とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    メジャー流出危機

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のロベルト・スアレス投手(29)が最多セーブのタイトルを獲得した。開幕はセットアッパーで迎え、7月中旬からクローザーに定着。51試合に登板、3勝1敗、25セーブ8ホールド、防御率2・24の成績を残した。

     シーズン終了後、矢野監督は「球児が抑えをできない状況になった時にスアレスが出てきてくれたというのはチームとして本当に助かりました」と守護神の働きを絶賛した。

     最速161キロを誇る直球はスピード表示だけでなく、球威、制球とも球界屈指だった。今季300球以上投げた投手の中でストライク率75・6%、空振り率16・4%はいずれも12球団でトップ。被本塁打2と安定感も光った(データは共同通信デジタル)。

     【ストライク率】

     (1)スアレス(阪神)75・6%

     (2)エスコバー(DeNA)72・6%

     (3)石山(ヤクルト)72・1%

     (4)アルバース(オリックス)

     (5)岡野(中日)71・6%

     【空振り率】

     (1)スアレス(阪神)16・4%

     (2)フランスア(広島)14・0%

     (3)平良(西武)13・9%

     (4)パットン(DeNA)12・9%

     (5)モイネロ(ソフトバンク)12・8%

     来季も絶対に欠かせない戦力だが、メジャー複数球団が興味が示しており、去就が注目されている。スアレスは12日に帰国。「もちろんタイガースに残りたい気持ちはすごくある。自分だけの問題ではないのでしっかり見つけ出したい」とのコメントを残した。

     メジャー流出となればチームにとって大きな痛手となる。守護神の代役はそう簡単に見つからない。金村投手コーチも「残ってくればスアレスがそのまま(抑えで)いくのが一番いいと思う。いないとなればそこは考えないといけないところ」と話す。現在、若手は宮崎でフェニックス・リーグを戦い、主力は秋季練習で汗を流し、来季に備えている。藤川、能見が去り、チームは変革期にある。今秋のドラフト会議でも投手を5人指名した。朗報を待ちつつも、いきのいいクローザー、セットアッパー候補の出現が待ち望まれる。(デイリースポーツ・杉原史恭)




    メジャー流出危機の阪神スアレス 最速161キロ直球は制球、球威とも球界屈指(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201121-00000054-dal-base  岩崎なら、また吉川あたりに逆転ホームラン打たれそうで怖い。滅多にないけど、スアレスならあきらめがつく。



    もしスアレスがメジャー行ってしまったら藤浪がクローザーになって欲しい #スアレス #阪神タイガース #藤浪 メジャー流出危機の阪神スアレス 最速161キロ直球は制球、球威とも球界屈指  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201121-00000054-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「阪神8-7ヤクルト」(5日、甲子園球場)

     阪神のロベルト・スアレス投手(29)が5日のヤクルト戦でベンチから外れた。すでにセ・リーグ最多セーブのタイトルを確定させている同投手には、メジャー複数球団が獲得へ向け調査を行っている。最悪の場合、昨年のドリス、ジョンソンに続き、このまま登板することなくメジャーへ流出する可能性が出てきた。

     最大で6点あった点差をひっくり返し、阪神1点リードで迎えた九回裏。マウンドに上がったのは、守護神スアレスではなく、岩崎だった。試合前の練習には普段通り参加していたスアレス。実はこの日、ベンチ入りのメンバーからは外れていた。

     野手ではマルテ、サンズがベンチ入り。投手はエドワーズ、ガンケルが入り、実際にその2投手は試合で登板した。単に3、4日に続くスアレスの3連投を避けるための措置とも考えられるが、一方で阪神にとっては“最悪のケース”を憂慮しなければならない可能性も出てきている。

     前日までに24セーブを挙げセ・リーグ最多セーブの座を確定させた助っ人右腕には、複数のメジャー球団が興味を示し、すでに獲得調査を開始。本人も昨年オフにはアメリカ行きを画策していたように、非常にメジャー志向が強いことで知られている。

     昨年オフに推定年俸8000万円でソフトバンクから阪神入り。故障離脱した藤川に代わってクローザーに昇格すると、最速161キロの直球を武器に、ここまで50試合に登板し、3勝1敗、24セーブ防御率2・28と絶対的守護神の座を不動のものとした。

     昨年はセットアッパーとして大活躍したジョンソンが阪神を退団し、2年総額500万ドル(約5億5000万円)でパドレス入り。チームの14年ぶりとなるポストシーズン進出に貢献した。

     同じく4年間在籍したドリスも単年100万ドル(約1億1000万円)でブルージェイズへ移籍。こちらもチームをポストシーズン進出へと導き、推定年棒150万ドルで来季の残留を勝ち取っている。

     もちろん来季保留者名簿提出期限となる11月末まで、阪神はスアレスのメジャー流出阻止へ向け、複数年の契約を示すなど全力で慰留していくとみられる。一方で本人の意向次第では、残り3試合で登板することなくシーズンを終え、最悪の場合、そのまま退団という流れとなる恐れも。藤川も不在となる来季へ向け、“勝ちパターン”を再整備する必要に迫られる可能性が出てきた。




    スアレス メジャー志望なのか😩 阪神また流出危機 スアレスをメジャー複数球団が調査 5日ベンチ外れる(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201106-00000024-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のロベルト・スアレス投手(29)に対し、複数の米大リーグ球団が獲得調査を行っていることが22日、分かった。この日、2カードぶり負け越しを喫した広島戦(甲子園)で右腕の登板はなかったが、ツインズ、レンジャーズ、ブルージェイズら米スカウトが熱心に視察を続けている。24日にも15年連続のV逸が決まる状況で、来季の巻き返しに必要な守護神がメジャー流出となればダメージは計り知れない。

     ソフトバンクを退団し、年俸8000万円で今季新加入したスアレス。開幕時に守護神を務めた藤川の故障離脱に伴い、クローザーに昇格した。最速161キロの直球を武器に45試合に登板し、2勝1敗、防御率2・14でリーグトップの22セーブをマークしている。

     ア・リーグの球団関係者は「100マイルの直球を持っているし、まだ若い。メジャーで十分通用する」と評価。昨季のリリーフ勢の中核を担ったジョンソンがパドレス、ドリスはブルージェイズに移籍して活躍したことも要因に挙げ「彼らのメジャーでの結果は一つのバロメーター」と明かす。さらに別の関係者によれば、国内他球団も右腕の動向を注視しているという。

     スアレスは阪神に愛着を持つ一方、メキシカン・リーグ時代からメジャー球界の熱視線を浴びてきた。球団は全力で慰留していくとみられるが、来季も契約する権利を持つ保留者名簿の提出期限は11月末。レジェンドの藤川が引退し、不動の地位を築いたスアレスも退団となれば、戦力構想の再考を迫られることになる。




    【阪神】守護神スアレス、メジャー流出危機…複数球団が視察(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f74e9fca5be1dcec5f08b8942295b45d5e359ded  ドリス、ジョンソンがメジャーで活躍してる以上必然の流れか…



    出来る限りの事をして残留してもらいたいところだけど、メジャーに関しては本人がどこまで戻りたいかだからなぁ。 【阪神】守護神スアレス、メジャー流出危機…複数球団が視察(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f74e9fca5be1dcec5f08b8942295b45d5e359ded 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/31(土) 08:04:02.45 ID:Ker/C5GS9
    注目を集めるジョンソン

    阪神の優良助っ人に流出危機!? ピアース・ジョンソン投手(28)がメジャースカウトから熱視線を浴びている。

    来日1年目の今季は開幕からセットアッパーを務め、49試合に登板して防御率1・10。
    抜群の安定感で虎の救援陣になくてはならない存在だ。
    しかし、そんな好投手をメジャー球団も黙って見過ごすはずがない。
    今月の東京ドームや神宮球場で行われたビジター試合のバックネット裏にはメジャーのスカウトたちが大集結。
    完璧な投球を見せる助っ人右腕に目を光らせ「今年の外国人投手の中でナンバーワンに間違いない。
    あのパワーカーブはメジャーでも十分に通用する。直球も威力十分で、カットボールも使えるのは大きい」(あるスカウト)と高く評価している。

    近年では巨人で先発ローテーションの一角を担ったマイコラスや元ヤクルトのバーネットら、日本球界からの“逆輸入投手”がメジャーに戻って活躍している。
    さらに今季はNPB所属の日本人投手でメジャー球団の目を引く選手がいないという事情もあり、ジョンソンの能力により注目が集まっているのだ。

    もちろん阪神側は「今年チームがここまで戦えているのはジョンソンのおかげ。
    中継ぎには欠かせない絶対的な存在。来年もいてもらわないと困る」(チーム関係者)と全力で慰留する構え。
    ジョンソンも5月に28歳の誕生日を迎えた際に「来年も甲子園で迎えたい? そうありたいね」と答えるなどチームへの愛着を示していた。
    だが、年齢的にも若く、チャンスがあるなら母国で…と考えても不思議ではない。

    中日戦(甲子園)がグラウンド状態不良で中止となった29日、矢野監督は「終盤に1点でも2点でもリードしてみんなでつないで勝つ。
    負担が掛かると思うが、成長できるはず」と逆転CSに向けて中継ぎ陣のフル回転を予告した。ジョンソンへの期待はチーム内外で高まっている。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1530690/
    2019年08月30日 16時30分

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1800128/


    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/31(土) 08:07:01.64 ID:A46Dh7rA0
    ええの獲ったで!

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/08/31(土) 08:07:50.23 ID:LrUXlI5v0
    鳥谷の4億をくれてやれや

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567206242/

    続きを読む

    このページのトップヘ