とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    中西清起

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人1-8阪神>◇1日◇東京ドーム

    好投した阪神西純矢は、ここから巻き返しを図るチームの“新戦力”になるかもしれない。先発ローテーションの枚数に加えて投げさせることができるまでに成長した。そう思わせるだけの投球だった。

    その成長の跡は、ことごとく左打者を封じた場面にも表れた。西純が打たれたのは広岡の左二塁打、岡本和の左前打、ウォーカーの中越え本塁打の3安打。好調の1番吉川をはじめ左打者にヒットを許さなかった。

    やや硬さのあった立ち上がりだが、1回2死一、二塁で、5番丸を3球続けてストレートで追い込んだ後、カウント1-2からフォークで空振り三振にとった。角度のついたストレートと同じ軌道で来るフォークに見極めをさせなかった。

    2回。ウォーカーに浴びたソロ本塁打は高めにいったストレートだ。西純のピッチングの傾向として膝元に投じるストレートの球威が落ちない。球速150キロを超えていたから、低めに制球をつけてどんどん投げ込んでいくべきだ。

    チームも6連勝したこともあって落ち着いてきたようにみえる。それは近本、佐藤輝、大山の打順を固めたからで、あとは5、6番に起用するバッターを入れ替えながら戦っていくだろう。

    ここからは大型連敗を避けること。そして、5、6月で勝率5割に戻すぐらいの追い上げペースでいけば、ようやくチャンスは生まれるかもしれない。(日刊スポーツ評論家)




    西純矢投手は左打者から被安打ゼロ、8奪三振、四球は初回の岡本選手の一つだけ。 2軍戦などは投法をコロコロ変えて四球が5個6個になる事もしばしば。 2軍戦では自身に課題を設定してたのか?ピッコロが重い胴着を脱いだ感じだ。 次の登板が楽しみになります。中何日で投げるのか? #阪神タイガース pic.twitter.com/BH0pZArihI



    西純矢マジでいいぞ、左打者に一本もヒット打たれてない


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩(うた)」などの野球漫画で知られる漫画家の水島新司(みずしま・しんじ)さんの訃報(ふほう)に、球界や芸能界から悼む声が相次いだ。

     * * *

     水島さんの漫画から愛称“球道くん”と呼ばれた元阪神投手・中西清起氏(59)=野球評論家=は、神戸市内で取材に応じ「球道くんが先行してくれたので、私も先生のおかげで人気が出た」と感謝した。

     出会いは高知・小筑紫中3年時。南海の高知キャンプを訪問していた水島さんが、地元で有名だった中学生投手のうわさを聞いて学校へ。「『球道くん』の連載が始まった直後で、主人公が同じ『中西』だから会いたいと」。感激の初対面から「球道くん」と呼ばれ、もらったサイン色紙は今も実家に大切に保管する。

     「甲子園で会おう」という約束を守り、高知商1年夏に初出場。春夏計4度出て、1980年の3年センバツでは優勝した。2年春の浪商戦では「ドカベン香川対球道くん」が話題になった。最後に会ったのは約4年前。「東京の居酒屋『あぶさん』でいつも通り、野球の話をした」と、在りし日の恩人を思い返した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <徹底研球>

    阪神が首位から陥落し、3位まで落ちた。85年日本一の守護神で日刊スポーツ評論家の中西清起氏(59)は巻き返し策として、先発ローテへの再編と、米国への一時帰国後2軍調整が続くジェフリー・マルテ内野手(30)の3番起用を提言。今週末にライバル巨人3連戦も控える中、チームの立て直しが急務と指摘した。【取材・構成=田口真一郎】

        ◇    ◇    ◇

    言うまでもなく、下位の広島を相手に3連敗は痛い。3位に転落したが、現状を見る限り、相手どうこうよりも、まずは戦う態勢を整えることが先決ではないか。この3連戦では、前日に大山、この日は佐藤輝をスタメンから外した。代役として5番に置いたのが糸原だが、状態が悪くてベンチスタートになっていた選手だ。結果が出なければ、動かなければならないのも分かるが、首脳陣に一貫性がないと言わざるを得ない。

    先発ローテーションを見ても、疑問を感じる。今は青柳、伊藤将、ガンケル、秋山が柱だが、9月3日からの巨人戦は日曜日に投げている秋山だけが計算できる。不安の残る西勇に、二保とルーキー村上が投げた谷間の枠で巨人戦を迎えるのは、あまりにも厳しい。青柳の登板をズラしながら、巨人戦にぶつけるような戦略があってもいいのではないか。

    後半戦が始まる前にも言ったが、一番は大山の復調がキーポイント。そして次のポイントはマルテだろう。前半戦の快進撃を引っ張ってきたのは、マルテとサンズだ。首脳陣が大山を外すというやり方をするなら、マルテをサードに埋め込むことも必要。寝違えでさらに調整が遅れたが、合流すれば3番に置くべきだ。選球眼がよく出塁率が高い。その場合は、外国人枠の都合でアルカンタラを外さなければならないが、及川が打たれたようにリリーフ陣にも問題はある。それを考慮してもマルテは起用しなければダメだろう。

    今のチームは大山、佐藤輝の状態で悩み、マルテ、サンズ、ロハスといった外国人枠でも決断しなければならない。さらに巨人戦の先発陣をどうするのか。3位に落ちたことで順位が気になるのも無理はないが、相手がどうこうという状況ではなくなった。素早くチームを立て直すことが何よりも重要だ。

    ◆阪神外国人事情 阪神には今季NPB最多で球団史上でも最多となる外国人8人が在籍。現在1軍には守護神スアレス、後半戦から中継ぎの一角を担うアルカンタラ、野手はサンズ、ロハスの4人が登録されている。外国人選手の1軍登録数は5人だが、ベンチ入りは4人まで。前半戦「不動の3番」として活躍したマルテは、寝違えによる首痛もあったがこの日実戦復帰して2安打。昇格準備を進めている。エドワーズとチェンも控えており、激しいバトルが続いている。




    結果が出ない以上、テコ入れが必要でしょう。 【中西清起】阪神の巻き返し策は2つ 先発ローテ再編とマルテ3番起用   https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202108290001521.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    【中西清起】阪神の巻き返し策は2つ 先発ローテ再編とマルテ3番起用 (日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/97edc5a3e8aaece83c836464953de00743774d32 暫くは 外国人野手三人のスタメンも必要かも知れませんね せめて打線だけでも活発にしないと‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島4-3阪神>◇4日◇マツダスタジアム 85年阪神日本一の守護神で、元投手コーチの中西清起氏(59=日刊スポーツ評論家)が試合をチェック。阪神が1点リードで迎えた4回2死二、三塁の攻撃で、打順が回った先発秋山拓巳投手(30)に代打を送った采配に疑問符をつけた。【聞き手=松井清員】 【写真】サンズは左越え2点本塁打を放ち、球団ロゴ入り「虎メダル」の祝福を受ける   ◇    ◇   ◇ 秋山を3回で代えたことに、大きな疑問が残った。4回の攻撃がチャンスだったとはいえ、代打を送って勝負をかけるには早すぎる。ましてや1点リードしていて、阪神では青柳、ガンケルと並んで一番安定しているローテ投手だ。3回の2失点も四球連発とか、どうしようもない取られ方ではなかった。しかも広島戦は昨年から無傷7勝の好相性。広島は秋山を代えてくれて心底、ラッキーと感じたはずだ。いくら5日に試合がないといっても、6日からは9連戦。中継ぎ陣が疲弊している状況で、残りの6イニングを1回ずつつなぐことにも無理がある。 秋山も手袋をはめて打席に立つ準備をしていたし、ベンチで福原コーチに声をかけられると難しい顔をしていた。交代は納得できていないと思うし、やっていられない、となりかねない。次回以降も同じように代えられるかもしれない不安がよぎるだろうし、ベンチとの信頼関係、今後の登板への影響が心配になる。2番手以降の人選についても、斎藤や石井大ではなく、持て余している藤浪のロング救援など、パワーピッチで流れを呼べる投手の投入がベストではなかったか。 2位巨人に最大8ゲーム差をつけながら、わずか半月で猛烈に追い上げられた首脳陣の焦りと見られても仕方ない。秋山の交代以外でも、特にこの1週間はチグハグな采配が目立った。北條や坂本らがいるのに、打力を買って昇格させた小野寺にバントさせたり、サンズ、佐藤輝の中軸と遊撃固定の中野の3人を同時に外して打線に迫力をなくさせたり。ベンチが迷走して、焦りをそのまま選手に伝えてしまっている。選手も不安や不信を感じながら戦わざるを得ない悪循環だ。 前半は残り9試合。攻撃陣が低調だ、7回の男が決まらないなどと言っても、短期間で爆発的な改善は難しい。一番大事なのは、ベンチがどっしり構えて戦うことだ。藤川や能見、鳥谷らが抜け、前回05年の優勝を知る現役はいなくなった。若いチームは勢いのある時はいいけど、状態が悪くなると経験がない分、立て直すことが難しい。そんな時こそ首脳陣がどっしり導かないと。貯金はまだ16もある。シーズンもまだ半分ある。戦力もある。五輪ブレークの1カ月を使って悪い状態を立て直せるのだとプラスに考えて、後半勝負に出るイメージで十分だ。(日刊スポーツ評論家)




    これに尽きますわな。 【中西清起】秋山拓巳交代に大きな疑問 巨人猛追でベンチに焦り采配迷走(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/11dfad70d0ce94413fa9193f858d0dd82a42f79a 



    【中西清起】秋山拓巳交代に大きな疑問 巨人猛追でベンチに焦り采配迷走(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/11dfad70d0ce94413fa9193f858d0dd82a42f79a  何かしらピンとくるものがあったんだろな。理論的には「ない」けど直感に従っていいときもある。そこは結果論。 佐藤君はもう少し気楽に三振できる打順で。そのほうが打つと思う。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-3ヤクルト>◇29日◇甲子園

    阪神にとってヤクルトは対戦成績(8勝1敗1分け)が示すようにまったく怖くない。2回にツーアウトからの集中打で5点を奪うことができたのは、ヤクルト・バッテリーの甘すぎる細心さを欠いた攻めにつけいることができた。

    青柳は村上に先制本塁打を浴びたすぐ裏に味方がひっくり返してくれたから大きかった。低めに丁寧に投げ、その球が「沈む」「動く」といった、チームでもっとも安定している青柳らしい投球だった。

    DeNA戦の打撃内容をみていると、大山を「4番」から外す決断は仕方がなかった。凡退した内容は二ゴロと3つのフライアウトだった。ピッチャーからみても現状の大山は組みやすい。

    打ちにいく際、左肩が開き、バットが遠回りしている。「打ちたい」「遠くに飛ばしたい」といった心理が働くのか、上体に任せて振りすぎるから、対戦する投手は外寄りの中途半端な球さえ投じなければ打ちとる確率は高い。

    しばらくは「6番」「7番」で我慢の起用が続くのだろうが、大山の復調は優勝争いをするチームのカギを握っている。また今後はリリーフ起用もポイントになる。盤石なのはスアレス1人で、いかに7、8回を乗り切るかにもかかっている。(日刊スポーツ評論家)




    【中西清起】阪神V争いは #大山 復調カギ「4番」外しも仕方ない打撃内容 #阪神タイガース  https://news.yahoo.co.jp/articles/990371348f24393e18f6df0914b2a429facf41a2  ⇒なるほどね。左肩の開きが早くなってドアスイングになってるわけか。コーチは気づかないのか



    【💴経済効果は阪神?】職場H君が「やっぱり阪神が優勝しないと経済効果はないね」って😮職場の休憩時間に野球の話題をしてました😅⚾️【中西清起】阪神V争いは大山復調カギ「4番」外しも仕方ない打撃内容(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/990371348f24393e18f6df0914b2a429facf41a2 


    続きを読む

    このページのトップヘ