とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    中継ぎ陣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神春季キャンプ」(28日、宜野座)

     メイングラウンドに姿を現した阪神・矢野燿大監督(53)がバットを手にした。最終日の全体練習が始まる前の早出特守。遊撃の木浪、小幡、三塁の大山へノックを放つ。

     「最後も『あぁ、沖縄でもうノックすることもないな』とか思いながらね。悠輔(大山)や聖也(木浪)や竜平(小幡)や…そこらへんに、なんかこう気持ちが伝わればいいなと思って」

     約20分間、一本一本に思いを込めたノックをすっきりした表情で振り返った。

     1月31日に今季限りでの退任を自ら発表するという、異例の形で始まった今キャンプ。「伝えなかったら、なんとなくっていう気持ちになったところもあるかもしれない。選手、スタッフがそういうことを理解して、一日一日をやり切ろうという気持ちでやってくれたと思う」と満足そうに総括する。

     一方で「もっと激化する競争にしたかった」と言葉の端々に物足りなさもうかがえた。守護神スアレスが抜けた穴を埋める中継ぎ陣、そして若手野手の台頭。「結果として今出なかったことは、オープン戦、シーズンの中でまた競争を作っていって、その成果が出ると信じてやっていきたい」。すでに開幕まで1カ月を切っている。ラストシーズンを悔いなく終えるための戦いは、この先も続いていく。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神中継ぎ陣が23日広島戦で1軍生き残りをかける。先発村上頌樹が3回、その後は岩貞祐太、小川一平、石井大智、小野泰己、浜地真澄、湯浅京己の6人が1回ずつ投げる予定。

    沖縄でのオープン戦(26日中日戦、27日ヤクルト戦)は複数の先発陣が登板するとみられ、救援陣にとってキャンプ中の実戦アピールはこれが事実上最後になりそう。金村投手コーチは「内容、打ち取り方、意図が見えるかを矢野監督は重視してる。結果だけじゃなくて内容ですね」と説明した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    JFKをはじめ、球界に一時代を築いた阪神のリリーフ陣に、不安の影が漂っている。昨季のセ・リーグ6球団の救援防御率は

    <1>中日 2・92

    <2>ヤクルト 3・25

    <3>巨人 3・49

    <4>広島 3・50

    <5>阪神 3・83

    <6>DeNA 3・89

    で、阪神は5位に沈んでいた。

    さらに深刻なのは、中継ぎ陣の不振だ。前述の球団別救援防御率から、各チームの最多セーブ投手(防御率は、中日=R・マルティネス2・06、ヤクルト=マクガフ2・52、巨人=ビエイラ2・93、広島=栗林0・86、阪神=スアレス1・16、DeNA=三嶋4・08)の成績を差し引き、「中継ぎ陣防御率」を出すと

    <1>中日 3・03

    <2>ヤクルト 3・36

    <3>巨人 3・56

    <4>広島 3・86

    <5>DeNA 3・87

    <6>阪神 4・29

    つまり、昨季の阪神中継ぎ陣は、リーグ最低の防御率だった。4点台だったのも唯一である。中継ぎ陣防御率と最多セーブ投手防御率の差3・13も最大で、セ最多の42セーブを稼いだスアレスとの間に大きな断層が生じていたことが分かる。

    昨季のイニング別失点で、阪神は8回に最多の79点を失っていた。ワースト失点イニングが8回だったのは、セ・リーグではほかに広島(100失点)だけだ。救援防御率セ1位の中日35失点の、実に2倍以上にのぼる。阪神のこの回に限った得点圏被打率は3割3分6厘(125打数42安打)で、他イニングの2割4分3厘から1割近くも悪化した。8回のピンチにほんの少し踏ん張っていれば、拾えた白星もあったに違いない。昨年Vのヤクルトとはゲーム差なしの2位だったチームにとっては、悔やんでも悔やみきれない終盤の不出来だった。

    阪神ではかつて、藤川球児やウィリアムス、近年ではマテオやジョンソンらそうそうたる「8回の男」たちが、相手の反撃を断ってきた。そんな日々が遠い昔にすら感じられる。在籍2年で67セーブを挙げたスアレスは、メジャーへと去った。昨季の悔しさを晴らすには、救援陣の抜本的な再建が欠かせない。【記録担当=高野勲】




    岩貞・馬場・小川・石井あたりの活躍に期待したいですね。 #阪神タイガース 8回に最多79失点の阪神 リーグ最低防御率「中継ぎ陣」抜本的な再建必要(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6bf810a1b435e469456155c9cba9c90fd7d2f205 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1-1


     交流戦4カードを終えた阪神は、5勝7敗と苦しい戦いが続いている。33勝19敗で首位に立ち、貯金こそは14あるが交流戦順位は9位。8日からの日本ハム3連戦(札幌ドーム)、11日からの楽天3連戦(楽天生命パーク宮城)で勝ち越し、浮上の波に乗せたい。

     先行逃げ切り型の戦いが続くチームだが、直近の試合では中盤や終盤に逆転、勝ち越されるケースが痛かった。象徴的だったのは、5月25日のロッテ戦と6月1、3日のオリックス戦(全て甲子園)での敗北。登板過多気味であった岩崎がいずれの試合も八回に登板し、手痛い失点を刻み、チームは敗戦した。

     岩崎は開幕からフル回転を続けてきただけに、今後の戦いを見据え、本調子に戻すことが先決と考えた首脳陣は、鳴尾浜でのリフレッシュも兼ねた再調整を命じている。

     日本ハム戦や楽天戦ではセットアッパーの穴をどう埋めるかも重要なポイントとなる。そんな中でカギを握りそうなのは中継ぎで昇格した藤浪の存在だ。

     4日に出場選手登録を抹消された岩崎に替わる形でウエスタン・中日戦の遠征中だった名古屋から緊急昇格。同日のナイター、ソフトバンク戦では5点リードの九回からマウンドに上がり、無失点投球を演じた。最速157キロとスピードも申し分なく、勝利の展開での投球に期待される。

     岩崎だけではなく、開幕から1軍で奮投していた小林も5日のソフトバンク戦で左足首を負傷した影響で、6日に出場選手登録を抹消。優勢、劣勢のどちらの展開でもマウンドに上がり、支えてきた万能な投手なだけにチームにとっては痛い離脱となった。

     毎回、先発陣が長い回を投げられるとは限らないだけに、岩崎や小林に替わる形で安定した投球ができる投手の出現が求められる。石井大や及川、斎藤など1軍経験は浅いが、着実に経験を重ねている投手たちの力投も重要となってくる。

     前カードのソフトバンク3連戦では、守備のミスも際立った。敗戦した5、6日はともにチームワーストの3失策を記録。そのミスに乗じて相手打線が大量得点につなげるケースとなり、完全に流れを与えてしまった。このようなミスを減らせるかが、今後の勝負を左右していくだろう。

     交流戦残り6試合。ブルペン陣も苦しい状況だが、バックともども全員で助け合っていく必要がある。勝利の道を切り拓くために、一丸野球で乗り越えていくしかない。(デイリースポーツ・関谷文哉)




    交流戦苦戦の阪神 藤浪らが救世主となるのか? 中継ぎ陣の力投がカギ(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4f5835b4fbf168a4c18eeab907fbe6d8d7e7c74f  今の中継ぎでは藤浪ひとりが加わるだけでもまだまだ足りない。本当なら及川なんかは二軍で先発としてじっくり育てたいんだろうけど。 #hanshin



    交流戦苦戦の阪神 藤浪らが救世主となるのか? 中継ぎ陣の力投がカギ 中継ぎより先発の出来次第だと思ってます。 西勇は先制点を与えない投球をして欲しい。 現状秋山が最も頼りになると思います。 晋太郎は1イニングならやってくれると信じています。 #阪神タイガース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4f5835b4fbf168a4c18eeab907fbe6d8d7e7c74f 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3ー14ヤクルト(2021年5月18日 甲子園)

     試合後、阪神の矢野監督は13四死球、14失点を喫した投手陣について言及した。

     5失点と精彩を欠いた西勇については「際どいところボールと言われたら、甘く入るというのはもちろんあるし。勝負にいってるところではっきりボールになるところもあった。ボール自体が悪いとかはない。ボールを低めに集めてというところでは若干、コントロールが悪かったのかなと」と評した。

     また、2番手以降、登板した3投手すべて失点した中継ぎ陣に関しては「もちろん」と2軍との入れ替えを実施することも明言。また、足の張りを考慮してスタメンを外れた糸原については「すぐスタメン復帰という感じではない。あんまり無理もさせられない。ちょっと様子見ながら、休ませながら状態がどうなっていくのか見ていく」と慎重に状態を見極める方針を口にした。




    また、2番手以降、登板した3投手すべて失点した中継ぎ陣に関しては「もちろん」と2軍との入れ替えを実施することも明言。 この言葉が全てを物語っているんだよなぁ  https://twitter.com/saitamano334/status/1394656821550272514 



    3人とも中継ぎを降格とまで言ってないけど、純粋に守屋投げてる球数も多いし小野桑原ずっとキツそうだし全員もありえるんか 首位でも緩めない手綱 阪神・矢野監督が精彩欠いた中継ぎ陣の入れ替えを明言(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/636346aa85fd366b14f5d3883a5e5b1a35aca81f 


    続きを読む

    このページのトップヘ