1


 阪神・サンズに来季「5番・一塁」の可能性が浮上している。矢野監督がテレビ番組でマルテと共に名前を挙げ、「サンズは一塁の可能性もある」と起用法について言及した。

 来日1年目は主砲の役割を担った。開幕2軍スタートも6月27日DeNA戦(横浜)で値千金の逆転3ラン。定位置を奪うと、8月中旬から4番に座り、休み明け火曜日と好機にめっぽう強く「ハッピーハンズポーズ」で一躍人気者になった。

 執ような内角攻めに遭いながらも我慢強いスタイルを貫き、9月まで打率・283と奮闘した。だが、後半は失速。10月は左手に死球を受け、欠場する試合もあった。疲れもたまっていたのか、10月以降は打率・206と沈み、シーズンの成績は打率・258、19本塁打、64打点だった。

 【月間成績】

 6月  3試合、打率・091、1本塁打

 7月 23試合、打率・321、5本塁打

 8月 26試合、打率・261、6本塁打

 9月 26試合、打率・280、6本塁打

10月 25試合、打率・205、1本塁打

11月  7試合、打率・190、0本塁打

 帰国直前、サンズは「いいシーズンだったと思う。チームは2位をキープできた」と振り返り、「個人的な成績としては最初の方はすごく良かったんですけど、シーズンの途中から成績が落ちてきてしまったので、そこで得たいいところ、悪いところ、それをしっかり自分の中で考えて、また次のシーズンに向けて準備できたらいいと思う」と話した。

 来季は4番大山が勝負を避けられることも予想され、勝負強さを発揮できれば、5番サンズは適任となる。

 一塁守備の不安はなさそうだ。今季1軍では出場はなかったが、2軍戦ではスタメン出場し、軽快な動きを披露した。平田2軍監督は「ファーストはうまいよ。何の心配もないね。ハンドリングもいい」と合格点。「5番一塁」を巡って、来春キャンプはマルテとの競争が注目される。(デイリースポーツ・杉原史恭)




ロハスはスタメン確定として、マルテとサンズが競争になるかもしれないとは、層が厚い。



選手登録は5人までやけど ロハス←New アルカンタラ←New チェン←New エドワーズ←残留 スアレス←残留 マルテ←残留 サンズ←残留 ガンケル←残留 外国人でも競争できればいいし サンズの2年目の慣れ 大山の成長 佐藤輝等、大学、社会人の即戦力加入 戦力外通告受けた加治屋


続きを読む