1


 阪神は7日、DeNAにコロナ陽性者が複数発生したため甲子園での試合が中止になった。思わぬアクシデントとなったが、矢野燿大監督(53)は「こういう状況は、どうしようもない」とあくまで自然体を貫いた。

 一方で、この日は全体練習開始前に全体ミーティングも実施。自己啓発等、多数の著書で知られる実業家・中村文昭氏を招き約1時間、講話に耳を傾けた。

「いろいろなことを言ってもらった」と振り返った指揮官が目をむけたのは、ナインのメンタル面。現在1勝10敗と開幕ダッシュには事実上、失敗しただけに「今、俺らが結果うまくいっていないから気づけていないこともあるし、気持ちの部分だったり、新しい気づきだったり、そういうものを伝えてもらった」と、再度のナインの向上心と反攻に向けての士気を高めたかった模様だ。

 改めてリスタートへの決意を強くした矢野監督は「苦しいなかでも楽しいとか、諦めないとか、積極性とか、貫くしかない。それはどこでも、いつも変わらない。カードが変わろうが、1戦目だろうが、2戦目だろうが一緒」とキッパリ。開幕早々に背負ってしまった借金を一つ一つ返していきたいところだ。




キャンプで話すべき内容のような..... 阪神がメンタル強化へ全体ミーティングで講話 矢野監督「気持ちの部分を伝えてもらった」(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2d58e3e313387ed964b58a8c2b784c1963ad912f 


続きを読む