1


1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/03(火) 07:06:40.13 ID:OSdTHE7t0
 阪神・矢野燿大監督(51)がドラフト1位の近大・佐藤輝明内野手(21)の二遊間起用を進言されていたことが2日、分かった。同大の田中秀昌監督(63)は「矢野監督にも内野で見てくれたらとお話をさせていただいた。二遊間でも僕はできると思っている」と指名あいさつの席で直談判していたことを明かした。

 佐藤は2年春に外野でベストナインに輝いた後、同秋、3年春は三塁手でベストナインを獲得した。昨秋は右肘を痛めて一塁に回ったが、俊敏性やグラブさばきも秀でており、二遊間で使う構想もあったという。三塁には今季ここまで26本塁打の大山が定着したこともあり、矢野監督は「うちでハマるのであれば外野」と明言しているが、恩師の思いは別にあるようだ。

 田中監督は「内野から外野ならありますけど、外野から内野なんてまずない。本人も内野で勝負したいと」とプロ入り直後から可能性を狭めることを危惧。佐藤は「40~50発を当たり前に打てる選手になりたい」と話しているが、遊撃手での本塁打王となれば1984年の中日・宇野以来、NPB史上2人目の快挙となる。

 1日の練習試合、大商大戦で2本塁打を放った佐藤は6日から始まる関西地区大学選手権(南港中央)に向け、牙を研いでいる。「長打力が求められているので、活躍できるようにしたい。やってきたことを普段通り出して勝てるように頑張ります」。攻守に存在感を放てば、矢野構想が覆るかもしれない。

2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/03(火) 07:06:51.57 ID:OSdTHE7t0

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1604354800/

続きを読む