とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    中西清起

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    元阪神投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏(58)が、ヤクルト-阪神戦をチェック。阪神好調の要因を解説した。

      ◇  ◇  ◇

    -開幕3連勝の阪神は、この3戦で8人のリリーフをすべて使い切った。この日は、先発ガンケルから、加治屋、石井大、9回はオープン戦好調だった小野が締めた。

    中西 今シーズン採用された「9回打ち切り」のルールに十分対応ができることがわかった3連戦だった。6回降板のガンケルは7回まで投げてもおかしくない投球内容だが、ベンチとしてはリリーフがそろっているから迷うことなくスイッチができる。その先に、8回岩崎、9回スアレスが控えるのは大きい。

    -開幕戦(26日)の7回は3番手石井大が同点に追いつかれると、加治屋で流れを断った。この日は3点リードの7回に加治屋を投入し、下位打線の1イニングを封じ込んだ。

    中西 このヤクルト3戦のリリーフのポイントは加治屋の働きだった。どの展開でも結果をだしたのは収穫で、補強がうまくいったという表れだろう。そして勝ちパターン、負けパターンに投げるリリーフの力量差にあまり隔たりがないということもいえる。そこは昨年と違うところだ。

    -ヤクルト3連戦でリリーフした“8人の男”のメンバーにあって失点したのは桑原、石井大の2人だった。

    中西 今シーズンに限っては、先発に「もう1イニング」を求めるケースが少なくなるかもしれない。相手チームに追い上げられたら、先発ピッチャーを引っ張るより、確率の高いリリーフにスイッチする戦いが増えるのかもしれない。そこは早め、早めの継投になりそうだ。その意味でも3連戦でリリーフが力を発揮した。チームが若いだけに、この3連勝で勢いをつけたい。【取材・構成=寺尾博和編集委員】




    開幕したてで流れが大事だし、それに加えて9回打ち切りなんだから、危なくなったら早めの継投するよね。 矢野監督は年々有能になってる気がする。 #阪神タイガース



    オープン戦の好調のまま三連勝素晴らしい!!! このまま首位独走して優勝してくれたらいいなぁ!でも阪神やからな??? 知らんけど! #すまたん阪神


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <オープン戦:ヤクルト6-9阪神>◇16日◇神宮

    阪神ドラフト1位佐藤輝明内野手(22=近大)が4回に5号2ランを放ち、新人では72年佐々木恭(近鉄)以来49年ぶりの快挙となった。

        ◇    ◇    ◇

    開幕カードの相手ということで、ヤクルトの投手陣は、かなり厳しく攻めていた。佐藤輝はセンターから左方向に4本塁打。インコースをどれだけさばくか。この日の対戦では、相手首脳陣も資料集めの一環という意味合いがあったはずだ。

    3回の2打席目は、スアレスはすべてインサイドを突いてきた。4球目のスライダーは膝元からボールになる球で一番いいところに決まった。最後は内角へのカーブで空振り三振だが、次の寺島からは内角球にしっかりと対応した。つまり内角一辺倒では抑えられないことが分かった。スアレスが続投していても、結果は変わらなかったと思う。相手バッテリーは内、外に球を投げ分けながら、組み立てる必要があるし、内角を使うにしても、150キロ前後の球を持つ投手ならインハイ、持たない投手は低めへの変化球という選択をしなければならないだろう。内角に投げれば抑えられるという感じではない。ヤクルト側はどこに穴があるかを探ったが、結果としては見つからなかったのではないか。これからスコアラーは大変になる。

    新人というのは、どこかに弱点があるものだが、佐藤輝に関しては、主力打者と対戦する時のような配球が求められるだろう。今は自分の間で打席に立てており、投手にタイミングを合わせているのではなく、投手が佐藤輝の間に合わせている雰囲気がある。重圧のかからない6番で起用されているが、1カ月も経てば、間違いなく3番に座っているだろう。それだけの実力の持ち主だ。(日刊スポーツ評論家)




    佐藤輝明が逆方向のホームランしか打たれへんって言ってる人おったんやけど、内角のストレートにちゃんと合わせるわ、ライト最上段に飛ばしたことについてはどう説明する?



    佐藤輝明は内角一辺倒では抑えられない/中西清起(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f3832b934ffb6df0ece8c7995f4cb21c108d20  こないだ観に行った感じだと、左投手の外の変化球が完全に弱点ぽい雰囲気でしたね



    @blurlotp_ynwa そうそう、落ちる変化球は苦手だよね。けど本人も今はどんどん振っていこうって感じでやってるだろうから、シーズン入ってそこも修正できたら凄いよね!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <オープン戦:ソフトバンク0-4阪神>◇5日◇ペイペイドーム

    西勇輝投手(30)が今季実戦初登板に臨み、2回を1安打無失点に抑えた。

      ◇   ◇   ◇

    西勇が3月5日に投げられたことは、阪神にとって大きな収穫だ。3週間後の26日の開幕を逆算すると、あと2回のオープン戦はともに中6日で投げて本番に向かえる。開幕までの実戦が2回程度では、やはり心もとない。6日や7日が初登板なら、中5日調整も必要で、さらにズレ込めば、開幕を誰にしようかと心配しないといけなくなる。だがこの日の投球で一定のメドが立った。首脳陣もほっと一安心したことだろう。

    確かに調整不足を感じさせるマウンドではあった。打者10人に対し、3ボールまでいったのが5度あって3四球。シーズンでは1試合平均1四球の投手が、2回で47球を要し、ビシバシと両サイドに決めるコントロールに苦労していた。ただ、離脱からのブランクを考えるとやむを得ない部分だろう。あと2回のオープン戦登板で4イニング、6イニングと投球回を伸ばす中で、修正していけば、遅れをカバーできると思う。

    藤浪も6回に連続四球を出したが踏ん張り、ゲームを壊さず計算できる投手になってきた。ワインドアップでもテークバックを小さくしている分、制球が安定している。ただ、長谷川に中前にはじき返された157キロなど、ヒット3本は全部真っすぐだった。結果を残したいと慎重になり、スライダーやフォークを軸にした配球で真っすぐを狙われた形。持ち味を生かす意味でも、今後は真っすぐ中心の組み立てでいってほしい。

    ひとつ疑問に感じたのは、開幕候補の西勇が投げるのに、捕手は開幕が有力な梅野ではなく、坂本だったことだ。梅野が故障していれば別だが、開幕までに受ける機会はあと2回しかなくなった。藤浪も含め、シーズンで軸になる投手の仕上がりや、先ほど言った配球面の課題など、実戦で確認しておきたい事象はたくさんある。少なくとも西勇が投げる残り2試合は、梅野でいかせるべきだろう。(日刊スポーツ評論家)




    開幕投手候補の西にわざわさ捕手坂本をあてがったんだから今年もここは掻き回すぞという矢野監督の意志の現れだろうよ。梅野がやる気なくさなきゃいいけど。 #hanshin #tigers #阪神タイガース @TigersNews_: 【ニッカン】阪神西勇輝に大役メドも…捕手起用に疑問/中西清起  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202103050001053.html 



    矢野監督の梅野冷遇はさっぱし分からん。捕手出身の監督だけにより一層分からん。梅野とちゃんと会話して納得の上の起用なら分かるがこんな起用してたら梅野も大和と同様に流出してしまう… 阪神西勇輝に大役メドも…捕手起用に疑問/中西清起(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6581d88578bc702d3f949424edc46b561ef817a0 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:ヤクルト3-4阪神>◇28日◇ANA BALLPARK浦添

    阪神は先発左腕が手薄な状況で、チェン、伊藤将の投球に注目していた。短いイニングだったため、即ローテーション入りが確定するわけではないが、結果良しで次の段階に進める内容だった。

    伊藤将は真っすぐ、スライダー、チェンジアップをいい感じで投げていた。グラブをはめた右腕を大きく使うのが特徴的で、真上から振り下ろし、角度をつけている。高い位置にグラブを上げて、その位置に今後は左腕を引っ張ってくるイメージだ。水平に前に出るのではなく、てんびんのように上下動で投げる。マウンドには傾斜があるのでは、それはいいと思う。

    投球フォームで気になる点もあった。右膝を着地させた際に、捕手に早く向きすぎだ。これがもう少し一塁側を向けば、体重移動がうまくできる。下半身に粘りが出て、ボールに強いスピンがかかる。これはじっくりと修正していけばいい。またヤクルト村上に対し、簡単に2ストライクに追い込んだが、その後の3球はすべてゾーンで勝負した。ストライクからボールになる球などゾーンを広く使ったほうがいい。反省点はあるが、球そのものはいいので、実戦を重ねていけばいい。後はイニングを伸ばした時にどれだけ投げられるかだ。

    チェンは中日時代のスピードはないが、懐を突く真っすぐに、変化球をコンビネーションよく投げ分ける技術は持っている。この日の投球を見ても、現時点で心配する点はない。開幕に向けては、離脱中の西勇の状態を見ながら、この日登板したガンケルを含めた3人をどう回していくかが基本になる。とはいえチェン、伊藤将は未知数なので、備えとして岩貞も2軍戦で球数を投げさせるなど、先発としての備えも必要だ。(日刊スポーツ評論家)




    左の先発要員としては及第点じゃない? 阪神チェンの熟練マウンドさばきを矢野監督も絶賛(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d782656e8b7657e0355f053633b61ba6ac948f88 



    阪神チェンの熟練マウンドさばきを矢野監督も絶賛(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d782656e8b7657e0355f053633b61ba6ac948f88  失点はしたものの さすがのチェンさん 監督も絶賛です😌🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    キャンプ中継を見させてもらっているが、佐藤輝は“虎のゴジラ”になれる可能性を存分に秘めている。

    まだ一線級の投手と当たっておらず、とらえているのはほぼ半速球だが、楽々オーバーフェンスさせるパワーは桁違い。遠くへ飛ばすことは、努力だけでは補えない天性によるところが大きい。阪神にいなかったタイプの和製大砲登場だ。球界を見ても、左では浜風をモノともしなかった松井秀喜以来の破壊力を感じる。

    たぐいまれなポテンシャルがあるのだから、1軍の試合、それもスタメンで使って育てていくべきタイプだ。阪神でいえば、同じ大卒ドラフト1位で入団した04年の鳥谷の例が分かりやすい。岡田監督は、少々調子が悪かろうが、疲れが見えていようが、左投手が来ようが、頑として鳥谷を代えなかった。「何言うとんねん。今日、明日だけを見たらあかん。いずれタイガースを背負って立つ。5年、10年先を見て使わなあかん選手や」と。鳥谷も期待に応えて看板選手に成長していくわけだが、佐藤輝についても、首脳陣は同様に覚悟を決める必要がある。

    もっといえば、鳥谷は守備を武器に入った選手だが、佐藤輝は打撃を武器に入った選手だ。5年、10年先を見据えるなら、来年どうなるか分からない外国人より、少々力が劣っていても、使い続けていくべき素材。どんどん一線級や左腕と対戦させ、経験を積んで成長させていくべき素材だ。今後の実戦でもある程度結果を残せば、開幕からクリーンアップで行くぐらいでもいい。3番佐藤輝、4番大山、5番ロハスかサンズあたりなら、夢もビジョンもあって見る方も楽しい。もちろん中軸とは言わず、楽な打順からでもいい。私なら“お前となら心中できる”と覚悟を決め、開幕からスタメンで使っていく。(日刊スポーツ評論家)




    >私なら“お前となら心中できる”と覚悟を決め、開幕からスタメンで使っていく。 そんなわざわざルーキーを心中覚悟で起用せんでも・・・ 調子が良ければスタメン、ダメなら控えor2軍でいいと思うが 佐藤輝明“虎のゴジラ”へ…覚悟の起用を/中西清起(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b89aec02061372894ce3cfadef1ab9c276a8c54a 



    佐藤輝明の件 大山「あいつはヤバいっす!! あんな打球初めて見ました…」 この背中を見てくれ!! 松井秀喜→柳田悠岐→佐藤輝明になるのは間違いないでござるよ!!! #阪神タイガース pic.twitter.com/GjZmvLQnsi


    続きを読む

    このページのトップヘ