とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ロサリオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     台湾プロ野球(CPBL)の中信ブラザーズが12日、新たな助っ人としてドミニカ出身のフランシスコ・ペーニャと契約することがわかった。現在32歳のペーニャは、米大リーグ通算で5本塁打、打率.216の成績だが、マイナーリーグでは長い期間にわたって活躍し、2021年も3Aで23本塁打を放つ貢献ぶりだった。2021年台湾シリーズを獲った中信ブラザーズは、今シーズンの打撃力も大きな期待をされている。

     昨シーズンのCPBLは、各チームとも打力不足に悩まされた。台湾シリーズで勝利した中信ブラザーズでさえもチーム本塁打数は77本(/120試合)。試合数や環境の違いはあれど、日本プロ野球のリーグ優勝チームであるヤクルト(142本)、オリックス(133本)と比べると、およそ半数程度にとどまった。そこで、各チームは2022年に入ると、すぐさま長距離砲の獲得を進めた。

     南台湾にある統一ライオンズも6日、元阪神のウィリン・ロサリオと契約した。韓国で大活躍したロサリオは、阪神時代こそ外の変化球を苦しみ、わずか一年で解約となったが、アメリカの3Aに戻っても成績は悪くなく、2019年には20本塁打を放つ活躍。その豪快なスイングはCPBLのピッチャーに十分適用すると、球団から大きな期待を受けている。同球団打撃コーチの劉育辰氏も台湾メディアの取材に対し、「シーズン20本は基本じゃないかな」と評価しており、2月からの春キャンプ合流予定を待ちわびている様子だ。

     さらに、リーグ最少の52本塁打にとどまった味全ドラゴンズも、元日本ハムのロニー・ロドリゲスと契約。ロドリゲスは、昨季日本ハムで打率2割にも満たなかったが、コロナの影響でなかなか発揮できなかった経緯もあり、味全球団は獲得に踏み切った。さらに、味全球団は、テルビン・ナッシュも獲得。2019年に米独立リーグで41本を放った大砲で、富山や神奈川など日本の独立リーグにも所属経験がある。この二人の加入で、味全は長打力を改善できるか注目が集まる。

     そして、富邦ガーディアンズも8日、元広島のサビエル・バティスタと契約合意し、2月から球団に合流予定。2019年に26本塁打をマークした大砲も、今シーズン富邦球団に大きな打撃力を与えることは間違いない。

     一方で、唯一助っ人打者を補強していない楽天モンキーズは今季、ピッチャー陣が強力な新戦力たちに手を焼くことになるかもしれない。

    鄭仲嵐




    ロサリオ、バティスタ、ロドリゲス…貧打解消の救世主となるか。2022年台湾リーグ助っ人はNPB色が濃い?(ベースボールチャンネル) バティスタ、台湾プロ野球かぁ。 #カープ  https://news.yahoo.co.jp/articles/6f2b0c7ae7df6fee52efbc96acff677c3fd7604e 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/08/31(月)00:41:28 ID:yTz
    ロサリオ .242(281-68) 8本 40打点 OPS.659

    ボーア  .245(192-47) 12本 33打点 OPS.781
    サンズ  .278(180-50) 12本 41打点 OPS.913

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 20/08/31(月)00:50:53 ID:6rj
    ロサリオもボーアくらい我慢してたら

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1598802088/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    8回の第4打席で左翼席へ決勝の4号ソロを放つ  元阪神でツインズ傘下3Aロチェスターのウィリン・ロサリオ内野手が17日(日本時間18日)、本拠地でのメッツ傘下3Aシラキュース戦に「4番・一塁」でスタメン出場。チームトップとなる決勝の今季4号ソロを放った。チームの5-4での勝利に貢献した。

     ロサリオは4-4の同点で迎えた8回。1死走者なしで迎えた第4打席で1ストライクからの2球目、甘く入った変化球を捉え左翼席へ決勝の4号ソロを放った。チームは1点リードを守り切り勝利した。

     今季はここまで10試合に出場し打率.275、チームトップの4本塁打、7打点の成績を残している。

     ロサリオは昨季所属した阪神では1軍と2軍を行き来し、わずか75試合の出場で打率.242、8本塁打、40打点に終わり退団。今季は4年ぶりに米球界に復帰しメジャー昇格を目指している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00349356-fullcount-base



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    地元紙が特集「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」

     昨季限りで阪神から自由契約となったウィリン・ロサリオ内野手は、ツインズとマイナー契約を結び、招待選手として今春のメジャーキャンプに参加していた。だが、オープン戦は4試合出場で5打数1安打の打率.200と苦戦。一方で、ツインズには同じ姓を持つエディ・ロサリオも在籍しており、オープン戦15試合に出場し打率.356と好調。エディは今や主軸打者で、「ツインズのロサリオ」は明暗が分かれている。

     ツインズの地元紙「スター・トリビューン」は、「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」とのタイトルで特集を掲載。2人の現状について伝えており、その中で元阪神のロサリオがロッキーズでプレーしていた時代、多くの投手が捕手としてのプレーに「文句を言っていた」ことなどを紹介している。

     記事ではまず「5年前、エディは出場停止を受け、ウィリンはメジャーの正捕手だった。現在、エディはツインズで最高の選手かもしれないが、ウィリンはチームに留まることを目指している」と言及。2015年当時と現在とでは、2人のロサリオの立場が逆転してしまったという事実に言及している。

     元阪神のウィリンは、23歳だった2012年にロッキーズで正捕手の座を奪取。その年に100試合先発出場、28本塁打、71打点という好成績を残した。ウィリンはここから3年間、レギュラーとして活躍。「2014年1月の時点で、このドミニカ共和国出身のがっちりした若手捕手には、長くて稼げるメジャーリーグのキャリアが待っているように思われた」。まさに将来を嘱望される存在だった。

     一方で、当時22歳のプエルトリコ出身のエディは、マイナー時代の2014年1月に禁止薬物の陽性反応が出て、50試合の出場停止になったと記事では回顧している。

    「ほとんどの投手たちは…捕手としての彼にかなり文句を言っていた」  その立場が5年後の現在は完全に逆転。もっとも、当時からウィリンは問題を抱えていたという。「コロラドでは、ウィリンには捕球の問題があり、彼を正捕手として起用し続けることができないと決断された。彼は2015年の半分をマイナーで主に一塁手としてプレーした」。打てる捕手として台頭したが、キャッチング技術に問題があり、“捕手失格”の烙印を押されたというのだ。

     記事には、2014年当時にロッキーズに在籍していた名リリーバーのラトロイ・ホーキンス氏が登場。現在、2人のロサリオが在籍するツインズで特別補佐を務めている同氏は、「私は捕手としてのウィリンに問題はなかった。しかし、他のほとんどの投手たちは……捕手としての彼についてかなり文句を言っていたよ」と“暴露”。やはり、捕手としての能力にはかなりの問題があったようだ。

     5年前に出場停止処分を受けたエディは現在、ツインズで4番を打つほどの存在となった。一方で、ウィリンはマイナー契約からのメジャー昇格を目指して、招待選手として奮闘している。特集は「今春、彼らは数100ヤード(約91メートル)離れた距離にいるが、野球の世界では何光年も離れている」と、ウィリンには厳しすぎる一文で締めくくられている。

     昨季は阪神で期待に応えられず、1年で退団することとなったロサリオ。メジャー昇格を掴み取り、“名誉挽回”できるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00329100-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/11(月)22:18:36 ID:Cnr
    あいつ残ってほしかった

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552310316/

    続きを読む

    このページのトップヘ