオッ! 頑張ります!」

    入団2年目で虎の新主砲に上り詰めた。オープン戦は15試合に出場し、打率・327、2本塁打、11打点。ミキハウスのキャンプMVPが現場記者による投票で、シーズンMVPがデスクの独断と偏見による投票であることを説明されると「そうなんですか」とうなずき、興味津々。ニヤッとしながら初受賞を約束した。

    「ちょうど、知り合いの子供が3、4カ月前に生まれたばかりだったんです。ありがとうございます」

    優しい男だ。ミキハウスの服を手にイメージしたのは親友が喜ぶ顔だった。「僕の場合、12歳離れた弟がいたので」。男ばかりの3兄弟の長男。次男・太紀(たいき)さんは関学大3年で野球部に所属。三男・悠(ゆう)くんは現在、小学生。一回り違う弟が生まれたときの瞬間や、抱っこしたときの喜び。トイレトレーニングに、お箸を使う練習など、同じ屋根の下で暮らしながら成長を感じた。〝小さく〟なってしまう子供服を見ると笑顔になれた。ミキハウスの子供服が家族に楽しみと勇気を与えることを誰よりも分かっていた。

    贈呈式後の午後2時から行われた全体練習では、シートノックで右翼、三塁のポジションにつき、軽快な動きを披露した。フリー打撃で44スイング中、柵越え4本。キーンと冷え込んだドーム内に乾いた音を響かせた。開幕へ向けた調整は万全。昨季11試合任された4番に今季は最初から座って、ヤクルトのエース小川と対峙する。しかも、大山との勝負に完勝し、奪い取ったという箔つき。すでに17年ぶりのリーグ優勝と本塁打王を目指すことは公言している。昨季近本が獲得した「ミキハウス・サンスポMVP」を初受賞すれば〝3冠〟を達成だ。

    「頑張ります」

    この日、地元の兵庫・西宮市の有志を中心に「佐藤輝明後援会」が発足し、公式サイトも開設された。掲げた目標は「勝利に貢献できる活躍」「子供たちに夢を」「地域貢献・社会貢献」。そのために一年を通して、活躍する。鋭い目つきに変わった佐藤輝が、いよいよ2年目のシーズンに入る。(阿部祐亮)

    ★近本&江越もニッコリ

    近本と江越も、佐藤輝と同じ票数で「ミキハウス・キャンプMVP」に輝いた。近本のまな娘は3歳。普段の子供服は「妻が買うので、妻のセンスに任せています」というが、3年連続となった同賞受賞で、胸を張ってミキハウス製品を持って帰る。

    江越は4歳、2歳の2女のパパだ。ニッコリ笑顔で両手にミキハウスを抱え「(娘たちは)かわいいです。めっちゃ話しますよ。野球をやっているのも分かっているみたい」と子煩悩ぶりを明かしていた。

    ◆ミキハウス・キャンプMVP

    春季キャンプ中、プロ野球担当の記者が毎日1人、その日目立った選手をMVPに選出。上位3人にミキハウスから子供服をプレゼントする企画。今年は阪神の佐藤輝、近本、江越が3票でトップに並んだ。シーズンでも全球団を対象に「ミキハウス・サンスポMVP」を選出する。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     MVPを弾みにいざ開幕!! 阪神・近本光司外野手(26)が2年連続で「ミキハウス・キャンプMVP」を受賞。まな娘とのほほえましい一幕も明かし、新選手会長として虎を力強く引っ張るシーズンへ気合を入れた。24日は甲子園室内練習場で調整し、初の開幕1番で迎える26日のヤクルト戦(神宮)に向けて東京へ乗り込んだ。原口文仁捕手(29)、木浪聖也内野手(26)も同MVPを受賞した。

     汗と土にまみれた南国沖縄での頑張りで、一番大切な存在を笑顔にできた。近本がこれ以上ない発奮材料を得て、シーズンへ勢いよく駆け出す。まな娘が夏服を着てキラキラ光る姿を想像しながら、2年連続の「ミキハウス・キャンプMVP」に声を弾ませた。

     「毎年、選んでいただいて、光栄に思いますし、去年は1年間の大賞にも選んでいただいて、いつも見てくださっているなと感謝しています」

     昨年もキャンプMVPを獲得。シーズンでは2年連続盗塁王に輝く活躍で虎をけん引し、年間大賞となる「ミキハウス・サンスポMVP」もゲットした。プロ3年目。このほど京セラドームで行われた贈呈式に出席した新選手会長は、キャンプでの奮闘をシーズンの結果につなげる術は心得ている。

     「チームがいいスタートを切れるように、1番でしっかり引っ張っていきたい」

     プロ入りして過去2年は2番で開幕を迎えたが、今年は1番に入ることが濃厚。「塁に出ることよりも、かえってくることを意識してやっていきたい」。目標の100得点に向けても気合を入れた。

     「キャンプ中はすぐ結果を求めようとはせず、しっかり自分でできたので。それが自分のなかではよかった」

     2月の実戦11試合で打率・105(19打数2安打)と低空飛行も想定内。3月のオープン戦13試合で同・324(37打数12安打)と一気に状態を上げた。新シーズン開幕に向けて右肩上がりの成績を描く韋駄天に死角は見当たらない。2年連続のシーズンでのMVPへの期待も高まる。

     グラウンドを離れれば、イクメンの顔をのぞかせる。2019年7月に第一子となる長女が生まれ、日々の成長からパワーをもらってきた。ただ、キャンプ中はコロナ禍でホテルに缶詰め。リモートでまな娘と話す機会も自然と増え、「そういう時間も作りやすかったですし、たまにはこういうときもあってよかった」と笑った。が、約1カ月ぶりに自宅に戻ると、遠距離ではわからなかったサプライズが…。

     「すごい成長していました。こんなにしゃべるっけ? って」

     盗塁王のスピードをもってしても、子どもの成長速度には完全に置いていかれた。「今までは、ある程度の意思疎通は図れてたんですけど、だいぶ言葉もしゃべられるようになって」。ミキハウスの白の夏服を選んだのも、近本自身のセレクトで「白がやっぱり一番似合いますね(笑)」と目尻を下げた。虎にも一番似合うのは“白”星に違いない。

     「開幕は特別なものがある。いつも通りというのは難しいですけど、やっていきたい」

     初の開幕1番から3年連続盗塁王と100得点を達成し、虎を頂点へ押し上げる。(新里公章)




    OP戦阪神が優勝 表のMVPは間違いなく佐藤 裏のMVPは近本


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・近本光司外野手(26)が2年連続で「ミキハウス・キャンプMVP」を受賞。まな娘とのほほえましい一幕も明かし、新選手会長として虎を力強く引っ張るシーズンへ気合を入れた。24日は甲子園室内練習場で調整し、初の開幕1番で迎える26日のヤクルト戦(神宮)に向けて東京へ乗り込んだ。原口文仁捕手(29)、木浪聖也内野手(26)も同MVPを受賞した。

     プロ3年目で初のミキハウス・キャンプMVPに輝いた木浪は「まさか選んでもらえるとは思わなかったので、すごくありがたいです」と感謝した。今年のキャンプも激しい定位置争いを繰り広げたが、正遊撃手として開幕スタメンが濃厚だ。「試合に出て活躍ということが目標。へこたれないで、いいスタートが切れるようにやっていきたい」と気合を入れた。




    明日はショート決まりでしょうね!頑張って下さい〜😊 阪神・木浪、キャンプMVP選出に「まさか選んでもらえるとは」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210325/tig21032505000004-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・近本光司外野手(26)が2年連続で「ミキハウス・キャンプMVP」を受賞。まな娘とのほほえましい一幕も明かし、新選手会長として虎を力強く引っ張るシーズンへ気合を入れた。24日は甲子園室内練習場で調整し、初の開幕1番で迎える26日のヤクルト戦(神宮)に向けて東京へ乗り込んだ。原口文仁捕手(29)、木浪聖也内野手(26)も同MVPを受賞した。

     2人の女の子の父でもある原口は、ミキハウスの子供服贈呈に満面の笑みだ。「この賞をいただくと家族もすごく喜んでくれる。シーズンでもいただけるように、今季も精いっぱい戦っていきます」。2月1日のキャンプ初日にはチーム最多の柵越えを放ち、同27日の中日戦(北谷)では豪快アーチを架けた。持ち前の勝負強さで今季もチームを救う。


    続きを読む

    このページのトップヘ