とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    中日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     8日のウエスタン・阪神戦で中日・根尾昂外野手が九回に登板。最速150キロを計測するなど、二刀流としての片りんをのぞかせた。大阪桐蔭時代は投手兼遊撃手で同校の春夏連覇に貢献。ドラフトが近づくにつれて、他球団のスカウトを含めて色んな評価を聞いた記憶がある。

     その中でも印象に残っていたのが阪神の畑山チーフスカウト(当時・現統括スカウト)が語った「桑田になれるかもしれない」という一言。根尾の身長が177センチとプロの投手からすれば小柄なこと、「とにかく強く振れる」と魅力的なフルスイングをしていたことから野手で評価する声が圧倒的に多かった。そんな中で「投手・根尾」を評価する理由を聞いた。

     一つはメンタル面。春のセンバツでは2年連続で胴上げ投手になるなど、甲子園の大観衆を前にした中でも動じること無く自分の投球に徹することができる精神的な強さを評価していた。

     もう一つはチームを勝ちに導くことができる投球センス。この場面でやってはいけないこと、チームが勝つために何が必要かを考えて一球一球を投じる姿を見て「すごくマウンドで映える選手」と同チーフスカウトはたたえていた。

     野手としても評価する一方で、ドラフトに向けて投手としての可能性も徹底的にリサーチ。マウンドで躍動する根尾の姿と、かつてPL学園時代に5度の甲子園出場を果たし、歴代2位の通算20勝をマークした桑田氏をダブらせた。桑田氏も身長が180センチに満たない中、類い希な投球センスとボールのキレ、抜群の制球力でプロ通算177勝を記録。ルーキーイヤーから2勝をマークし、3年目で開幕投手を任されるなど身長=実力ではないことを証明した“前例”があった。

     その年、阪神はドラフトへ向けて様々な可能性を探究していた。その一方、チームは最下位に転落し、チームを率いた金本監督が辞任。新たに矢野監督を据え、抜本的な改革に乗り出す中、野手のセンターライン強化のため大阪桐蔭・藤原を1位指名。最終的に外れ外れで大阪ガス・近本の交渉権を獲得した。

     あれから4年、甲子園で根尾が投げる姿を見て当時のエピソードを思い出した。2018年は阪神でヘッドコーチを務めていた中日・片岡篤史2軍監督が、自身のYouTubeチャンネルで「いろんな可能性を見つけてあげるのが私たちの仕事」と説明していたのも興味深かった。

     投手であれ、打者であれ、1軍の舞台で活躍するのがプロ野球選手の本懐。そのために何が最善か-。「投手・根尾」の可能性がどこまで花開くか、これからが楽しみだ。(デイリースポーツ・重松健三)




    ピッチャー根尾の平均球速…全盛期の桑田より速いよな



    中日ドラゴンズの根尾さんの投手デビューの内容 桑田真澄みたいで良いやん 専念すれば2桁勝利いける(^∇^)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     中日・又吉克樹投手(31)が今年7月に取得条件を満たした国内FA権を行使することが確実視されている。

     ここまで球団と残留交渉を行い、すでに複数年契約での条件提示を受けているが、FA宣言する意志は固いという。

     球団側は宣言残留を容認する方針だが、資金力のある阪神やソフトバンクなどが獲得に興味を示しており、中日が引き留めるには厳しい状況だ。そこで中日関係者は、又吉は金銭と人的補償が発生するBランクとあって、早くも28人のプロテクト名簿から漏れる可能性のありそうな他球団選手のリストチェックを進めようとしているほど。流出を覚悟している。

     又吉以外のリリーバーでは、祖父江と田島が今季中に取得した国内FA権を行使せず残留し、25日に契約更改。これに立浪新監督は「貴重な戦力が残ってくれて良かった。ありがたい」と安堵の表情を見せつつも、懸念の又吉については「これからどうなるか分からないが、本人がゆっくり決めて、それを待つしかない」とやきもきしている。

     又吉は独立リーグの四国IL・香川から2013年にドラフト2位で入団すると、1年目から3年連続60試合以上に登板するなどプロ8年間で通算400試合登板とタフネスぶりを発揮。今季はセットアッパー、抑えとフル回転で66試合に登板し、3勝2敗、8セーブ、33ホールド、防御率1・28と抜群の安定感を誇った。果たして…。




    中日・又吉がFA権行使確実に 球団の関心は早くも“人的補償”!?  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3822326/  阪神は超人気球団 又吉さん、満員の大観衆の甲子園で自信が活躍してる姿想像してみて! 鳥肌半端ないやろ? これぞプロ野球選手や! って思うと思うねんな〜 だから待ってるで



    又吉阪神にほしい😭性格もいいしぜひ西宮でひげをはやしまくってほしい👵🏽


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が国内フリーエージェント(FA)権を取得している中日・又吉克樹投手(31)の本格調査に乗り出していることが17日、分かった。球団は新外国人を含めた戦力整備に着手。中継ぎ陣のさらなる強化へ向け、リーグ屈指のサイド右腕に白羽の矢を立てた。すでに権利を行使した場合に備え、水面下で準備中。複数球団との争奪戦となる状況も想定し、速攻アタックも視野に入れて最終調査に入る。

     猛虎が食指を動かし始めた。新外国人の獲得、主力選手の慰留を最優先課題に、球団は来季に向けて全力を挙げた戦力整備に本格着手。並行してFA選手の動向にも熱視線を注いでいる。注目の存在は、中日・又吉だ。

     「(権利行使となれば)確実に複数球団が動きます。そこに向けて(複数球団が)本格的に調査をしていると聞いています」

     球界関係者は水面下での動きを明かし、見通しを立てた。この日までに複数球団が又吉の獲得調査に乗り出していることが判明。当然ながら阪神も、右腕が今年7月に国内FA権を取得した時から調査を進めている。

     12球団最多の77勝を記録しながら、今季もリーグ優勝には手が届かなかった。その要因の一つはシーズン終盤の得点力不足に求められる。ただ敗因はそれだけではない。ブルペン陣の駒不足も、チームの勝敗を大きく左右した。最大の強みである守護神スアレス、セットアッパー岩崎の「勝ちパターン」へとつなぐ顔ぶれが安定感を欠いた。それが来季への課題として残る。「来季に向けていい感じで入って行きたい、いいチーム編成をしたいというのは毎年そうですけど、今年も強く思っております」。嶌村球団本部長も補強に前向きな姿勢を示す。

     そして投手陣の補強ポイントに合致する存在の一人が又吉だ。150キロ前後の直球と鋭いスライダーが武器のサイド右腕。入団8年目の今季もチーム最多66試合登板3勝2敗、8セーブ、33ホールドで防御率1・28を誇った。8年間で通算400試合登板とタフネスぶりも折り紙付きだ。

     通算防御率2・86が物語るように、堂々たる成績を残してきた右腕だが、なぜか阪神相手には苦戦が続いていた。通算対戦成績は70試合4勝8敗、防御率4・54。仮に猛虎の一員となれば自らの成績アップにも直結する。まだ31歳と若く、今後の期待度も十分だ。

     今季推定年俸4200万円の又吉はCランクと見られ、その場合は補償が不要となるため、仮にFA権を行使すれば複数球団が獲得に乗り出す可能性が高い。来るべき時に備え、阪神も静観姿勢を保ちつつ最終調査に入った。勝負の22年シーズンへ向け総力を挙げて戦力整備を進める。

     ◇又吉 克樹(またよし・かつき)1990年(平2)11月4日生まれ、沖縄県出身の31歳。西原、環太平洋大、四国・香川を経て、13年ドラフト2位で中日入り。1年目の14年から3年連続60試合登板するなど、主に救援で活躍。17年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップ日本代表。1メートル81、74キロ。右投げ右打ち。




    又吉本格調査か 是非とも欲しいね



    阪神 FAの中日又吉を調査。 阪神入りか?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/11/13(土) 16:26:13.05 ID:VW+TGTrN0
    FA権の行使が注目されていたDeNA・宮崎敏郎が6年契約で残留することが発表された。広島のエース・大瀬良大地、今季自身初の最多勝を獲得した九里亜蓮、阪神の正捕手・梅野隆太郎らもFAの去就が注目される中、「FAしたら複数球団の争奪戦になる。一番人気ではないか」と球界内で囁かれているのが、中日のセットアッパー・又吉克樹だ。

     今年7月に国内FA権を取得。各球団の注目度が高いのは年俸も影響している。2018、19年に防御率が悪化して登板数を減らしたことで大幅減俸し、今季の推定は年俸4200万円だ。

    「あくまで推定の年俸だが、正直安すぎる。又吉ほどのクオリティーを持ったリリーバーはなかなかいない。大げさでなく、FA宣言すれば対戦したセリーグの5球団が獲得に名乗りを上げても不思議でないぐらい。現代野球は先発と同じぐらいセットアッパーが重要な役割を占め、その存在価値が高まっている。年俸も考慮に入れると又吉は今年のFA選手で一番人気ではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

     今季リーグ優勝を飾ったヤクルトは日本記録のシーズン50ホールドをマークした清水昇、今野龍太、石山泰稚、守護神・マクガフと救援陣の活躍がリーグ優勝の原動力となった。ヤクルトの今季の救援陣はリーグ2位の防御率3.25。これを上回る救援陣が中日でリーグトップの防御率2.92。又吉はチーム最多の66試合登板で、「勝利の方程式」に不可欠な存在として稼働した。

     立浪和義新監督が就任した中日も当然慰留に努めているが、FA権は野球人生でつかみ取った貴重な権利だ。又吉の決断が注目される。(牧忠則)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8fce8ee735a2e8b261a16f5e59dc23a8534d4216

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/11/13(土) 16:26:59.79 ID:mLqbueD60
    でもBなんでしょ?

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1636788373/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神が、今年7月に国内フリーエージェント(FA)権を獲得した中日・又吉克樹投手(30)を調査していることが26日、わかった。

    今季は八回に岩崎、九回にスアレスという必勝パターンがあったが、七回を投げる投手を固定できなかった。来季、及川やアルカンタラは先発に再転向する可能性もあり、スアレスは2年契約2年目とはいえ、昨季から米大リーグの複数球団が熱視線を送っており、楽観視できない状況だ。

    ドラフトで即戦力の大卒投手を3人指名したが、投手は何人いても足りないことはない。そこで注目したのが又吉だ。1年目の2014年から3年連続で60試合以上に登板。サイドスローから投じる150キロ超の直球とスライダーで三振の山を築き、今季も66試合に登板して3勝2敗33ホールド、8セーブ、防御率1・28だった。

    年俸も4200万円で球界関係者は「宣言すれば争奪戦になるのは間違いない」と話す。来季こそ優勝へ-。虎の生命線である救援陣の整備と強化は不可欠。そのときに備え、熱視線を注ぐ。

    ■又吉 克樹(またよし・かつき)

    1990(平成2)年11月4日生まれ、30歳。沖縄県出身。西原高では甲子園出場なし。環太平洋大、四国IL香川を経て2014年D2位で中日入団。1年目からリリーフとして3年連続60試合以上に登板。今年7月3日に国内FA権を取得した。通算400試合に登板し、41勝26敗10セーブ、143ホールド、防御率2・86。181センチ、74キロ。右投げ右打ち、年俸4200万円。背番号「16」




    阪神が中日・又吉を調査、今季国内FA権獲得 救援陣強化へ(サンケイスポーツ)- Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/771da7889a97143264930280f84c200f05cde271  阪神が、今年7月に国内フリーエージェント(FA)権を獲得した中日・又吉克樹投手(30)を調査していることが26日、わかった。 pic.twitter.com/gszFoKxAUX



    おお又吉獲得調査きたー


    続きを読む

    このページのトップヘ