とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ロベルト・スアレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ナ・リーグ パドレス6―3ダイヤモンドバックス(2022年9月7日 サンディエゴ)

     元阪神で、現在はパドレスに在籍するロベルト・スアレス投手(31)が、ダルビッシュ有投手(36)の13勝目を強力にバックアップした。7日(日本時間8日)、本拠地ペトコパークでのダイヤモンドバックス戦で、ダルビッシュの後を受けて7回無死一、二塁の場面で登板、1回を無失点に抑えた。

     2点リードの7回無死一、二塁でマウンドへ上がり、捕手のノラがキャロルの三盗を阻止して1死。トーマスに四球を与えて一、二塁としたが、代打ウォーカーをニゴロ併殺打に仕留めてピンチを無失点で切り抜けて、ダルビッシュの13勝目に“貢献した”。

     スアレスの好救援もあり、ダルビッシュは、今季メジャー最多の21回目のクオリティースタート(QS=6回以上、自責3以内)をマークし、メジャー2年目の13年以来9年ぶりの13勝目を挙げた。これで大リーグでの日本投手の通算勝利数は1001となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0472109d5d1976d3ec9331bb085e15791f4011a3





    ダルビッシュ⇒スアレス👍👍👍👍👍  https://twitter.com/tbsnewsdig/status/1567724924961423361 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    24日のドジャース戦でメジャー初勝利を挙げた

     昨季までソフトバンク、阪神で計6年間プレーし、今季パドレスに移籍したロベルト・スアレス投手がFull-Countの取材に応じ、日本での思い出を語った。昨年まで2年間在籍した古巣の阪神が苦しんでいることに「上向くことを願っています」とエールを送った。

     メジャー初年度の今季はここまで6試合に登板して1勝1敗、防御率5.40。ダイヤモンドバックスとの開幕戦では2点リードの9回に登板して3連続四球を与えて降板し、敗戦投手になった。しかし、23日(日本時間24日)のドジャース戦で延長10回に登板、1回無失点に抑えて初勝利を挙げるなど徐々に真価を発揮している。「良くなってきている。最初の試合はたくさん(四球で)歩かせてしまったけど、今は調子がいいよ」と手応えを口にした。

     31歳のベネズエラ出身の右腕はメキシカンリーグを経て2016年にソフトバンクへ。20年に阪神に戦いの場を移すと守護神として活躍、2年連続で最多セーブのタイトルを手にした。6年間プレーした日本への愛着は深いようだ。「日本が好き。文化が好きだったし、教育も良かった。日本が恋しくなるよ」と振り返る。

     阪神に対しても同様。「とてもいいチームでいい組織。心機一転で臨み、いい機会をもらった」と感謝の言葉を口にする。その阪神が今季苦しんでいることに「知っています。今後上向くことを願っています」とエールを送る。阪神での2年間で大きく飛躍した右腕は“古巣”の復調を心から願っている。

    盆子原浩二 / Koji Bonkobara




    元阪神スアレスが古巣へエール「上向くことを願っています」 日本に愛着「恋しくなる」 #mlbjp #hanshin #阪神タイガース #npb  https://full-count.jp/2022/04/25/post1211757/ 



    @Fullcountc2 スアレスが恋しいよ...。 頑張れスアレス‼︎



    @Fullcountc2 スアちゃん帰ってこいほんま😢


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ダイヤモンドバックス4-2パドレス>◇7日(日本時間8日)◇チェースフィールド

    昨季まで阪神の守護神を務めたパドレスのロベルト・スアレス投手(31)が、ダルビッシュ有投手(35)の開幕投手勝利を消した。2-0の9回、4番手でマウンドに上がるも先頭にストレートの四球。次打者にもカウント3-1から四球を与え、さらに死球で無死満塁とされ、1死も奪えず降板した。代わった投手も暴投で1点差とされ、さらに7番の指名打者セス・ビアー(25)にサヨナラ逆転3ランを浴びた。

    スアレスはこの試合がメジャー初マウンド。NPB通算68セーブの実績を引っ提げて1年550万ドル(約6億6000万円)でメジャー移籍したが、この日は3分の0回を3四死球3失点で防御率は「-(無限大)」。デビュー戦黒星となった。

    ダルビッシュは6回無安打3奪三振で無失点の快投。92球を投げて4四球を与えただけだったが、自身3度目の開幕投手も不運な結末で、初勝利を逃した。




    阪神の呪いがスアレスにも伝染してて草



    ビッシュはさすがやな。6回無失点。パドレス9回は阪神タイガースから移籍したスアレスが投げた。阪神弱いわけだ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    直近10年でセーブ王5人輩出、本命は新助っ人も、最速160キロの藤浪も候補か

     昨シーズンは終盤にヤクルトの勢いに飲まれセ・リーグ2位に終わった阪神。寅年の2022年は17年ぶりのリーグ制覇に大きな期待がかかるが、不安要素はスアレス退団による“守護神不在”だ。

     阪神は過去10年間で12球団最多となる5度のセーブ王を輩出しており、守護神に恵まれている球団ともいえる。だが、今オフに2年連続でタイトルに輝いたスアレスが退団しパドレスに移籍。在籍2年で計113試合に登板し、67セーブをマークした絶対的守護神の穴は誰が埋めるのか。

     新助っ人として獲得した身長193センチ、最速157キロを誇る右腕カイル・ケラーが候補の1人だが、コロナ禍で昨年同様に外国人の来日は遅れる可能性がある。日本人投手で見るとセットアッパーとして中継ぎ陣を支えてきた岩崎優が真っ先に候補に上がる。

     昨季はスアレスと並びチーム最多の62試合に登板。3勝3敗1セーブ41ホールド、防御率2.65の成績を残し、東京五輪でも金メダル獲得に貢献。後半戦では一時、守護神を務めたこともあり、経験、実績ともに十分だろう。

     力で圧倒するなら160キロの直球を持つ藤浪晋太郎も候補の1人だろう。昨季は開幕投手を務めたが結果を残せず2軍落ちも経験、シーズン途中からはリリーフに配置転換され最終的に21試合に登板し3勝3敗4ホールド、防御率5.21の成績に終わった。先発、リリーフを経験した右腕を矢野監督がどのように起用するのかも注目だ。

    〇阪神の過去10年の守護神事情 ※はセーブ王

    21年 ロベルト・スアレス・42S※ 岩崎優・1S
    20年 ロベルト・スアレス・25S※ 岩崎優、藤川球児・2S、能見篤史・1S
    19年 ラファエル・ドリス・19S 藤川球児・16S、島本浩也・1S
    18年 ラファエル・ドリス・32S 藤川球児・2S、能見篤史・1S
    17年 ラファエル・ドリス・37S※ 高橋聡文・1S
    16年 マルコス・マテオ・20S ドリス・8S 藤川球児・3S
    15年 呉昇桓・41S※ 福原忍・1S
    14年 呉昇桓・39S※
    13年 福原忍・14S 久保康友・6S、安藤優也、筒井和也、加藤康介・1S
    12年 藤川球児・24S、榎田大樹、筒井和也・2S、福原忍・1S




    阪神、スアレス退団で“守護神”は誰に 17年ぶりVへ最有力は新助っ人、岩崎、藤浪も | Full-Count  https://full-count.jp/2022/01/10/post1174610/  カイルケラー投手と 岩崎優投手の一騎打ちの様相だと思います🙄🐯 が? その時が来るまで 誰が守護神となるのかは 分からない😶🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「NPBアワーズ2021」(15日、都内)

     阪神を今季限りで退団したロベルト・スアレス投手(30)が、2年連続となる最多セーブ投手賞を受賞した。

     ビデオメッセージでは「コンニチワ。2年連続でセーブ王のタイトルを取れたことを、とてもうれしく思います。毎日、チームの勝利に貢献できるよう私の100%を出して全てのセーブ機会を生かせるように投げました。それが良い結果につながったと思います。アリガトウゴザイマス」と、日本語のあいさつも交え、笑顔のコメントを寄せた。

     今季は62試合に登板して42セーブ、防御率1・16。今月1日に、米大リーグ・パドレスと契約を結び、メジャー移籍の夢をかなえた。







    スア様ーーー😭 阪神 退団のスアレスが笑顔であいさつ「アリガトウゴザイマス」NPBアワーズ(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/55ea08924c0df78bb3ebd026fb50655cacb1040b 


    続きを読む

    このページのトップヘ