とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    井口監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/26(日) 08:37:06.02 ID:jVutxCCZ0
    ロッテ・鳥谷は上位打線 井口監督が起用プラン明かす「選球眼良く塁に出るイメージ」
     ロッテ・井口資仁監督(45)が25日、球団を通じて取材に応じ、鳥谷敬内野手(38)を上位の打順で起用するプランを明かした。

     新加入した“レジェンド”を打線のどこに置くのか。指揮官は構想の一端を披露した。「まずは結果を出して競争を勝ち抜いてというのが大前提」とした上で、
    「選球眼が良くて塁に出るイメージがあるので、スタメンで起用する際は上位打線のイメージです」と語った。

    https://www.daily.co.jp/baseball/2020/04/26/0013298203.shtml

    出来レースかな

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/26(日) 08:37:44.37 ID:jVutxCCZ0
    ええんか

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1587857826/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ロッテが10日、昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)を獲得することを発表した。年俸1600万円で、背番号00。

     井口監督はベテランの加入を歓迎し、「彼の練習量はおそらく現役の中でも一番だと思う。自分のところの後輩に引き継いでもらえれば」と戦力面を含めて期待。起用法について「内野全部は守ってもらいたいなと思っています」と方針も示したが、「まだキャンプもしていない。実戦感覚を持ってないので。当然、下でやってもらうことになる思います」と配慮も忘れなかった。

     鳥谷はプロ野球歴代2位となる1939試合連続出場記録を持ち、阪神では球団史上最多となる2085安打をマーク。ただ、16年目の昨季は主に代打として74試合の出場に終わり19安打、0本塁打、4打点と納得できない結果だった。

     ロッテは二遊間が補強ポイントで、井口監督は自主トレを共にしたこともある間柄。去就が注目されてきたが、開幕を前に新天地が決まった。




    今岡も井口もいるしロッテで良かった  https://twitter.com/chiba_lotte/status/1237216277610893312 



    ロッテ・井口監督、鳥谷のポジションは「内野全部」まずはファームで調整へ(デイリースポーツ) 井口組集結しましたね。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000084-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ロッテ井口資仁監督(44)が14日、阪神を退団する鳥谷の獲得について、ドラフト会議後に話し合う可能性を示唆した。ZOZOマリン室内で秋季練習を行った後「ドラフトの状況も含めてこれから。その話はまだしてないので。これからそういう(鳥谷の)話も出てくると思う」と説明した。

    ドラフトでの補強ポイントは投手。野手は活きのいい若手の台頭を心待ちにするが「若手だけじゃ勝てないですし、ここという時にベテランが打ってくれないと勝てない」とも話しており、鳥谷獲得もプランの1つとみられる。

    一方、国内FA権を取得した鈴木、荻野、益田については「当然残ってやってほしいのはある。宣言してから残れるような状態をつくっておきたい」と、宣言残留OKの姿勢を示した。






    井口監督が口説いたら鳥谷さんイチコロ



    ロッテ鳥谷はとりあえずドラフト後ということね



    井口はもう頭の中ではロッテ鳥谷をイメージしてるよね。でなきゃこんなこと言えないよ。ロッテ鳥谷が一番自然な流れだと思うし、そうなってほしい。セはちょっと嫌だわ。 特に横浜笑  https://twitter.com/ht__no1/status/1183682696548978692 



    ロッテ 鳥谷ってま?



    もし鳥谷”タカシ”さんがロッテに入団したら ”タカシ”が2人になるぢゃん ヤバイ興奮してきたゎ………/// pic.twitter.com/CvU4lQv4Vi


    続きを読む

    このページのトップヘ