1


 「中日2-5阪神」(24日、ナゴヤドーム)

 プロ入り初の「1番」でスタメン出場した陽川は4打数1安打。「打順とか関係なくやることは変わらないんで。しっかり打席の中で自分のスイングをするってことはどの打順でも変わらないんで」と強調した。

 プロ初の1番。それどころか過去を振り返ると「中学校ぐらいです。何年かはわからないですけど」と中学生ぶりの1番スタメンだったことを明かした。

 北條が走者一掃の逆転適時二塁打の前には四球を選びチャンスメーク。「何とか自分もつなぐ意識で打席に立っていました」と役割を果たした。

 “虎の新リードオフマン”となった陽川。25日以降の打順は分からないが、どんな起用でも自分の打撃をするだけだ。




勝つには勝ったが… 1番陽川… どないすんのやろ? (((((((・・;) #阪神優勝  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1286640688503783424 



1番レフト陽川で壊れたと思ったが、まぁまぁ対応できてたか。ライトサンズもやばいと思ったがw今日のオーダーで勝ってしまうのは、なんともw正直、ポジションはあまりいじらないでほしい。ボーア戻ってきても使いたいと思わせた陽川は偉いけどw


続きを読む