とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    交流戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「日本ハム2-3阪神」(8日、札幌ドーム)

     阪神・矢野監督が岩貞に奮起を促した。2-1の六回、先発・西勇輝が2死一、三塁のピンチを残して降板。左打者の浅間を迎え、ベンチは岩貞に火消しを期待したが、左腕は中前同点打を許した。

     試合後、矢野監督は「俺の中ではサダ(岩貞)に何とか1人、頑張ってもらいたいというところやったけど。サダにしっかりしてもらいたいなというね。今は左も少ないし、アイツが頑張ってくれるというところで、流れを止めてくれるということが、チームの中で大きなところなんで」と期待を込めた。

     中継ぎ陣はセットアッパーの岩崎と小林が離脱。左腕は岩貞1人という状況だけに、投手キャプテンの奮起が求められる。




    まぁあの場面は西勇を続投させても失点していただろうし、誰が投げても同点打を打たれる展開は避けられなかった気がする(悲観主義者的思考)。#hanshin #tigers   阪神・矢野監督 岩貞に奮起求める「チームの中で大きなところ」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/08/0014399813.shtml 



    矢野監督は岩貞は火消しできないって気づいてくれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム2―3阪神(8日・札幌ドーム)

     阪神が接戦を制し、連敗を2で止めた。6回に追いつかれたが、9回に代打・原口が左越えの決勝二塁打を放ち、再び巨人とのゲーム差を4に広げた。矢野監督はあと1死で勝ちが消滅するところからV打を放った切り札に賛辞を送った。以下は一問一答。

    ―原口がいい仕事をしてくれた

    「もう、いくしかないというところでね。原口が、この重たい空気を一掃してくれた。本当に助かった、本当に大きな一打。フミ(原口)に助けられた試合やね」

    ―梅野の打席だったが、原口の勝負強さを買った

    「いろいろ、俺のなかで考えはあるけど。うん」

    ―原口は勝負強い

    「代打というところでは一番慣れているし、経験も豊富やし、そういう準備も技術もある選手なんでね。フミがアカンかったら仕方ないというふうに諦められる選手だと思っています」

    ―西勇は1失点だった6回2死で交代。2番手岩貞が同点に

    「(西勇は)ピンチの数が結構多かったんでね。粘ってくれたんだけど、最後はオレの中ではサダ(岩貞)に何とか1人、頑張ってもらいたいというところやったけど。サダにしっかりしてもらいたいなというね。今は左も少ないし、あいつが頑張ってくれるというところで、流れを止めてくれるということが、チーム中でも大きなところなんでね」

    ―3番手・藤浪、4番手・馬場が嫌な流れを切ってくれた

    「晋太郎(藤浪)から馬場、スアちゃん(スアレス)とみんな0で帰ってきてくれたからこそ勝てたんでね。今は中継ぎもなかなか形が決められないような状態になっているんで。そういう中で1人1人の状態が上がっていって何とかそういうところに入っていってくれたらというところで、晋太郎、馬場、スアちゃんっていう形は、今はコレかなと思っているけど」

    ―打線は5番に佐藤輝。ジグザグが狙いか

    「まあそれもあるし、俺の中では他にも(ある)、うん」

    ―ビジター6連戦の初戦で弾みがついた

    「勝ったけど、ミスもあるしねえ。課題というか、そういうところもあるし。勝ったから良かったということだけではできないけど。まあそれでも勝てたということはもちろん大きいし、この勝ちをつなげるというのも大事なことなんで。何とかつなげたいなと思います」




    よく勝ちきった。それにしても北ドは急速出過ぎ。藤浪168、スアレス163はいくらなんでもないでしょ。-5くらいが妥当じゃない? 【阪神】矢野監督が原口に最敬礼「フミに助けられた試合」一問一答(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b36d62730324228a4d04fb67ab62f52ddff329f4 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     「日本ハム2-3阪神」(8日、札幌ドーム)

     阪神の守護神、ロベルト・スアレス投手(30)が自己最速の163キロをマークし、球場をどよめかせた。剛球で日本ハム打線をねじ伏せ、リーグトップの18セーブを挙げた。

     163キロをマークしたのは1点リードの九回1死で対戦した近藤の打席だった。カウント2-1からの4球目、内角高めに投げ込んだ一球を打者は辛うじてファウルとしたが、スコアボードに同球速が掲示されるほど、球の威力は抜群だった。

     最後は162キロ直球で近藤も手も足も出ず。続く高浜には右前打を許し、2試合連続本塁打中の王と対戦。11球粘られたが、最後は160キロの剛球で左飛に仕留めた。スアレスは「みんながいい仕事をしたと思っている。自分だけではなくて、この勝利をきっかけにどんどんどんどん勝ち続けられるようにチーム一丸となってやっていきたい」と決意を込めた。




    なるほどスポナビによるとスアレスの163は記録されてて、藤浪の168は表示されてないからとりあえずスアレス自己最速更新?



    本当スアレスがもしメジャー行ってたら・・・って考えるとゾッとするね。 阪神スアレスがリーグ独走18セーブ目 電光掲示板に「163」球団最速か(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3f1077328ce3d82ed3fc6bff95b2b7c50fad871a 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-3阪神>◇8日◇札幌ドーム

    阪神藤浪晋太郎投手(27)は右拳を握ったまま、ほえた。

    「しびれる場面だった。どんな形でもゼロでしのげればと思っていました」

    同点で迎えた7回裏2死三塁、フルカウント。6番渡辺から外角カットボールで空振りを奪うと、感情を爆発させた。

    初回に2点を先制しながら追加点を奪えない。じわりじわりとジャブを打たれ、試合を振り出しに戻された7回にマウンドへ。昨季のリリーフ体験が生きた。

    「もちろん緊張はしたけど、テンパることなく、落ち着いて入れました」

    四球と犠打で1死二塁とされてから粘った。5番王柏融を152キロのスプリットで二ゴロに仕留め、最後は注文通りの空振り三振。一気に流れを引き寄せた。

    制球の乱れが影響して、4月24日に出場選手登録を抹消された。開幕投手を任されながら、シーズンインから1カ月足らずでの2軍降格。気落ちしてもおかしくない状況でも、挑戦を選択できる向上心の塊だ。

    5月1日の由宇球場。オフから採用していたワインドアップに1度見切りをつけ、ノーワインドアップで再スタートした。はた目からは急激な変化にも映ったが、本人は冷静だった。

    「やっていることはずっと一緒。リリースにどれだけ力を集約できるか、安定させられるか。始動の形はそれまでの過程でしかない」

    信念を貫き、復調して1軍舞台に戻ってきた。

    この日は先頭3番近藤への4球目、押し込んでファウルにした1球が球場スピードガンで168キロを計測した。打球速度の表示とみられるが、札幌ドーム全体からは期待混じりのどよめきも。1イニング無失点の最速は158キロ。強い真っすぐは健在だ。

    岩崎、小林が抜けた有事のブルペンで、1軍復帰2戦目にして今季初ホールド。矢野監督は「晋太郎、馬場、スアちゃんっていう形は、今はこれかなと思っている」と見通した。

    「ピシャッと抑えるに越したことはないけど、どんな形でも粘り強くゼロに抑えていければ」

    自覚たっぷりの背番号19が当面、セットアッパーを任されることになりそうだ。【佐井陽介】




    藤浪は今シーズン初ホールドとなりました🤪



    もしかして藤浪なら本当に168出してるんじゃないかと思わされるというのが凄い


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「日本ハム2-3阪神」(8日、札幌ドーム)

     阪神が土壇場の九回に試合を決めた。2-2の同点で迎えた2死二塁、代打原口が左越え決勝二塁打を放った。

     「チームが勝つことが一番嬉しいですね。最高の場面でゲームに出させて頂いて、緊張はあったんですが思い切っていこうと思いました」。原口はヒーローインタビューで力強く話した。

     日本ハムの守護神・杉浦との対戦。カウント3-1からの外角低めの131キロのスライダーを強振。力強い打球は前進守備の左翼・西川の頭上を越えていった。

     「少し詰まり気味だったんですけど、外野も前進守備で、“越えてくれ”って願いながら走りました」と打った瞬間を振り返った原口。二塁ベース上では二度、三度と手を叩いて、喜びを表現。「塁上でベンチ見た時、みんながすごく興奮していたので、ぼくもつられてしまいました」と笑顔を見せた。

     逃しかけた好機だった。九回は先頭のサンズがこの日チーム3本目の安打となる、右中間フェンス最上部を直撃する二塁打で出塁。矢野監督は代走に植田を、次打者・糸井に代打坂本を送りバントを指示する勝負手を打った。だが、坂本はバント失敗。続く北條は空振り三振に倒れ、2死となっていた。それだけに原口の勝負強さがひときわ光った。

     「しっかり準備ができた中で打席に迎えることが、いい結果につながったと思うので、これからも続けていきたいと思います」とその勝負強さを解説。「今は出たところでチームのために活躍する、貢献する、それが一番ですね」と誓った。




    20210608 今日のヒーロー原口くん!4時間超えた試合だったけど勝ったのでオールチャラにします! #原口文仁 #阪神タイガース pic.twitter.com/GZxUBtk1HS



    【ヒーローインタビュー】6/8 阪神(@TigersDreamlink)・原口選手ヒーローインタビュー #tigers https://t.co/PoAlDEYBO3


    続きを読む

    このページのトップヘ