とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    九産大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の育成ドラフト1位九産大・野口恭佑外野手(22)が7日、福岡市内のホテルで仮契約した。支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)。

     野口は球団が補強ポイントとする右の強打の外野手。野口は「支配下を第一目標に頑張ろうと気が引き締まった。打撃が一番のアピールポイント。ミートしながら長打を打てるタイプを目指します」と目を輝かせた。

     担当の前田忠節スカウト(45)は「直球に強いスイングができる。右でパンチ力がある、昔で言うと近鉄の鷹野選手みたいな長打が打てて直球に振りまけないタイプ」と、近鉄、楽天で2000年代前半に活躍した鷹野史寿外野手(49)に似ていると期待した。

     チームには九産大の先輩・岩田将貴投手(24)と創成館でチームメートだった育成の川原陸投手(21)が在籍する。野口は球団公式動画サイトの虎テレで秋季キャンプをチェック。元気よく投げている川原の姿を見て「最近、調子よかね~」と連絡した。

     創成館では3年春に10打数7安打の打率7割をマーク、3年夏と2度甲子園に出場した。強豪校で一般入試からレギュラーをつかんだ苦労人は「甲子園に出たいという思いがあった。向上心を持ってやれば一般でもやれる。入れば自分次第」と振り返り、「両親には自分が頑張ることで喜んでもらえるから結果を出したい」と、恩返しを誓った。プロでも育成からのスタートとなるが、高校時代に輝いた甲子園の舞台に必ずはい上がる。【石橋隆雄】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73a52e55c63e3ab6833703485e5aeabc20bcbe73


    7日(水)、育成ドラフト1巡目で指名しました #野口恭佑選手 との入団交渉を行い、仮契約が完了いたしましたのでお知らせいたします。 #阪神タイガース pic.twitter.com/zMe5KyMlwq


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト育成1位、九産大・野口恭佑外野手(22)が8日、福岡市の同大でスカウトによる指名あいさつを受け、早期の支配下登録を誓った。報道陣が用意した色紙に「下克上」と書いて、気持ちを引き締めた。

     目指す支配下へは「育成の野手は1人なので、1日でも早く支配下登録されるよう頑張って、徐々に目標を上げていきたい」と気合十分だ。

     九産大で2学年上だった20年ドラフト育成1位の岩田将貴投手(24)が、7月に支配下選手契約を結んだ。励みとなる身近な存在で「自分もチャンスがあると、希望が見えた。刺激をもらいました」と胸を躍らせた。

     聖地への思いも強まった。創成館高3年時には春夏連続の甲子園出場を果たした。18年ドラフト5位で創成館から入団し、昨年から育成契約の同学年、川原陸投手(21)の存在にも刺激受けている。「2人で甲子園でのプレーを実現させたい」と意気込んだ。

     前田スカウトは指名の経緯について「球団が右の外野手を重要視する中で、走攻守3拍子そろい、バッティングは特にパンチ力があり、長打力でアベレージも残せるというところで獲得に至った」と説明。入団後については「右バッターがトレードで2人来て競争が激しくなると思う。育成選手ですので、しっかりアピールして試合で結果を出さないと、支配下にはなれないと思います。毎日死にものぐるいでやらないといけないと思います」とゲキを飛ばした。

     理想とするカブス鈴木誠也外野手を目指して、阪神でもまれて“下克上”をかなえてみせる。【菊川光一】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56ff125808cc99738820cbe5681423389d4af160


    #阪神 ドラ育成1位 #九産大 #野口恭佑 外野手 8日 #福岡市 同大スカウト 指名挨拶 早期支配下登録を誓う 色紙【下克上】と書き引き締めた 目指す支配下へ #野口「育成 野手は1人 1日でも早く支配下登録される様頑張って徐々に目標を上げていく」と気合十分 #野球 #プロ野球 pic.twitter.com/KYwDcjaHNe


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    20日のプロ野球ドラフト会議で、雲仙市出身の九州産業大学4年 野口 恭佑 選手が阪神タイガースから育成指名を受けました。

    「阪神。野口 恭佑 外野手。九州産業大学」

    プロ野球の阪神タイガースから育成1位指名を受けたのは、雲仙市出身で九州産業大学4年の野口 恭佑 外野手(22)です。

    野口 選手は小学1年生でソフトボールを始め、創成館高校では春と夏に1回ずつ甲子園に出場しました。

    その後、九州産業大学に進学し、1年生から主力として活躍。

    パンチ力のあるバッティングが売りで、2022年春の福岡六大学のリーグ戦では打率3割5分6厘を記録し、ベストナインに輝きました。

    創成館高校で野口 選手を指導した稙田 龍生 監督は「高校時代から物怖じしない思い切りのいい選手だった。息の長いプロ生活を送ってほしい」とエールを送っています。




    育成1位の野口恭佑オドオドしててかわいい😳九州のイントネーションがさらにポイントアップやわ😂数年後はるととヒーローインタビューしよか https://youtu.be/lpWeVABMKkI 



    会見、取材ではかなり緊張がみえたけど、チームメイトのところに行った瞬間に表情弾ける感じがたまらん!!!改めておめでとうございます🎉 pic.twitter.com/7lpRh2TJa1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神育成1位指名された九産大・野口恭佑外野手(4年=創成館)は、屈辱の聖地にピリオドを打ち、プロでの飛躍を期す。

     高校時代、甲子園には18年の春夏連続出場。春は3試合で打率7割をマークしたが、自身のミスもあって敗退。雪辱を誓った夏は1学年下の西純矢投手(現阪神)の創志学園に初戦完封負け。6番左翼で出場した野口は2三振を喫した。「(西純が)試合後に今までで一番の投球だったと言っていたので、(当時のことを)しっかり聞きたい」と苦笑いで4年前の夏を振り返った。

     タテジマに袖を通し、苦かった思い出とオサラバする。「アピールポイントは率を残す打撃と長打も持ち味。プロでもしっかり生かしたい」。大学通算打率は3割1分4厘。自慢の打撃力に磨きをかけ支配下登録を目指す。「3割、30本、100打点を目標にやっていきたい」。アルプスの大歓声を背に大活躍する姿を描いている。【佐竹英治】




    【DRAFT2022☆育成第1巡目選択希望選手】 野口 恭佑<外野手・九州産業大学>  http://hanshintigers.jp  #阪神タイガース #hanshin #tigers #ドラフト会議2022



    @hanshintigersjp 支配下できるかやな


    続きを読む

    このページのトップヘ