1


 阪神・西純矢投手(19)が27日、練習試合・中日戦(北谷)の7回からリリーフ登板。2イニングを1安打無四死球無失点に抑え、開幕一軍生き残りへ一歩前進した。
 
 右腕がこの日強く意識したのは投球テンポ。「調子が悪いと無意識にテンポが自然と遅くなってしまう。どんどんと打者に向かって投げていこうと意識しました」。スライダー、フォークなどの変化球にもキレがあり空振りを量産。矢野監督も「昨季に比べてかなり成長してくれた」と入団2年目の若武者に目を細めた。

東京スポーツ




阪神西純矢2回1安打無失点 同期井上の激励に結果  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210227-32271100-nksports-base  <練習試合:中日1-8阪神>◇27日◇北谷 阪神2年目西純矢投手が今キャンプ最後の実戦登板で7回からマウンドに上がり、2回1安打無失点に抑えた。 前日26日にセットポジションでの投球を修正。… pic.twitter.com/ywFeuvOrlQ



阪神・西純がリリーフ無失点に手応え「どんどん打者に向かって投げていこうと」(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/14ba1c5d6b2876dd96ba3f450adb726a825f8e14  結果を出した西純矢君 まだまだ開幕一軍は諦めないぜ‼️😁🐯


続きを読む