とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    交流戦中止

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は18日、中止が決まった甲子園で開催される5月1日~6月7日の主催公式戦の入場券を払い戻すことを発表した。

     払い戻しの対象試合は、5月1~3日・ヤクルト戦、5月8~10日・中日戦、5月19~21日・広島戦と、交流戦の5月26~28日・ロッテ戦、6月2~4日・オリックス戦、6月5~7日・ソフトバンク戦。

     払戻期間は4月23日~7月31日まで購入店や窓口で。

     昨季限りで阪神を退団し、ロッテに移籍した鳥谷が甲子園でプレーする機会もなくなった。




    中止となったタイガース主催公式戦5/1(金)~6/7(日)(阪神甲子園球場開催)の入場券を、4/23(木)~7/31(金)までご購入の店舗・窓口で払い戻しいたします。 なお、払い戻し期間は券面に記載されている期間と異なりますのでご注意ください。 詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_6833.html 



    @TigersDreamlink おっ‼️久々っ🙆‍♂️🙆‍♂️🙆‍♂️ まずは勝つ💨コロナに勝つっ👍



    @TigersDreamlink 仕方がないよね〜。甲子園で鳥谷が見られへんのが残念すぎるけど…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    新型コロナウイルスの影響でプロ野球の今シーズンの交流戦がすべて中止されることになりました。

    プロ野球12球団の代表者は17日午後、ウェブ会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開幕を延期している今シーズンの日程について意見を交わしました。

    関係者によりますと、来月中に開幕することはできないとして、来月26日から6月14日まで予定していた交流戦の全108試合を中止することになったということです。

    セ・リーグとパ・リーグのチームがリーグの垣根を越えて対戦する交流戦は平成17年に始まり、中止となるのは16年目で初めてです。

    交流戦は1チーム18試合が組まれていて、中止が決まったことでことしのレギュラーシーズンの1チームあたりの試合数は当初の143試合から125試合以下に減ることになりました。




    プロ野球 今季の交流戦中止決定 球団代表者会議 新型コロナ #nhk_news  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200417/k10012393031000.html 



    @nhk_news もうペナント自体が無理(-_-) これが現実( ´-ω-)y‐┛~~



    @nhk_news 今年は色々と仕方ない😔


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    D8lw9QPVsAAr8OH


     新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言が7日にも発令されることに伴い、プロ野球の開幕が6月以降にずれ込む見通しとなった。

     宣言実施期間は5月6日までと想定。野球界もその間は主に個人練習となり練習試合も行えないことが予想される。さらに、対象となる7都府県には12球団中、実に8球団が本拠地を置く。球界関係者は6日、「緊急事態宣言で自動的に1か月ストップする。(選手は)そこから体を作っていかないといけないと考えれば…」と、最短で想定していた5月下旬の開幕が厳しくなった現実を受け止めた。

     プロ野球はこれまで3月20日の開幕日を「4月10日以降」「4月24日」と延期してきた。3日には専門家が「5月の終わり頃であれば」と目安を示し、斉藤コミッショナーは4月下旬から5月上旬に新たな開幕日を定める考えを表明。状況次第で5月下旬に開幕を迎える可能性を残していた。だが、選手の再調整や球団の準備期間を1か月と想定しており、緊急事態宣言によって6月以降の開幕を避けられなくなった。

     日本野球機構(NPB)と12球団はすでに公式戦143試合を縮小する方針を固めているが、6月以降の開幕が決定的となったことで、5月26日開幕予定の交流戦18試合は中止となる公算が大きくなった。斉藤コミッショナーは「レギュラーシーズンの公式戦を最優先する」としており、今後はクライマックスシリーズ(CS)の中止、縮小も含めて日程編成する。

     〇…緊急事態宣言が出された際は自治体の方針に沿って各球団が対応を決める。NPBの井原事務局長は「3日の12球団代表者会議で、4月は個別練習、必要に応じて全体練習を行うことを確認している」と説明。練習は時差練習や場所の分離などで対策をとる。7日に発令される宣言の内容を踏まえた上で各球団が判断するが、活動停止が長期化する球団もありそうだ。




    【緊急事態宣言の影響】プロ野球開幕は6月以降か、交流戦中止の公算大きく  https://news.livedoor.com/article/detail/18081509/  最短で想定していた5月下旬の開幕が厳しくなったため。今後はCSの中止、縮小なども含めて日程編成するという。 pic.twitter.com/qEW4l6DykW



    @livedoornews 今季はパワプロやプロスピで日本一決めるかリアル野球BANで



    @livedoornews 6月、、、いけるのか?


    続きを読む

    このページのトップヘ