とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    交流戦明け

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     上位浮上へ、阪神の打のキーマンが大山なら、投は西勇が先陣を切る。21日の広島戦で先発。6回零封した前回7日のソフトバンク戦から中13日での登板にも、淡々と言葉をつないだ。

     「投げていなかった期間が長かった分、エンジンのかかり方が激しくなるから、そこを抑えたい。自分の気持ちをコントロールできるように、丁寧に投げていきたい」

     心は熱く、頭はクールに――。交流戦3試合は19回を投げ、わずか1失点。防御率0・47と抜群の安定感を誇ったが、油断はない。交流戦明けの調整期間も「変化なくできた」と準備は万全。20日の投手指名練習ではキャッチボールなどで最終調整した。

     広島戦は通算12勝6敗と好相性を誇る。前回5月10日の対戦では6回2失点と役割を果たしたが、援護に恵まれず敗戦。チームは直接対決でいまだ未勝利なだけに、リベンジを果たしたい。

     「考えていることをゲームで出せたらいいかなと思う」

     今季はここまで4勝4敗だが、防御率1・50は青柳に次いで堂々のリーグ2位だ。イメージトレーニングにも抜かりはない。あとはマウンドで体現するだけだ。(長谷川 凡記)




    6月21日18:00よりマツダスタジアムにて広島東洋カープ戦!予告先発はタイガースが西勇輝投手!カープは床田寛樹投手です。登板11試合中10試合でQSをマークし防御率はリーグ2位の1.50!チームの今季対カープ戦初勝利とともに、再び連勝への道を開いてもらいましょう! #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/NqbtEP11rm



    @TigersDreamlink これ以上負けられへんで〜!リベンジで三たていてもたれ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神矢野燿大監督がリーグ再開の“開幕投手”に青柳晃洋投手を指名した。

     17日DeNA戦(甲子園)の先発を問われ「ヤギかな」と明言。交流戦は3戦3勝、防御率0.00で最多勝、防御率、勝率(10割)の3冠と絶好調。「左(打者)を並べられようが、俺はこうできるよという引き出しや実力が完全に上がっている。そういうところではヤギで行くのは当たり前」とリーグ最多タイ7勝右腕への信頼を寄せた。

     また、14、15日に鳴尾浜で行うソフトバンク3軍との練習試合には小野寺ら若手を派遣する。





    #燐スペ 交流戦明けいきなり ノーヒットノーラン 今永 VS シーズン歴代防御率更新の可能性ある 青柳 このマッチアップ



    後半も頼りにしてます😊 阪神 青柳で再ダッシュだ 矢野監督が明言「ヤギでいくのは当たり前」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/14/0015384989.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(64)が、自身の経験を基に球界の話題を深掘りする「岡田辞典」。今回は再開されるリーグ戦へ交流戦を勝ち越した阪神について語った。

      ◇  ◇

     交流戦はセ・リーグが勝ち越したな。2年連続の勝ち越しは初めてか。パ・リーグの戦い方を見ていると、投手は以前よりも「力勝負で内角を攻める」という印象があまりなくなった。今年は打者も全体を見たら、あまり良くなかったように感じたな。

     今までならセのチームは「交流戦を何とかしのいでリーグ再開へつなげよう」という感じやったけど、今年のヤクルト、阪神、DeNAは17日からのリーグ戦へいい形で入れそうやな。

     阪神は最終カードでオリックスに3連勝してリーグ4位に浮上した。交流戦に入る時に12もあった借金は6まで減って、3位・広島とは2ゲーム差でAクラスも狙える位置に来た。

     セの順位を見ると、首位・ヤクルトは2位・巨人に7ゲーム差をつけて抜けてるけど、まだ他チームも上位を狙える状況や。阪神は交流戦で大きく勝ち越せたことはええことやけど、リーグ戦は「またゼロからのスタート」という気持ちで、引き締め直して臨んでもらいたいな。

     リーグ戦再開後の6カードを5位・DeNA、3位・広島、最下位・中日、DeNA、中日、広島という順番で戦う。同じような成績のチームと戦うだけに、Aクラスを狙っていくためには、ここで取りこぼすことは避けんとあかん。

     リーグ戦は他のチームもいい投手から再スタートできるとはいえ、阪神はやっぱり投手力が武器。交流戦の2位も投手が頑張ったことが一番大きいと思うし、今後への課題はやっぱり点を取ることやろう。

     チームとしたら、青柳を中心とした先発投手が安定しとるから、「先行逃げ切り」という形を作りたい。だから「相手の先発投手からどうやって点を取るか」ということを考えて試合に臨んでもらいたいな。




    (リーグ戦は)またゼロから(のスタートという気持ちで引き締め直して臨んでってほしいん)よ、おーん← 岡田彰布氏 阪神はリーグ戦再開に向けて「ゼロからのスタート」という気持ちで/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/14/0015384987.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ